FC2ブログ

丹後半島への旅 4

.28 2011 comment(0) trackback(0)
110327 201_convert_20110327235339

 夕方5時前には宿へ到着した。夕日が浦は思っていたよりも大きな町だった。海岸との間に防風林があり、その前に大きな共用の駐車場が整備されていて、家屋の密集した町並みを損なわないような配慮がある。カニはお鍋と思い込んでいたら、いきなり刺身でテレビの旅番組さながら上を向いた口に刺身をくわえ込んだ。すき鍋も殻をはずした身のみをしゃぶしゃぶにしてこれも上を向いた口に落とし込んで食べた。人が美味しく食べているのを実況中継されるのも癪であろうと思うので、この話はこれで終わる。
 とにかく、こうして私たちの小市民的夢の一つが実現したわけである。

110327 211_convert_20110327235518

 翌朝、出発前に砂浜を見ようと海岸へ出た。綺麗な砂浜が続いている。防波堤の上はボードウオークになっていて洒落ている。砂浜にも堤防の上にも街灯が備えられていて夏の夜はさぞかし涼を求めて散歩する人が多いのではと思われる。北近畿タンゴ鉄道宮津線の木津温泉駅が最寄り駅で電車で来る客も多そうである。ここらの海岸線は砂浜も多く海水浴場の表示をいたる所で目にする。今日はとりあえず豊岡を目指すことにする。

110327 220_convert_20110327235631

 久美浜湾は砂洲によって外海から隔てられた内海である。その砂洲の先端に小天橋はある。内海を先に見て、それから外海を見る。曇天の空に海も松原も色を失って冬の海の寂しさを演出してくれる。雨が心配である。先を急ごう。



スポンサーサイト



 HOME