FC2ブログ

丹後半島への旅 2

.24 2011 comment(0) trackback(0)
110322 132_convert_20110323002723

 久し振りの天橋立。遠くの山々にはまだ雪が残っている。この風景は随分俗っぽく感じるようになったがそれでも素通りはできない。ついついこうしてケーブルカーに乗り山頂からこうして眺めている。既に昼を過ぎている。先を急ごう。次の目的地伊根の道の駅で昼食を摂る事にした。

110322 148_convert_20110323002849

 道の駅は波穏かな伊根湾を眼下に見下ろす絶好の位置にある。数年前初めて伊根を訪れたとき何も分からないまま海に沿った道を通って伊根の集落に入った。舟屋を写真に納めながらその小さな集落にちょっと物足りなさを覚えた。集落が想像していたよりも小さいのだ。車が数台行き止まりと思い込んでいた集落の先を更に進んで行くのを見て、行ってみるとその小さな岬を回った先に舟屋の集落が延々と続いているのが見えた。我々は入り口の小さな集落を伊根の全部と思い込んでいたのだ。帰りにたまたま山の上のこの道の駅にめぐり合った。鳥瞰で見るとまことに全貌が見渡せ申し分ない。
 悠紀さんは刺身定食を私はブリのしゃぶしゃぶ定食を注文した。ブリのしゃぶしゃぶを初めて食べた。なかなか美味しい。会計を終えて出ようとするところに小さな壜の日本酒が置いてある。京の春聞き覚えがある。1本買うことにした。以前テレビで紹介された女性杜氏の作る日本酒である。箱の中にその酒屋の案内が入っていた。1754年創業向井酒造とあり、杜氏の名前は向井久仁子。海に面した酒蔵で今も名酒京の春を作っておられる。
スポンサーサイト



 HOME