亀尾島川の尺アマゴ

.30 2011 渓流釣り comment(0) trackback(0)
110929明宝P1010114

 24日早朝の釣りを終えて、どこへ行こうということになった。シカさんが又、亀尾島川へ行きたいという。実はこれには伏線があった。毎年、海悠出版から出されている季刊誌「最先端の渓流釣り」。実は私も買って読んでいるのだが、シカさんもこれを読んでいた。この本の釣り場案内にこの川のポイントが載っていたのである。

 行ってみると川は濁っていた。上流で雨が降ったらしく水量も多い。あんまり良さそうなポイントに見えなかった。それでも1時間ほど釣ろうということになった。

 しばらく釣っていてふと上流を見ると、シカさんの竿がしなっている。竿先が川の中央からなかなか寄ってこない。これは大物に違いない。そう思ってカメラを構えているとそのうち寄せてタモで掬うのに水しぶきがあがった。「あれれ」どうもタモで掬い損なった様子。2度目も失敗。3度目でようやく掬い上げたようだった。

110929明宝P1010117

 竿を収め、川から上がるとなんと32cmの大アマゴである。朱点の鮮やかな美形のアマゴである。この日のシカさんは冴えに冴えている。この2年あまり本格的に本流釣りを始めてその成果が一度に出た。本流開眼である。

スポンサーサイト
 HOME