FC2ブログ

旅先の酒

.23 2012 comment(0) trackback(0)
120424酒DSCN6186

3月初旬帰省の途上、湯布院に立ち寄り金鱗湖の近くで見つけた焼酎

店の名前は湯布院 焼酎蔵

クンチョウ酒蔵作
創業江戸年間1690年

陶器製の入れ物が魅力的で2本購入した。左が麦焼酎、右が芋焼酎
一つは毎年、大きな陶器を作りそこに気の遠くなるような模様を入れ続けている友人に贈った。もう一つは焼酎が好きで九州の焼酎を色々集めている自転車好きの友人に贈った。従って中身が外見にたがわず美味しかったのか知らない。


120424酒DSCN6188

同じく、帰省の途上で別府に一泊した折、ホテルの売店で見つけた。

大分麦焼酎「閻魔」
2010年モンドセレクション最高位
グランドゴールドメダル受賞

老松酒蔵(株)の作
「地水火風空」
古い酒蔵には決して人の近づけない場所がある。
そこには歳月を経て今も何かが眠っている・・・・・
の札が下がっていた。

3種類あり、黒、緑、赤
黒と赤を購入。黒は田舎の義兄に贈った。
赤はまだ飲む暇がない。
先日宴会で同じ銘柄の焼酎を見つけて飲んでみた
辛口の焼酎。早く落ち着いて飲みたいものだ。



宮崎県 ブログランキングへ

スポンサーサイト



 HOME