.30 2012 料理 comment(0) trackback(0)
 たぶん在職時の方がいろんなところへ遊びに行って、ブログに話題を提供できたのではないかと思う。世の中は「大型連休」といい、テレビで随所で行われているイベントが紹介されるのを尻目に、「超大型連休」の私たちは焦ることもなくこれまでにない日常をマイペースで生きています。

DSCN7087_convert_20120430215540.jpg

増築工事の打ち合わせを大工の棟梁とやり終えたころ、突然「鯖は食べませんか?」と聞かれ、「魚は好きです。食べますよ」と云うとビニール袋に入った小魚をどっさりくれた。なるほど見ると小さいが立派に鯖である。背中の模様がちゃんと鯖であることを示している。小鯵ならよく見るが10㎝程度の小鯖は初めてである。どうしたのか聞くと、網にかかったとのこと。

「どうすんのよ、こんなに沢山」と悠紀さんに叱られると思っていたら、珍しがって「夕食時に捌こうか」ということになった。夕方近くのスーパーに買い物に行くと同じ小鯖が出ている。地元ならではである。


DSCN7090_convert_20120430215714.jpg

私は丁寧に出刃で頭を落とし肚を裂き腸を取り出して血合いまで指で落としていると悠紀さんは包丁で腸ごと切り落としている。私の倍は早い。「そんなんで大丈夫か」「そんなことやってたら終わらないよ」ときた。そこで悠紀さんのは圧力鍋で煮付けることに、私のは塩を振り冷蔵庫にしまって明日、フライにして南蛮漬けを作ることになった。

DSCN7093_convert_20120430215843.jpg

夕食時、悠紀さんの作った小鯖の煮付けが卓上に並ぶ。骨まで軟らかく私が気にした血合いなども全く気にならない。これはビールのつまみにちょうど良い。


宮崎県 ブログランキングへ


スポンサーサイト
 HOME