黒部平

.30 2011 comment(0) trackback(0)
111029黒部P1010135

 黒部ダム標高1470m。此処から更にケーブルカーで標高1828m黒部平まで登る。見える景色はまるで変わってくる。眼下に黒部ダムによって出来た黒部湖が見える。そして目の前には後立山連峰がそびえている。2678mの赤沢岳、2799mの蓮華岳、2752mのスバリ岳。雨が上がり始め、霧も晴れて遠く鹿島槍ヶ岳の上空には青空が覗いている。

111029黒部P1010126

 前方を見ると立山の山塊が目の前にそそり立っている。その中腹にトンネルが見える。そこがこれから向かう大観峰でロープウェイで登っていく。山肌はもう紅葉が過ぎて岩肌と同色の枯色一色である。

111029黒部P1010154

 このロープウェイなんと標高1828mの黒部平標高2316mの大観峰を景観保護のため支柱なしで上り下りしている。このロープの垂れ具合、強風時は怖い。

111029黒部P1010149

 庭に出てみると裏山への散策路があった。当たり一面ナナカマドの赤い実が唯一秋らしさを奏でている。あまりゆっくりするまもなく、ロープウェイに乗り込む此処では下を見下ろせる後ろの窓際が人気である。私達はかろうじて左側面の窓際に張り付いて、目の前に広がる雄大な風景に酔いしれた。

 登山に縁のない私にとってこんな壮大な風景を見る機会はそうそうない。中国や韓国の団体客も多く、東南アジアでは独特のコースとして人気を博している様である。

スポンサーサイト
 HOME