FC2ブログ

薩摩焼の里 美山

.17 2018 comment(0) trackback(0)
DSC_5069_convert_20180627071530.jpg

前々から鹿児島で行きたいところがありました。
薩摩焼です。その薩摩焼をどこでやっているか
まるで知らなかったのです。焼き物については
今まで佐賀県の有田、伊万里にばかり目がいっていて
すぐ近くの薩摩に目がいっていませんでした。

調べてみると鹿児島市から西の方にいった伊集院という
ところの美山に薩摩焼で有名な沈壽官窯を中心に
数十軒の窯元があるというので行ってきました。

鹿児島からは南九州自動車道で西に向かい
美山のPAで下りて地道を少しいったところの
交差点の向かいに駐車場があったのでそこで
車を停めるとなんとそこが沈壽官窯の駐車場でした。

DSC_5070_convert_20180627071554.jpg

DSC_5071_convert_20180627071620.jpg

これが入口なのだろうと勝手に解釈して登っていくと
どうもここは工房のようです。

DSC_5072_convert_20180627071659.jpg

庭先に文学碑が立っています。
「故郷忘じがたく候文学碑」とある。
はてどこかで聞いた。そうか、司馬遼太郎だ。
私は残念ながらその本を読んでいない。
が想像がつく。豊臣秀吉の2回に渡る朝鮮出兵
により日本へ強制連行された陶工達のことを
書いているのだと。

DSC_5074_convert_20180627071732.jpg

下の方にも建家が見える。垣根が開けたところから
下方へ向かって小道が続いている。
どうもそちらが一般公開している沈壽官窯のメインの
施設群のようである。どうやら入口を間違えて裏側から
アクセスしてしまったようだ。

DSC_5075_convert_20180627071759.jpg

DSC_5073_convert_20180627071827.jpg

沈壽官窯のことは次回、詳しく語ろう。
今回は薩摩焼の里美山をざっくりと紹介しておこう。

DSC_5117_convert_20180627071857.jpg

しばらく沈壽官窯を見学して前の道路沿いに歩いて
メインの道路を歩いていくつか小さな窯元を見学した。
ガラス工房もあるというので行ってみる。
ガラス工房と展示室があり、その前が駐車場になっている。
「ガラス工房ウエルハンズ」御夫婦でガラス工房を
やっておられる。展示されたガラス器を見ていたら
ご主人が説明してくださる。ガラス器の中に細い線が
入ったものがある。その制作方法を聴いていたら
気が遠くなってしまった。なんでもその技法は奥さんしか
できないというのである。
あっと思う。写真に撮っておけばよかった。
でも、ほら美術館とかむやみに写真に撮るといけないでしょう。
ちょっと抵抗があるんですね。

DSC_5118_convert_20180627071926.jpg

最初の駐車場に車を停めたままなのでそちらに向かって
歩いて帰るが今度は奥まった小道を散策しながら歩む。
この小道はなかなかいい雰囲気です。

DSC_5119_convert_20180627071957.jpg

DSC_5120_convert_20180627072031.jpg

お腹がすいたので数軒あるレストランのうち
木々に囲まれた「アップルミント」で食事をする。
お客さんの様子から地元の顔見知りの人たちが
多い様子。

DSC_5126_convert_20180627072109.jpg

一度、駐車場に戻り、車で街外れの「美山路」へ
行ってみる。

DSC_5137_convert_20180627072140.jpg

道向かいの駐車場に車を停め、丘の上の住宅を
覗く。玄関から入ると中の廊下沿いに多くの
琉球硝子の作品が展示されている。

DSC_5132_convert_20180627072210.jpg

家主さんは年配の品の良いご婦人で趣味が高じて
自分で沖縄へ行って琉球硝子の作品を買い集めてくるのだ
そうだ。

DSC_5134_convert_20180627072238.jpg

色硝子のの妙。実にきれいだ。
翠から碧に変わるいい色合いのガラス器に魅せられ
一点買ってしまった。

DSC_5138_convert_20180627072305.jpg

後で資料を読みながらわかったことだが
まずは「美山陶遊館」に先ず行って、そこに展示されている
窯元の作品を見てそれぞれの窯元を尋ねるのがよろしい。
ということだったのだが、最初の一番凄い、沈壽官窯を見てしまい。
最後にこの陶遊館を訪ねてしまった。
なんとも間抜けである。

DSC_5139_convert_20180627072334.jpg

DSC_5141_convert_20180627072359.jpg

DSC_5145_convert_20180627072437.jpg

ここには一般客が陶磁器を作れる工房があって
その日も二人の女性が陶土を練っていた。

鹿児島から西方向へはあまり行く機会がない。
南九州自動車道を走ると人家のない森の台地が
周囲に広がり、広大な自然の中に分けいるようだ。
美山は山里といった静かなところで宮崎の綾町を
小さくしたような雰囲気の田舎町だ。ちょっと別荘地の
趣がある。こんな街を一日ゆっくりと散策しながら
陶器を見て歩く。
いい一日でした。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


スポンサーサイト

賢島にて同期会

.01 2018 comment(0) trackback(0)
DSC_4782_convert_20180612174510.jpg

今回、伊丹空港でちょっと出口が変わっていたのには
驚きましたが、もう一つ驚いたことがありました。
私は大阪の茨木市に住んでいたのですが利用駅は
JRの摂津富田駅でした。摂津富田駅というのは
阪急の富田駅と距離的に近くて、おまけに隣の駅が
茨木駅、高槻駅と大きな駅の中間の小さな駅で
結構気に入っていたのですが、今回、その摂津富田駅と
茨木駅の間に総持寺駅ができていたのにはびっくりでした。
ただ娘の家からはこの駅の方が近く、日曜日賢島へ
出かけるのにこの総持寺駅から初めて乗ってみました。

DSC_4784_convert_20180612174540.jpg

DSC_4785_convert_20180612174606.jpg

京都駅に着くと階段広場で京都市中学校のジャズオーケストラ
の発表会をやっていて、なかなかいい演奏をしていましたが、
聴く時間がなく、駅弁を買ってすぐに賢島行きの近鉄特急に
飛び乗りました。時間は3時間ぐらい。途中乗換が1回あります。

やっとじっくり本が読めると持ってきた読みかけの
カズオ・イシグロの本を読みました。結局読み終えたのは
帰りの電車でした。

DSC_4795_convert_20180612174637.jpg

賢島駅に着いてしばらくするとホテルの送迎バスが
迎えに来てくれそれに乗って5分。会場の宝生苑に
到着です。

ホテルの部屋の窓からはご覧のような英虞湾の静かな
海が見渡せて、なかなかいい眺めです。

DSC_4805_convert_20180612174757.jpg

出席者は30数名で約半数の出席者でした。
私たちが入社した1977年は前年がオイルショックの影響で
どの会社も採用ゼロという信じられないような状況が
目の前で起こりました。
私が大学4年の時には卒業する同級生たちは普通に
就職して行ったのですが翌年、私が大学院の1年の時には
学部の4年生も大学院の2年生も全くと言っていいほど
就職先がなかったのです。

会社の同期生というのは72名、1年間同じ寮で生活を
共にした仲間です。つまりこの1年間というのは見習い
としての扱いで、私の場合は設計、見積、作業所を
4ヶ月間隔で研修しました。同期生は全員、学部卒と
大学院卒で当時、女子は正社員としては採用して
いませんでした。

会社は東京、大阪2本社制で、半分以上が東京本店
及び本部へ配属になり、私は大阪本店の配属になりました。
だから、今回その時以来の顔ぶれも何人かいたのですが
当時の感覚が蘇ってきて、懐かしく話をすることでした。

DSC_4814_convert_20180612174703.jpg

DSC_4819_convert_20180612174729.jpg

DSC_4834_convert_20180612174823.jpg

DSC_4837_convert_20180612174847.jpg

賢島で有名なのは志摩観光ホテル。この賢島宝生苑は元々
志摩観光ホテルの別館としてスタートしたのが別会社に
経営を引き継いで賢島宝生苑になったようです。
伊勢志摩サミットの会場になったのは志摩観光ホテルで
こ賢島宝生苑はレセプションの会場として使われたようです。
設計は私のいた会社の名古屋支店設計部です。
なかなか良く出来ていました。

DSC_4839_convert_20180612174910.jpg

DSC_4841_convert_20180612174937.jpg

翌日、特に予定はなかったのですが英虞湾の遊覧船に
乗船するグループについていきました。曇り空でしたが
なかなかいい1時間弱の船旅でした。

DSC_4858_convert_20180612175003.jpg

その日、大阪の娘の家に帰り、翌日の昼の便で
宮崎に帰ってきました。

下に見えているのが大阪伊丹空港です。

DSC_4862_convert_20180612175027.jpg

関西空港が眼下に見えました。

DSC_4864_convert_20180612175049.jpg

そしてあっという間に私の関西旅行は終わりました。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



久しぶりの京都

.29 2018 comment(0) trackback(0)
DSC_4706_convert_20180609122437.jpg

毎年1回は大阪に行くことしている。
今年は賢島で開かれる会社時代の同期会が主な
目的だが、いつも楽しみにしているのは
N君と一緒に京都に行くことだ。彼がその時期の
展覧会とか事前にチェックしてくれる。
美術工芸品への造詣が深いものだから一緒に行って
楽しい。

DSC_4708_convert_20180609122527.jpg

DSC_4712_convert_20180609122624.jpg

DSC_4713_convert_20180609122651.jpg

お昼に京都駅で待ち合わせをした。少し前に着いて、
確か京都駅の上に拉麺小路があったことを思い出し
ラーメンでも食べようと奥の美味しいラーメン屋を
目指したのだが、ギョ・・・外国人の行列ができている。
仕方ない、あまり流行っていないお店に入った。

DSC_4762_convert_20180609122716.jpg

N君が先に来て、バスの一日券を買っておいてくれた。
いつもバスを乗り継いで移動することにしている。
まずは同志社北側に位置する相国寺を目指す。
ご存知のように同志社の南側は京都御所である。

DSC_4721_convert_20180609122750.jpg

DSC_4722_convert_20180609122816.jpg

同志社の横を抜け、相国寺の承天閣美術館が
今回の目的地。「春燦燦」と銘打って展覧会を
やっていた。元々たくさんの重文作品を所蔵しているので
常設展示を時々入れ替えてやっているに過ぎないのだが
その所蔵作品たるや、どれも一級品である。

DSC_4727_convert_20180609122844.jpg

DSC_4732_convert_20180609122928.jpg

DSC_4736_convert_20180609123001.jpg

さて、相国寺についてインターネット情報を少し

相国寺(しょうこくじ)は、日本の禅寺。京都市上京区にある臨済宗相国寺派大本山の寺である。山号を萬年山(万年山)と称し、正式名称を萬年山相國承天禅寺(万年山相国承天禅寺、まんねんざん しょうこくじょうてんぜんじ)という。
本尊は釈迦如来、開基(創立者)は足利義満、開山(初代住職)は夢窓疎石である。
足利将軍家や伏見宮家および桂宮家ゆかりの禅寺であり、京都五山の第2位に列せられている。相国寺は五山文学の中心地であり、画僧の周文や雪舟は相国寺の出身である。また、京都の観光名所として著名な鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)は、相国寺の山外塔頭(さんがいたっちゅう)である。

皆さん、相国寺はご存知なくても金閣寺や銀閣寺は
よくご存知だろう。また歴史の教科書に出てくる
足利義満もよくご存知だろう。このお寺を作ったのが
その足利義満で金閣寺や銀閣寺はこの相国寺の
山外塔頭なのだ。

DSC_4739_convert_20180609123031.jpg

DSC_4744_convert_20180609123057.jpg

DSC_4745_convert_20180609123123.jpg

前からここの美術館に若冲の作品が多く所蔵されて
いることは知っていたがその他はあまり知らなかった。
だが今回、円山応挙や長谷川等伯、若冲。狩野派、
土佐派などのよく知られた作品にも出会うことができた。

さてその承天閣美術館の情報も入れておこう。

承天閣美術館(じょうてんかくびじゅつかん)は、京都府京都市上京区の相国寺境内にある美術館。
相国寺創建600年記念事業の一環として1984年に開館した。相国寺および臨済宗相国寺派に属する鹿苑寺(金閣寺)や慈照寺(銀閣寺)などが所有する墨蹟・絵画・工芸品等の文化財(国宝 2件(5点)[1]と国の重要文化財多数を含む)を収蔵・展示している。2004年には同年閉館した萬野美術館(大阪市)から国宝・重要文化財を含む約200点の美術品が寄贈された。
館名の「承天閣」は、相国寺の詳名である「相国承天禅寺」にちなむものである。なお「承天閣美術館」は法人格を有せず、国宝、重要文化財をはじめとする作品の所蔵者は相国寺および関連寺院である。
開基足利義満600年忌の記念事業として増改築を行って2007年5月13日に全館オープンし、展示室の面積は従来の倍以上となった。

DSC_4756_convert_20180609123152.jpg

本当はもっと行く予定だったのだが、二人で作品について
話しながらじっくり見ていたら、あっという間に時間が
過ぎていた。同志社の向かいにある喫茶店でコーヒーを
飲みながらいろんな話をする。
一年に一度の私にとっては貴重な時間である。

夕方、京都駅で再会を約して別れた。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。




大阪へ

.24 2018 comment(0) trackback(0)
DSC_4661_convert_20180608121311.jpg

昨年の3月に大阪に来て以来のことです。
今回は会社時代の同期会出席のためです。
実は2年前にも福井で同期会が開催されたのですが
あんまり行く気になれず、行きませんでした。
ただ今回、行こうかなと思ったのは、私と同年代の
院卒で入った同期はもう65を過ぎていて
会社を辞めている人もいるだろうとの思いと
2年前に一人なくなった方がいて、そうかもう
そろそろそういう人が(自分も含めてですが)出てくるのだ
との思いで、今のうちにお別れをしとかねばと思った次第
でした。

そういうわけで、飛行機の往復切符はすでに3月末には
取得していました。
ただ、1週間目に法事でバタバタしていたり、ギリギリまで
あれやこれやと忙しく、出発日の朝にようやく旅行用の
バッグに着替えや本を詰め込んで、車に飛び乗った次第。

DSC_4664_convert_20180608121356.jpg

DSC_4665_convert_20180608121423.jpg

飛行機に乗ってようやく、旅行気分になりました。
が読みかけのカズオ・イシグロの「わたしを離さないで」
を離さずに持ってきて、読み続けていたので
なんか重苦しいもんまで持って旅に出たという感じです。

DSC_4671_convert_20180608121442.jpg

飛行機は四国沖から紀伊半島で方向転換して
生駒山に沿って大阪方面に進み、やがて
大阪上空を横断して伊丹空港へ向かいます。
ずっと眼下の街並みを見ていました。
今住んでいる田舎の風景からするとこの都会の
延々と続く街並みの風景というのは恐怖すら
覚えます。それは多分、もうここに私の居場所は
ないのだということに起因するのかもしれません。

都会の中の無名性ということがありがたい時もあるのです。
そう誰にもかまって欲しくない時にはそれは
とてもありがたいのですが、そうでない時にはせめて
どこそこへ行けば温かいものに出会えるとか
会って話したい人がいるとかあるいは都市が提供する
あらゆる文化的なものとか世界中から集められた
優れた商品とか。
でもそれはそれで対価を伴うもので
都市=消費社会という構図の中で生き続けるのは
私にはとてもできなくなってしまいました。

そんなことをぼんやり考えているうちに
飛行機は伊丹空港に到着しました。

DSC_4674_convert_20180608121504.jpg

DSC_4675_convert_20180608121525.jpg

到着して「あれ?」
なんか違う。デザインがすっかり変わっています。

DSC_4678_convert_20180608121547.jpg

「えっ、2階に到着ロビー、なにこれ。ええどうなってんの?」

DSC_4679_convert_20180608121607.jpg

出たところが2階。それも商業施設の真っ只中。
一体ここは空港の建物のどこになるんだろう。
急ぐ旅でもないし、しばらく荷物をゴロゴロさせて
探検してみてようやく理解できました。

2階にあった商業施設がリニュアルされていたのです。
そしてそのど真ん中に到着口ができたということのようです。
以前は到着口は1階でした。
でもなんかいい雰囲気になっていました。

DSC_4684_convert_20180608121628.jpg

DSC_4696_convert_20180608121651.jpg

お昼の便で来たので夕方までまだ時間があります。
とりあえず今夜の宿、茨木に住む娘(姉)のアパートへ
行けばいいので、時間はたっぷりあります。

たしか上の階にインテリアのアクタスがあったはず。
探すとまだあった。行ってみることにする。

ああ、いいな。こういうの宮崎にないんだよね。
随分と目の保養になります。

その後、空港バスで新大阪に行き、本屋やお店を
ぶらりとして夕方、目的地に到着。

どうせ、娘は夕食なんて作ってくれないから
近くのコンビニに行って夕食の材料とビールを買ってくる。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



和多屋別荘

.27 2018 comment(0) trackback(0)
DSC_3750_convert_20180511064040.jpg

なんでまた、急に「春の旅」なんかに行ったの?
なんて思います?
まあ、他人事ですから、どうでもいいことなんですが。

話は1年前にさかのぼります。
車を買い替えた話をしましたが、
1年前の春にモデルチェンジしたスバルXVが
先行販売を始めた頃、都城のショールームを
覗いて、「先行販売時に買ったら何かいいことあるの?」
と聞いたら、示されたのがこの写真にあるカタログでした。
最近ほら、香典返しとかで送ってくるカタログの一種です。
これには体験型のサービスとか宿泊ホテルとかが
載っています。まあ、こんなサービスがありますよってな
もんです。まあ、それに釣られたわけではありませんが、
車は必要に駆られて先行販売で買ったわけです。
このカタログ1年で有効期限が切れますので、その中から
宿泊を選んだわけです。
本州や北海道ににも沢山のすてきな宿泊施設があった
わけですが、まあ、無難なところで九州管内。
見て、最も豪華そうな旅館がこの「和多屋別荘」でした。
旅のコースもこの嬉野温泉ありきで決めた次第。

ということで今日はタダで泊まった和多屋別荘のことを
少しおしゃべりしましょう。

DSC_3567_convert_20180511064749.jpg

DSC_3577_convert_20180511064848.jpg

DSC_3549_convert_20180511064622.jpg

高層宿泊棟から嬉野温泉の町を見下ろしたところ。
下に見える大屋根がエントランス棟で
川を挟んで非常に面積の広い敷地を有しています。

共用部分は非常に良く出来ています。
共用部のあちらこちらにいかにもくつろいでゆっくりしてくださいね
といった設えがあって、それが目に癒しを与えるというのが
ここのコンセプトなのだと思われます。

DSC_3547_convert_20180511064559.jpg

DSC_3546_convert_20180511064537.jpg

DSC_3572_convert_20180511064817.jpg

DSC_3578_convert_20180511064925.jpg

こういう空間があちらこちらに配せれています。
二つ上の写真は足湯です。

すぐ上の写真はアウトラウンジといったところでしょうか。
あちらこちらでお茶が飲めるようになっています。

で何が言いたいかというと
いい旅館でしょうというのはよくわかるのですが
問題は我々日本人の観光スタイルというか
旅のスタイルです。フロントで見ていると
宿泊だけで外食の外国人が多いのです。
つまり宿には宿泊のみを期待して残りは街に出て
街を楽しむというのが今のスタイルなのに対して
こういう旅館は館内丸抱えで中で食事、休憩
風呂、買い物全てまかなえますというスタイル
なんですが、あまり外国人にはうけないようです。

そこらの違和感よくわかります。
この写真にあるようないかにもリゾート風のデザイン
ですが、そういう旅をしたい人はこういう旅館には
来ずにそういうリゾート地へ行き、リゾートホテルで
長期ステイをするわけなんですね。
ですから1泊の宿泊地にリゾート風の風景があっても
それは目に優しげに見えるだけで本当は
場違いなのではないかと思ったりするわけです。

DSC_0499_convert_20180511064202.jpg

DSC_0504_convert_20180511064459.jpg

これは大浴場へ行く通路ですが
花器が洒落ています。
窓の外には川が流れていてその向こうには別館が
あります。川自身が旅館の庭のように企図されています。

でさらにこの通路、ギャラリーになっているのです。
そして展示されているのは有田の著名な作家の作品です。
これは正直見ごたえありました。

柿右衛門、今右衛門
有田の三右衛門といえば世界に名のとどろく名匠たちです。

別の場所にもこのような展示ギャラリーがあって
お風呂や食事の行き帰りに何度も見ました。
特に今回写真で見たことしかなかった今右衛門を
初めて見ましたが、緻密な工芸品で驚く程のデザインセンスも
兼ね備えています。

DSC_0500_convert_20180511064239.jpg

DSC_0501_convert_20180511064315.jpg

DSC_0502_convert_20180511064351.jpg

DSC_0503_convert_20180511064424.jpg

まあ、こうした美術館機能というのも
有田の窯元を訪ねるというのが本当の旅で
陶器に感心しながらも時間の節約上それも叶わず
ここの小さなギャラリーで「ふーん」と感心しているのですから
仕方ありませんが、私の旅はいかにも日本人的に
せかせかと先を急ぐそんな旅に終始してしまいました。
実は前日、深川製磁のあるチャイナ・オン・ザ・パークの
レストランで食事をし、美術工芸品を見て、
工場内のアウトレットで買い物をして時間を潰してしまい、
有田の街の中の有名窯元には行けずじまいでした。
それはまた今度いつか・・・・・





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



 HOME