FC2ブログ

沈壽官窯

.20 2018 芸術 comment(0) trackback(0)
DSC_5096_convert_20180629071114.jpg

さて、前回お約束したように、「薩摩焼の里 美山」
の心臓部とも言うべき「沈壽官窯」のみを今回は
記したいと思います。

前回、裏側から入ってしまったと言いましたが
実際はそうであっても今回は正門から入ることに
します。

道路に面して実に立派な門がありました。
表札が二つ架かっていて、
右に「薩摩焼宗家 14代 沈壽官」とあり、
左に「大韓民国名誉総領事館」と記されています。

DSC_5097_convert_20180629071149.jpg

入って右に折れ、再び左に折れます。
右に見えるのはトイレです。

DSC_5098_convert_20180629071221.jpg

正面に見えるのが「沈家伝世品収蔵庫」です。

DSC_5104_convert_20180629071245.jpg

DSC_5083_convert_20180629071309.jpg

これが収蔵庫の正面入口です。勿論、中を見ました。
美術工芸品ということもあるのですが、どちらかというと
沈家の焼き物の歴史館といったほうがいいかもしれません。

DSC_5105_convert_20180629071331.jpg

薩摩焼の起源は、豊臣秀吉とそれに従った大名たちが二度に
わたって朝鮮半島へと出兵した文禄・慶長の役(1592-98)に
さかのぼります。戦いが終焉をむかえた1598年、薩摩から出陣した
島津義弘が帰国する際に伴ってきたおよそ80名の朝鮮陶工たちが
薩摩の地に根づき、薩摩焼が誕生しました。
20数年の歳月をかけて白薩摩の原料を発見し、領内各地へ広がり
ながら他の産地にない多様性あふれた焼物を薩摩にもたらしました。


沈家には南京皿山窯の製品が数多く伝来しており、日曜雑器の他、
輸出用の食器もつくられていたことがわかります。
薩摩では、領内で磁器を焼くための原料がとれなかったため、陶器
のみが焼かれていましたが、江戸中期になると、流通の発展により
肥前磁器の原料となる天草陶石を藩内に運んで、磁器が焼かれる
ようになりました。
苗代川(現在の美山)では、藩の財政再建にあたった調所広郷の指導
のもと、1845年に「苗代川御取救」の政策が行われ、翌年、染付白磁
専用の南京皿山窯が作られ、本格的な磁器生産が始まりました。

薩摩焼は万国博覧会と関係の深い焼物です。1867年、日本が初めて
参加したパリ万博に、薩摩藩は幕府の意向に反して独自に参加し、
そこで朴正官による錦手大花瓶が人気を博したことから、薩摩焼の
名は広く知られるようになります。

DSC_5108_convert_20180629071355.jpg

12代沈壽官は、1875年に玉光陶器製造場を創業します。江戸時代
白薩摩は藩の御用品であり、製造に関わった人々は藩から扶持米
を貰っていましたので、明治に入って保護を失い苦境に陥りました。
しかし、このことは一面、藩の統制が無くなり、白薩摩を民間で自由に
製造する好機がめぐってきたとも言えます、沈壽官はまさに時と場所を
得、危機を乗り越え製造場を発展させていったのです。

明治維新を経て、12代沈壽官がウィーン万博で大きな賞賛を受け、
評価は決定的となりました。

明治政府が陶磁器輸出を奨励したことから、西欧で人気を集める薩摩焼に
いち早く全国から熱い視線がそそがれ、薩摩焼風の製品が全国でつくられ
輸出されていきました。いわゆる「SATUMA」の大輸出時代が幕を明ける
ことになるのです。(収蔵庫案内パンフレットより抜粋)

DSC_5106_convert_20180629071423.jpg

収蔵庫の真向かいに多分、沈家の御住居なのでしょう。
その玄関がこれです。

DSC_5116_convert_20180629071447.jpg

左が収蔵庫、右が居宅

DSC_5109_convert_20180629071517.jpg

DSC_5080_convert_20180629071538.jpg

さらに奥に登り窯があります。ふーん昔ここで焼いていたのかと
思って前を通り過ぎようとして、塗り込められた口と設置された
温度計を見て、あれ・・・まさか・・・・
そう思っていたら、係りの女性(売店勤務)が「ええ、中には焼き物が
入っていて、あと数日で窯を開けます」とのこと。
登り窯が現役で使われていることに驚いてしまった。

DSC_5115_convert_20180629071615.jpg

左奥が登り窯。薪が並べられているさらに奥が
工房です。

DSC_5127_convert_20180629071640.jpg

DSC_5131_convert_20180629071702.jpg

それでは売店を覗いてみましょうか。
まるで美術館のようです。でも思っていたより安かった。
白薩摩の花瓶などはさすがに高額ですが、ものはいいです。
贈り物なんかには最適かもしれません。

DSC_5129_convert_20180629071730.jpg

こういう色つきのものは重厚で大人の雰囲気というのでしょうか
長く使うにはよさげでした。非常に抑えたデザインです。

で・・・・お前は何を買ったんだい?
ま・・・・そのうちお教えします。

DSC_5085_convert_20180629071758.jpg

係りの女性にお庭見てもいいですかとたずねると
どうぞというので、失敬して拝見しました。

DSC_5087_convert_20180629071825.jpg

DSC_5092_convert_20180629071855.jpg

DSC_5095_convert_20180629071929.jpg

いいお庭でした。直線で仕切られた池が印象的でした。

沈壽官窯 また行ってみたいと思わせるところでした。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


スポンサーサイト

藤田美術館

.31 2017 芸術 comment(0) trackback(0)
DSCN2575_convert_20170401231026.jpg

最終日30日は関空15:50のピーチ
13時にJR茨木駅からリムジンバスに乗ればいい。
ところがこの日、どうしても行きたいところが出来た。

大阪に到着した日、娘の家にたどり着き
なにげにNHKの「プロフェッショナルー仕事の流儀」を見ていた。
藤田美術館(大阪市都島区)が所蔵する中国美術の
名品30点以上が、米ニューヨークで開かれる競売会社クリスティーズの
オークションに出される。これを取り仕切るのが今回の
プロフェッショナルだ。
国内の美術館のコレクションがまとまって競売にかけられるのは珍しい。
なにげに見ていたが このオークションは
中国人の注目を引き、オークションは過熱した。
値段はあっという間に予定価格を上回り、
総額が300億円に達した。なぜこれほどの逸品を
美術館は放出したのか?

実はこの美術館老朽化が激しく、美術館を建て替え
一新を図りたいとのやむを得ぬ事情を抱えていた。
建設費の捻出が目的で中国美術品をやむなく放出したと
わかった。

この時点で藤田美術館がどこにあるかまるで興味が
なかったのである。


DSCN2584_convert_20170401231053.jpg

ところが29日の同窓会で出会った豊さんから
実はこの日、藤田美術館へ行ってきて、曜変天目茶碗を
見てきたという。パンフレットを見せられ、ぎょっとなる。
実に美しい。場所を聞けば、大阪市内京橋の近くらしい。

曜変天目茶碗といえば最近話題になったばかりである。
2016年12月20日放送のテレビ番組『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系列)において、
番組出演者が出品された天目茶碗を「曜変天目茶碗」「4点目」と鑑定した。

そこで30日の午前中を使って、藤田美術館へ行くことにしたのである。

環状線で京橋まで行き、東西線に乗り換えて一駅。
地上に出ると100mくらいの位置に藤田美術館はあった。

建て替えたい。なるほど、小さくて貧相で古い。
写真手前の蔵のような2階建てが美術館なのだ。


DSCN2581_convert_20170401231116.jpg

入場料800円を払って中に入る。
建物は2階建て木造で展示室は暗くて狭い。
1階に15点、2階に17点、わずかそれだけだ。
ところがこの中身がすごい。1階国宝4点、重文1点
2階国宝3点、重文8点と展示物が上質なのである。
多分、奥にある収蔵庫には沢山の名品が収蔵されていて、
少しずつ展示しているのだろう。
だから滅多に展示されることもない中国の名品を
オークションに出品できたのだろう。


DSC_0032_convert_20170401231147.jpg

図録を買わずに絵葉書4枚を買った。
曜変天目茶碗はこの絵葉書でも分かるように
実に美しい。

現在、日本にのみ曜変天目茶碗が4品ある。
内3品が国宝で1品が重文である。
静嘉堂文庫蔵、龍光院蔵そして3つ目がこの藤田美術館である。


DSCN2578_convert_20170401231213.jpg

DSCN2580_convert_20170401231237.jpg

DSCN2583_convert_20170401231258.jpg

美術館前に小奇麗な庭がある。奥には収蔵庫と思しき
大きな蔵がある。一体この中にどんな宝物が収められているのか
計り知れない。美術品の質の高さに似合わぬ貧相で小さな美術館。
生まれ変わって大勢の人に見てもらうというのも
時代の趨勢であるかも知れない。


DSCN2585_convert_20170401231321.jpg

あっという間に見終えてしまい、なんだか物足りない。
奥に公園らしきものがあったので行ってみる。
どうもここが藤田美術館の創始者、藤田邸があった場所が
公園になっているようだ。


DSCN2587_convert_20170401231344.jpg

振り返った先にクリスタルタワーが見えた。

DSCN2593_convert_20170401231408.jpg

公園の向こう側に藤田美術館が見えている。

DSCN2603_convert_20170401231439.jpg

公園内に桃の花?かな。いっぱいに咲きほこり
桜もチラホラつぼみが膨らんで、ちょっとだけ
咲いていました。


DSCN2626_convert_20170401231506.jpg

梅田でちょっとだけ買い物して
JR茨木駅に戻り、近くで昼食を食べてから
13時のリムジンバスに乗り関空第2ターミナルへ
向かいました。


DSCN2631_convert_20170401231532.jpg

中の待合はこんな感じです。

DSCN2637_convert_20170401231557.jpg

帰りは窓際でした。

DSCN2643_convert_20170401231626.jpg

DSCN2650_convert_20170401231649.jpg

あっという間の数日間(27日~30日)
また来年もみんなに会いに来たいな。

じゃー、みなさんお元気で

明日から再び串間です。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。




吉田博展

.06 2017 芸術 comment(0) trackback(0)
DSC_9241_convert_20170310054022.jpg

11月半ば、バンコクから帰ってきてずっと家にいる。
4ヶ月近く家にじっとしているのは珍しい。
そういうと如何にも好々爺然と家にじっとしているかといえば
ご存知の通り毎日がせわしない。
どういうわけか、このブログ最近、夕焼けや朝日や海や山、川
はたまた庭の草花の写真が甚だ減った。
ブログを見てくださる方々はきっとそうした田舎のほのぼのとした
日常の写真に癒されるのだろうと思うが最近は様々な行事で
埋め尽くされ、またその写真の多さにも辟易しているのではなかろうかと
心配する。

そしてそうした日常は私自身をも蝕んでいるように思える。

折りたたんだ羽を恐る恐る出して伸ばしてみる。
まだ翔べるのだろうか?


DSC_9244_convert_20170310054052.jpg

ある日、東北の街を歩いていたり、またある時はバンコクの
暑い太陽の下にいる。そこまではないが、今回も久しぶりに
ショートワープしてみよう。


DSC_9246_convert_20170310054117.jpg

前々から一息ついたら出かけようと思っていた。
土曜日に大人の遠足が終わり、月曜日には
大束中の生徒用アルバムの最終データを校長先生に
渡した翌日、車に飛び乗って北を目指す。

2時間後、えびのPAで昼食を摂る。
この日の霧島連山は薄曇り

気になるメールや電話をして、人吉越えである。
八代を過ぎ、松橋辺りから地震の影響で
高速道路は工事中、熊本まで片側一車線である。
久留米に3時までには到着したい。
熊本を過ぎたら車の速度をあげる。

3時前には久留米市美術館に到着した。
前々から気になる美術館ではあった。
そう前はブリヂストン美術館と呼ばれていた。
最近久留米市へ寄贈され、久留米市美術館と
なっている。

青木繁や坂本繁次郎の作品を多く収蔵していることで
有名だ。そういえば大阪にいた頃、京都国立近代美術館で
青木繁展を見たなあと思い、カテゴリーの「芸術」欄を
見ていったら2011年7月6日見に行っていた。


DSC_9247_convert_20170310054148.jpg

さて今回、見たいのは「吉田博展」

話は少し遡る。半年ほど前、たまたま見た日曜美術館で
「吉田博」の紹介があった。大阪に居る娘にに、なかなかいいよと
再放送を見ることを勧めたら、結構気に入ったらしく
見たいけれど大阪に来ないから、久留米に来た時に
見に行きたいと言っていた。
この2月の連休を利用して、福岡に居る私の妹宅に2泊して
この美術展を見ていたのだった。
私もまた、最近再放送された日曜美術館を再見して
見てみたいと思っていたが2月は誠に忙しく
3月になってようやく実現したのだった。


DSC_9252_convert_20170310054231.jpg

吉田博(1876年(明治9年)9月19日 - 1950年(昭和25年)4月5日)は、
日本の洋画家、版画家。自然と写実そして詩情を重視した作風で、
明治、大正、昭和にかけて風景画家の第一人者として活躍した。

今回の展示は思っていたよりも初期の水彩画、油絵、
そして後期の版画と誠に展示数が多い。

初期の巧みな自然描写力が後半の版画の技量の基礎となっている。


DSC_9253_convert_20170310054307.jpg

ただ、この人の作品を見ていると時代というものを感じずには
いられない。写真の時代の到来である。
初期の風景画は確かにうまいのであるが、この上手さというものは
現代の美術界にあっては多分、あまり意味を持たない。
本人の中でも葛藤があったのであろう。
彼が活躍する時代は洋行帰りの黒田清隆が洋画会に君臨していた時代で
なかなかトップに立てない。そこで彼はアメリカに渡るのだが
そこでいきなり大きな評価を勝ち得る。
ただ2度目のアメリカはそれほどでもなかったようだ。
彼が現在評価を大きくとっているのは後半生の版画である。
彼の自然描写された水彩画を版画にした途端に
なにか憑き物が落ちたように見事な作品に変貌する。
彼はこれに更なる工夫を重ね、見事な作品を自ら彫り、刷りして
複雑な色合いを版画の世界に打ち立てるのである。


DSC_9257_convert_20170310054344.jpg

見終わって外に出ると雨が降っていた。
気温が下がり寒い。
高速に乗って福岡の妹宅に向かう。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。




富山県水墨美術館

.23 2016 芸術 comment(0) trackback(0)
DSC_2466_convert_20160824113349.jpg

午後はいつものんびりしている。オリンピック開催中は
結構テレビにくぎ付けだったが、終わってちょっと
手持ち無沙汰していたら、娘が買い物ついでに
水墨美術館に行くといいよと薦めてくれた。


DSC_2453_convert_20160824113433.jpg
DSC_2468_convert_20160824113513.jpg

なんかこじんまりした美術館を想像していたら
立派な敷地に立派な建物、かなり本格的な
日本建築である。建物だけでも十分見る価値はあった。


DSC_2390_convert_20160824113548.jpg
DSC_2446_convert_20160824113627.jpg

外観がいい。寄棟の瓦屋根。むくりがついて
屋根のシルエットが美しい。
越屋根もついている。
正面玄関までのアクセスがいい。
十分な面積が取られ、芝庭の一角に池も作られている。
芝庭は緩やかなアンジュレーションで盛り土が行われていて
変化にとんだ前庭にここまで力を入れている建物も珍しい。


DSC_2400_convert_20160824113659.jpg
DSC_2422_convert_20160824113728.jpg
DSC_2431_convert_20160824113800.jpg
DSC_2437_convert_20160824113829.jpg
DSC_2424_convert_20160824113901.jpg
DSC_2404_convert_20160824113931.jpg

8月12日から9月25日まで
「北陸の三名刹(永平寺、總持寺祖院、瑞龍寺の名宝)」
をやっていたので建物見学のついでに見ることにする。

建物はL字型をしていて、そのL字に囲われた庭は
一面の芝である。昨年見た高岡にある瑞龍寺の庭を
一瞬思い出した。思い切りのいい作庭である。

何が凄いのか。庭の正面奥は神通川の堤防になっていて
周りより高くなっている。おまけにそこには桜の大木の並木が
続いている。堤防と桜並木が富山市の市街地の存在を
消しているのである。美術館の敷地は当然堤防の下の道路の
こちら側にある。内部から見ると低い塀が走っている。
が外から見ると塀は高く、覗き見ることはできない。
うまい造りである。


DSC_2410_convert_20160824114006.jpg
DSC_2417_convert_20160824114038.jpg

建物の奥には茶室が設けられ、有料でお茶を飲むことができる。
入り口の脇にも喫茶店があり、帰りにコーヒーを注文して
一服した。いい目の保養になった。


DSC_2456_convert_20160824114117.jpg

神通川の堤防が気になった。外へ出て、堤防の草むらを
登ってみた。富山市の市街地が川向こうに広がる。
立山連峰の上空には雲がわいてその日も山々は
姿を現さない。

北陸の夏景色がまぶしい。


DSC_2458_convert_20160824114153.jpg

堤防の上にも道路が通っていて車が盛んに走っている。
桜並木はどれも幹回りが太く40~50年の大木と思える。
春はさぞかし花見で賑わうのだろう。
またその満開の桜を美術館の回廊から見るのも一興かと思えた。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログを見ていただいてありがとうございます。
上記ブログランキングに参加しています。



チームラボ

.24 2016 芸術 comment(0) trackback(0)
DSC_1733_convert_20160726112335.jpg

そろそろ街に出かけたいと思っていました。
都城の時計屋さんにベルトの修理を依頼していたのですが
ようやく直ったと連絡があり、23日(土)出かけました。

せっかく、街に出るのですからちょっと欲ばりたいと思い、
国富町の谷山さんに電話を入れて宮崎の釣具屋「KAMEYA」で
昼過ぎに待ち合わせして昼飯でも食いましょうと約束。

実はこの日、宮崎市は「えれこっちゃ宮崎」という市のお祭りで
賑わっていましたが、橘通りの宮崎アートセンターで
「チームラボアイランド 踊る!美術館と、学ぶ!未来の遊園地」
というのをやっていて、これがこの23日から始まるというので
是非とも見たいと立ち寄りました。


DSCN4960_convert_20160726112249.jpg

朝、串間を出てまずは都城のイオンへ。時計屋さんで修理済みの
時計を受け取り、もう1本の時計の電池交換をお願いし、
靴屋さんで紺の靴炭とサンダルを購入。
谷山さんに電話を入れて高速で宮崎市へ移動。

釣具屋に到着すると既に谷山さんはこられていて
近くのラーメン屋で昼食。

実はこの夏、谷山さんの指導で
「鮎の友釣り」に初挑戦する約束になっているのです。
それで、最低限の仕掛けや道具を買いに行ったのですが
初めてでよくわからないので谷山さんに見てもらったというわけなのです。

今年は雨が多く、鮎の餌であるコケが雨に流され
今しばらくは釣りが期待できないというので
お盆過ぎに綾北川でスタートしようということになりました。

この竿は谷山さんの借り物、多分私の渓流竿の4,5倍の値段がします。
がもう少しいいものだと20万円、30万円というのは普通なのだそうです。
とにかく、鮎の友釣りはお金が掛かります。この写真の竿以外の道具だけで
2万円です。ほかにもまだまだ揃える必要はあるのですが、
とりあえずはここらで始めてみることにしました。


DSC_1679_convert_20160726111825.jpg

さて、前置きが長くなりましたが本題に行きましょうか。
先日、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で
「大人気のデジタルアート命の森に挑む」というのが
放送されました。見られた方もあるかもしれませんね。
シンガポールでのオープン間近の様子が放送されましたから
世界や日本の大都市対象かと思いきや
新聞でこの日から宮崎市であると聞き、これはぜひ見なければと
釣具屋で谷山さんと別れたあと宮崎アートセンターへ向かいました。
隣の駐車場に駆け込んだ直後、祭りのため
橘通りは車が通行止めになりました。

入場料は1200円。高いですが、なかなか面白いです。


DSC_1666_convert_20160726111439.jpg
DSC_1668_convert_20160726111516.jpg
DSC_1669_convert_20160726111722.jpg
DSC_1673_convert_20160726111752.jpg

圧巻は2つ目の部屋。ここが一番見ていて楽しかった。
まず、映像がきれい。文字が流れてくるのですが、
「雷」を押すとしばらくして稲光とともに映像が激しく
光に包まれて輝きます。「海」を押すとやがて碧い
海のような中に海の生物が泳ぎ回ります。
そんな風に画面に触れることで画面が反応して
オリジナルな画面を表出し続けるのです。

子供が興奮して走り回っていましたが、大人だって
夢中になります。ちょっと、今までにない体験です。


DSC_1686_convert_20160726111854.jpg
DSC_1691_convert_20160726111925.jpg

ここでこれらを制作したチームラボについて少しお話しましょう。

チームラボ株式会社(Team Lab Inc.)は、東京都文京区に本社を持つ、
独立系のシステムインテグレート企業。
東京大学発のベンチャー企業として知られている。
ウルトラテクノロジスト集団を自称し、プログラマ(アプリケーションプログラマ、
ユーザーインター フェイスエンジニア、DBエンジニア、ネットワークエンジニア)、
ロボットエンジニア、数学者、建築家、Webデザイナー、グラフィックデザイナー、
CGアニメーター、編集者など、情報化社会のさまざまなものづくりの
スペシャリストから構成されている。
芸術を主体とした先鋭的なモノ作りを得意としている。

というすごい会社なのです。が楽しいものを作ってくれますね。


DSC_1699_convert_20160726111957.jpg
DSC_1709_convert_20160726112031.jpg

この水族館はもうすっかり有名になったやつですね。
そう「お絵かき水族館」。アイデアがすごいし楽しい。

手前で子供たちが魚の絵を書いているのですが
それを読み込んでもらうとその魚が水槽の中に現れます。
画面にの魚に触れると魚が反応するのです。
もう子供たちは夢中で駆け回ってます。
大人だって十分楽しめますよ。
私も魚の絵を描いて参加したかったのですが
あまり時間がなかったので諦めました。( ˘-з-)


DSC_1713_convert_20160726112104.jpg

これは「天才ケンケンパ」様々な飛び石が床に現れ、
これをケンケンパしていくと踏んだ後の映像が変化していきます。
見ていて楽しい。


DSC_1720_convert_20160726112138.jpg
DSC_1725_convert_20160726112213.jpg

これも幻想的で楽しかったですね。
写真ではわからないのですが、このボールは
色が様々に変化するのです。それが実に
幻想的でSFチックでした。

案外、近い将来、このデジタルアートは普通の
幼稚園で普通に見られる遊具の一種となるかもしれませんね。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログを見ていただいてありがとうございます。
上記ブログランキングに参加しています。



 HOME