FC2ブログ

エッセークラブSAKURA

.23 2020 エッセー comment(0) trackback(0)
DSC_2633_convert_20200628085649.jpg

 エッセークラブSAKURAは串間市の生涯学習講座の延長で続く自主講座
まあ、同好会のようなものだ。昨年も作品集を作り、その売上金が会費であ
る。会員は7名、代表の島田さんが昨年、旅行中に倒れて、未だ入院中だ。
最近、帰宅され、今度は串間の施設でリハビリ中。この日見舞金と見舞日を
決めた。ひこばえの日南の仲間も誘った。来週、一緒に見まいに行く予定だ。

DSC_2625_convert_20200628085543.jpg

 この日、出席したのは6名。最初に会計報告をした。実は倒れた島田さんが
会計もやってくれていたので心配していたが、仲間を通じて預金通帳と昨年
の作品集の売り上げが届いたのを私が預かっていたものと合わせて、報告
した。
 ひとしきり近況を話し合って、各自書いてきた作品の合評会を行った。丁度
その日の朝刊に林さんが先日のひこばえで発表した作品が掲載された。
紹介しよう。


     ウイルスとの闘い

 畑に緑色が一面に広がりつつ
ある。新しい芋が順調に育って
いるとは感じている。
 昨年、基腐病(もとくされびょう)と言うウイル
ス性の病気が流行し、甘藷農家
は大打撃を受けた。芋が腐れて
商品にならなかった。我が家も
10月に収穫、貯蔵した芋はほと
んどダメだった。この病気に効
く薬がなく、土壌、苗など消毒
の徹底しかない。正に芋のコロ
ナだと思ってしまう。先の見通
しがつかず廃業や減反する農家
が増え、我が家も4反減らした。
 築き上げた地域ブランドが消
え去るのではないかと危惧して
いる。今年は正念場。感染が広
がらないことを願っている。

 SAKURAに参加しているメンバーの内3名がこの甘藷芋に関わっている。
林さんの隣家でいまリハビリ中の島田さんの家も甘藷芋を作っている。
隣り地区の村上さんの亡くなられたご主人がこの甘藷芋を地域ブランドに
するのに多大の貢献をされた方だ。


DSC_2626_convert_20200628085621.jpg

 一方のコロナウイルスについて書かれた作品も当然あった。その中で
議論になったのは、この九州の片田舎における「真のコロナ問題」という
ことであった。私は、過激にこういう地方都市まで学校を休みにする必要
はなかったのではないかと思っている。ただ一方で自粛生活をしていない
かというとそれはそれできっちりやっているしマスクや手洗いの励行も行
っている。患者数より死者数を見れば、インフルエンザより死者数が少な
いではないか。ところがこれに対して、現在も東京で毎日50人ほどが感染
しているが「都会の無名性」と云えばいいのだろうか。東京では毎日50人
感染しても、その無名性ゆえに、都会生活者への影響は案外小さいので
はないか。逆に田舎の方がたった一人の感染者の出現に噂が蔓延する。
「どこの誰」という事がすぐにうわさで飛び交う田舎の方が感染者は少なく
ても影響は甚大なのだという。これは然り、確かに通常はこの密な人間関
係を好と思っていたのだが、逆に「悪い情報」もまた密なのである。有名な
芸能人がコロナで亡くなった時、日本中に衝撃が走ったのは、皆にとって
日頃からテレビを通じて親しみを感じていた特定の人だったからに他なら
ない。都会の無名性がある日、突然自分の身近な問題としてその日を境に
感じられるようになったのである。

 情報というものは、テレビ、スマホ、YouTube、SNS、人のうわさと様々で
あるが、それがどこまで人の心に届くかはまちまちである。今は、世界の
情報も田舎の情報も同距離で届く、無数の情報源の軽重を何が整理して
くれるのだろう。あなたはそれらの情報の奥に誰を見、何を見ていますか。
同じものを見ているようで皆異なるものを見ているのではないでしょうか。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
スポンサーサイト



ひこばえ

.11 2020 エッセー comment(0) trackback(0)
DSC_2530_convert_20200620130540.jpg

 2月末に、宮崎市で毎日新聞ペンクラブの総会が開かれて以降、コロナの
影響ではがき随筆「ひこばえ」は合評会を開くことができなかった。それが
先週ようやく開催の運びとなった。その日、病気療養中の1名を除いて9名
が揃った。実はその間、3月末の人事異動で毎日新聞宮崎支局長が入れ替
わってしまった。結局、前支局長とちゃんとした別れもせぬまま、更に新任の
支局長を受け入れることもないまま、6月になってしまった。だが、多分それは
驚くに値しないことで、世の中にはきっとそういった類の話はごまんとあるの
だろうと推察する。


DSC_2528_convert_20200620130443.jpg

 そういえば、先日テレビである哲学者が云っていた。コロナ問題の核心は
1.死者が弔われないこと
2.移動の自由が奪われること
という話をしていた。1については死んでもなお病原体を恐れるあまり、死者は
封印された。人生の最期の場面で看取られることもなく、弔われることもない
世界。死者には弔われる権利がある。それが奪われること。
2については刑罰の軽重は裁かれた者の移動の自由を奪うことだ。今回、世界
中の人々が移動の自由を奪われた。決して刑罰などではないのにである。そし
てそれは世界レベルで未だに続いている。
 何が云いたかったか。1,2の問題に比べれば、別れの場が作れなかった別
れなど大したことではなかったのだと言いたかった。4月の人事異動でずいぶん
こうした光景は世の中に満ち溢れていたのだろうと思われる。


DSC_2529_convert_20200620130513.jpg

 さて、今回晴れて毎日新聞宮崎支局長の出席を仰いで、合評会を開くことが
できた。串間から参加した4名のうち、2名の作品には串間で昨年から猖獗を
極めている甘藷(芋)のウイルス問題が取り上げられていた。しかしながらこれは
極めてローカルな話題なのだと思い知らされる。長い間苦労をして築き上げた
甘藷ブランドがウイルスにより収穫後腐りだすという問題は、今年が正念場だと
いう。そういう切羽詰まった問題は支局長も初耳でそこらの事情説明からしなけ
ればならない。ローカルな話題に共感を得るように文章を練り上げるのは結構
難しい。「我々には理解できるが、説明不足で他の地域の人にはわかりにくいの
では」と指摘すると支局長は難しいけどこうすれば少しわかりやすくなると、かなり
現実的修正を提案される。それが実に的確で、記事を多く書いた経験か、即応性
がある。
 私は先日紹介した「マスク」と題した桜島の火山灰に出合ってマスクを忘れたこ
とを後悔した話を書いたのだが、支局長は驚いたように、「火山灰が降るんですか」
云われるので、皆がこぞって串間も日南も風向きによっては桜島の火山灰が如何
にひどいかを説明する。これもローカルな話題なのかもしれない。他者の共感を
得るのはなかなか難しい。
 とりあえず、「ひこばえ」が再開した。何よりである。9人中7人が作品を書いてきた。
久しぶりに楽しい会だった。日常にリズムが生まれる。いいことだ。


DSC_2531_convert_20200620130611.jpg

6月6日の毎日新聞のはがき随筆に久しぶりに投稿作品が掲載された。紹介しよう。

      閉校

 この春、父が初めて校長とし
て赴任した椎葉村立小崎小学校
が統合されて閉校になった。
 最後の1年を記録しておこう
と春の入学式、秋の運動会に出
向き、7人の子供と集落の人たち
を写真に撮った。
 私も妹もここで父から卒業証
書をもらった。3月に予定され
ていた閉校式に二人で出席を申
し込んだが、コロナ騒ぎで自粛
を余儀なくされた。式は関係者
だけで行われたと後に聞いた。
 学校のウエブを開いた。閉校
のお知らせの下には、子供た
ちの作った「ありがとう小崎小学
校」の歌。クリックすると子
どもたちの歌声が流れた。

DSC_2532_convert_20200620130640.jpg




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。

空から災厄が

.22 2020 エッセー comment(0) trackback(0)
DSC_2229_convert_20200529071403.jpg

 様々な事柄が日常を取り戻し始めている。ストップした経済をもとに戻す
作業は意外に大変だ。公共施設は徐々に一般開放を始めたが、既に2次
感染が始まって慌ててもとに戻すところも出てきた。一進一退といったとこ
ろか。


DSC_2226_convert_20200529071258.jpg

 私の周りも、既にエッセークラブ「SAKURA」、読書会は再開した。6月から
はがき随筆の「ひこばえ」も再開することにした。数日前には、蘇鉄の会の
河野さんから早速、恒例の「夜の昆虫採集」を実施すると言ってきた。
「木彫」は7月からの志布志の生涯学習新規講座としては参加できないが
同好会は引き続き参加できることになった。だから実質変わらないのだが
毎回500円が必要になるがそれは仕方ない。釣りも再開してぼちぼち椎葉
へヤマメ釣りに行ってみようかなと考えている。


DSC_2228_convert_20200529071337.jpg

 久しぶりに、私の日常風景を「はがき随筆」で切り取ってみた。

     空から災厄が

 強い西風の吹く夕方、運動不
足解消を兼ねて自転車で墓詣り
に行った。走り出してすぐマス
クを忘れたことに気付いたが、
どうせ誰とも会わないと思いそ
のまま走り続けた。
 走っていると何かが顔に当る。
自転車を止めて、眼鏡をはずす
と白い粉が付着している。バッ
グや服にも付いている。遠くの
山々が煙っている。桜島の火山
灰である。墓参りを終え、這う
這うの体で家に逃げ帰った。
 例年、2月から花粉が舞い、
西風の日には火山灰や黄砂が舞
う。新型コロナウイルス以前に
災厄は空から降ってくる。もと
よりマスクは欠かせない。

DSC_2230_convert_20200529071432.jpg

 3日前、車を洗った。ピカピカになってよしよしと思っていたら、翌日には
火山灰が降った。あーあ、泣きたくなる。最近、西風の日が多いのだ。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。

内と外

.14 2020 エッセー comment(0) trackback(0)
IMG_2541_convert_20200521135846.jpg

 日曜版のエッセー「新・心のサプリ」で海原純子さんが「内と外」と題して
以下のように書かれていました。


IMG_2542_convert_20200521135803.jpg

 最近「内」と「外」ということについて考えるようになった。自分の「内」と自分の「外」、家の「内」と家の「外」というイメージだ。内と外がうまくバランスがとれていると問題がないけれど、「外」に頼りすぎていると「内」にもっているものに気がつかなくなる。

 家にいることを退屈にしない為には自分で何かを作り出す必要がある。そうしたプロセスを確立する前に、「外」にたくさんの頼るものがあれば、自分の「内」にある力に気づく前に外にあるものに頼って、そのうち「内」にある力を活かすことを忘れてしまう可能性がある。

 では、それがなかったり、わずかしかない場合はどうすればいいだろう。外にある楽しみを得られない時だ。この生活でできることを創り出さなければならない。楽しみはそれぞれだから、まわりの人の意見は参考にはなるが、自分がそれで楽しめるとは限らない。

 外に出ず、内でできる楽しみを自分の内に持っている力で創り出すことは、新型コロナウイルスが私たちの社会につきつけたテーマのひとつのようにも思える。

IMG_2544_convert_20200521135922.jpg

 初めてヨーロッパを旅した時、最初に立ち寄った国はオランダでした。
時期は12月の末。昼の短さに驚きました。数年後、北欧の国々を住宅
調査で訪れた時、時期は9月末でしたが、様々な場面で冬の暗さや厳
しさを感じることが多々ありました。考えてみたら、北国に住む人たちは
冬の間、わずかな太陽、ひどい時には白夜の下で生活しています。
STAY HOME を地で行く生活を毎年続けていることになります。北欧
を旅している時、ふと懐かしく思ったのは「アジアの喧騒」でした。対象的
です。最近、NHKの「世界はほしいモノにあふれてる」で再放送されてい
る北欧のインテリアや雑貨、そこでの生活を見ていると家というものの
豊かさなくして人生はあり得ないと主張しているように思えてなりません。

 一方、初めてシンガポールを旅した時、驚いたのは、住宅の中にある
台所が極端に小さいという事でした。外食が発達していて、屋台やレスト
ランなど間近にたくさんあるため、そちらを利用する方が安上がりなので
す。ここでは外食がいたって普通の事なのです。


IMG_2548_convert_20200521140015.jpg

 ふと、昔自分が家庭機能の外部化について、論文を書いたことを思い
出しました。会社にいた頃、1年間兵庫県の家庭問題研究所に週1回通い
大学の研究者と一緒に社会学の勉強をした1年でした。最後にその成果を
まとめて論文にするのです。指導は甲南大の野々山教授、私の研究パー
トナーは当時同志社女子大講師の方でした。ほとんどはその方がまとめて
下さったのですが、実は1月から論文のまとめに当たっていたのですが、
阪神・淡路大震災が起きて、その間、研究室へ集まることもままならず、
休日に喫茶店でパートナーと会って打合せしたことを思い出しました。
なんだか、今と状況が似ているなとそんなことを感じます。
 論文のテーマは「家庭の機能・役割に関する調査研究報告書」
その中で、第2章「家庭機能」第2節「家庭機能の代替化の現状と需要」
で「家族機能の外部化」として
・普段着のクリーニング
・TVショッピング、通信販売
・持ち帰り弁当、惣菜等
・学習塾
などが続きます。様々な視点で分析しているのですが、当時から「家庭」
についての認識が徐々に変化していることと、相まって世の中にサービス
業という業種が瞬く間に増えていった背景もあります。最初はすき間産業
であったものが多種多様、アイデア次第でなんでも事業化できたという事
ですが、今回新型コロナウイルスの影響をもっとも大きく受けたのもこの
業種かもしれません。


IMG_2555_convert_20200521140101.jpg

 「不要不急の外出を避けましょう」とのことですが、我々リタイアした者は
その存在自身が不要不急ですが、それはある意味、人生を早く下りて早く
不要不急の存在になりなさいという事でもあります。コロナ以前は世のた
め人のため、一生働きなさいという一つの価値観が大勢を占めていました。
しかし、早く不要不急の存在になってSTAY HOME しなさいという社会欲
求はコロナ後の社会を少しは変えるかもしれません。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
 

不条理

.07 2020 エッセー comment(0) trackback(0)
IMG_2456_convert_20200514154016.jpg

 皆さん、毎日をどう過ごしているのだろう。という何気ない問いかけをしてみて
何をしているかより、何を考えているかの方が実際は知りたいところですが、な
らばそれぞれを知ったところでどうなるわけでもない。だから、きっと日々のこと
を酒でも飲みながら話すうちに、少しは自分の中でもとりとめもない日々の雑念
がまとまってくれるのではないかと思ったりします。


IMG_2459_convert_20200514154110.jpg

 1週間ほどまえ、会社の同期から同期会も開けないので、ZOOMを使ってオン
ライン同期会をやろうとの誘いが来ました。でもなんだか、いまいち興味が湧きま
せん。話したい人と電話で十分ではないのと思わないでもないのですが、長電話
というのも話があちこち飛んで詮無い気もします。


IMG_2469_convert_20200514154147.jpg

 ゴールデンウイークが終わったものの緊急事態宣言が5月末まで継続と決まり
「ああ、もっとぼんやりしてていいんだ」とのんびり構えていたら、LINEで「今日の
合評会あるんですか?」と聞いてきた。慌てて、予定表を見たら、エッセークラブ
の合評会となっている。慌てて、図書館に電話すると「今日から普通通り、やって
ます」という。「会議室は借りれるの?」「換気とマスク着用と出席者の間隔をとっ
てもらえれば大丈夫です」という。慌てて翌週の12日の午後を予約し、LINEで
「今日は中止し、合評会は来週12日に延期します」。ため息をついていたら、Yさん
から電話「今月の読書会どうします?」もうこうなったら・・・「やろうやろう、16日
土曜日ね。テーマはカミュのペスト」とこんな具合にいきなり冷水を浴びて目が覚
めました。がこのテーマ「ペスト」の方なかなか読了できないでいる。連休中、まあ
いいかと久しぶりに昔風に好きな本を読みだしたらあっという間に読み終えた。
そうなのだ、本来私は文学作品なんかより筋書きの面白そうなものに興味を惹か
れるたちである。ところが読書会のせいでというかおかげでというか「読むべし」と
大上段で打ちかかってくる文学作品を苦しいと思いながらも読むようになった。
文学作品というのは重いし書かれた背景や内容に秘められた意味性に深みがあ
りやはり読後、出会ってよかったと思わせられるものが多い。今回の「ペスト」も難
解である。「100分de名著」のテキストを何気に読んでいたら、カミュの説く「不条
理の哲学」を作品化したものとある。


IMG_2439_convert_20200514154228.jpg

 「世界の不条理」とは戦争、天災、ペストなどの疫病などなど、その世界の不条
理性に気付いた人間が、人間も不条理であっていいのではないかと、不条理を自
ら実践してしまうことがある。カミュの「異邦人」という別の作品はこの人間の不条
理を描きながらも自殺やニヒリズムに陥る一歩手前でどうにか踏みとどまっている
作品です。そしてその人間の不条理を一歩踏み込んでその不条理をどう乗り越え
て行くのかを群像劇として描いたものが「ペスト」という作品なのです。


IMG_2453_convert_20200514154255.jpg

 ひょっとしたら今一番その「不条理」を実感しているのが教育を受けられない、運
動ができない、自分の描く未来に一歩も進めない状況に陥った子供たちかもしれ
ません。人間はいつかどこかで必ず不条理に遭遇します。それも予期せぬ時に、
若い時に遭遇する不条理が果たして吉と出るか凶と出るか個人差はあるでしょう。
カミュは幼い時に父を第一次世界大戦で失い。母親の実家、祖母の家で暮らします。
貧乏、苦学の末に大学を卒業してジャーナリストになるのです。


IMG_2276_convert_20200514154330.jpg

 この「不条理」という言葉、新型コロナウイルスで普段と異なる生活を強いられてい
る会社員、STAY HOMEで家事から逃れられない主婦、学校へ行けない子供たち、
皆が心の奥底で実感しているのではないでしょうか。
世界は不条理である。日頃気づかないこの不条理を今、強制的に世界中の人に
可視化している。それはある意味、有難いことかもしれない。

IMG_2286_convert_20200514154356.jpg




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
 HOME