FC2ブログ

碧と翠

.29 2018 小物雑貨 comment(0) trackback(0)
DSC_5179_convert_20180706000051.jpg

「碧」・・・・「翠」・・・・・
この二つの漢字がとても好きです。
とてもきれいな「あお」と「みどり」に出会うと
この漢字を使いたくなります。
だから昔この花瓶を見た時、魅せられて
買ってしまいました。こういうふうに窓辺に
置いておくと太陽の光を受けて何とも言えない輝きを
放ちます。

DSC_5181_convert_20180706000123.jpg

先日、鹿児島の美山に行った時に琉球硝子を
見たのですが、やはりこのグラスに一目ぼれ
してしまいました。

大好きな漢字「碧」そして「翠」
どんな色
ほら、こんな色だよ。

DSC_5158_convert_20180706000200.jpg

DSC_5160_convert_20180706110100.jpg

食後、焼酎を入れて呑んでみました。
一緒に大好きな「碧」と「翠」も
呑んでしまいました。

大好きな色を呑む。
とても幸せな気持ちになります。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


スポンサーサイト

沈壽官の急須

.25 2018 小物雑貨 comment(0) trackback(0)
DSC_5217_convert_20180706000237.jpg

沈壽官窯で何を買おうか?迷いました。
いい形の丼がありました。
うーん、これでラーメンをすするのも悪くない。
安っぽい風景が少しは重くなるかもしれない。
などと迷ったりもしたのですが

DSC_5219_convert_20180706000301.jpg

日常使いのものがいいかな、やはり。
思い直して、急須が目にとまりました。
色が黒と褐色、形も様々のなかから
これがいいかなと選んだのがこれです。

実は家に急須はいくつもあるのですが
いつもお茶を入れるときにそれぞれの
欠点が気になります。

それにちゃんと美味しいお茶を入れられるように
ならないと考えて最近温度計を買いました。
そうです。お湯の管理です。
おいしい温度を計測しようと買ったのです。
たかがお茶、そこまでするかって、
逆だと思うんですよね。
一度沸騰させたお湯を冷まして80度くらい
にして茶葉にお湯を注ぎますが、
この80度くらいという勘所が曖昧なのです。
これは時間の無駄と考えて、温度計を
買ってみました。
さあ、どうなりますか。

DSC_5225_convert_20180706000517.jpg

この急須、取っ手が変わっています。
ほら真上から見ると注ぎ口と取っ手の位置が
近いでしょう。これもってみるとわかるのですが
湯呑をおいて湯呑に対して普通向こう側に注ぐ
けれどこの急須だと内側に湯呑を置かないと
注げないのです。それってすごく動作が丁寧な
気がしません。

DSC_5220_convert_20180706000330.jpg

それに店員さんが教えてくれたんですが、
注ぎ口と取っ手が近いのはこういうふうに
蓋をここに乗せるためと教わりました。
なるほど。

それにこれ蓋が広いでしょう。
これだと中が洗いやすいんです。
それともう一つ

DSC_5223_convert_20180706000425.jpg

内側の注ぎ口についているこの小さなステンレスネット。
これの取り外し、取り付け、洗いやすいか。
これが結構重要なんですね。

DSC_5222_convert_20180706000357.jpg

口が広いので外しやすい。ネットの周囲に
シリコンゴムが付いていて密着するように
なっています。

DSC_5224_convert_20180706000447.jpg

それに内部の注ぎ口にはちゃんと細かい穴が
空いています。この中央の穴に差し込んでネットを
留めるようになっていました。
実によく考えられています。

で、能書きはそれくらいにして
美味しいお茶は飲めたんかい?

実はここだけの話、まだなんです。
暑くなってきたでしょう。ついつい冷たい紅茶や
冷たい飲料水を飲んでしまうのです。

誰か
美味しいお茶淹れて




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


大人の積み木

.22 2018 小物雑貨 comment(0) trackback(0)
DSC_5049_convert_20180701064532.jpg

先日、三股町で毎年開催される「つくりびとのカタチ」展の
ことを紹介した。
孫娘用のおままごと積み木を買ったお店「杜の舟」を
紹介したが、実はここで毎年買っている私用の積み木が
ある。いわば、「大人の積み木」である。

DSC_5057_convert_20180701064554.jpg

面白いのはこうしてバラバラの部材をグラム10円とか
グラム20円とかの量り売りをしている。
昨年まではグラム10円だったのが今年はグラム20円
バージョンが増えた。よく見ると立面部分に窓や文字が
刻印されていてより深い味が出てきた。

DSC_5226_convert_20180701064627.jpg

これは数年前に買ったもの。こんなふうに飾ってある。
時々、プランを変更する。それもまた楽しい。

DSC_5231_convert_20180701064648.jpg

これは昨年買ったものを飾らず、仕舞ったままにしておいた。
店主は毎年買うたびに袋にメッセージの漫画を描いてくれる。
昨年までは全てグラム10円だった。

DSC_5234_convert_20180701064710.jpg

今年は、今まで同様グラム10円のものもあるが、初めて
グラム20円が登場した。窓や看板の文字が刻印されている。
どうやって作ったのか聞くと窓や文字の刻印の刃を作って
強く押し付けた様子。多分に手間賃かなと思う出来栄えだ。
今年も袋に漫画を描いてくれた。単価が倍額になったぶん
購入量が減った。これで約2千円。

DSC_5235_convert_20180701064729.jpg

先のものとシャッフルして遊ぶかとも思ったが
とりあえず窓辺の僅かなスペースに昨年と今年の
分を使って、街並みを作った。

DSC_5236_convert_20180701064748.jpg

建物に表情がついた分、積み木も少しだけ大人っぽく
なり、インテリア風になり、雑貨風になった。
その分、子供の世界から少し遠ざかったような気がした。

いつか孫娘がこの積み木を欲しがる日が来るだろう。
その日まで、楽しもう。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


つくりびとのカタチ 展

.16 2018 小物雑貨 comment(0) trackback(0)
DSC_5039_convert_20180626110505.jpg

今年も三股町の「つくりびとのカタチ展」に行ってきました。
毎年気に入ったものを某か買っているのですが、
今年はやはり誕生日の近づいた孫へのプレゼントを
なにげに探してしまいます。

例年、盛況になるようでひとつのブースが小さく区切られ
例年たくさんの家具を並べられていた家具屋さんも
商品数が少なくやりにくそうです。

がまあお客さんにとってはそんなことより沢山の品々を
眺めるのに忙しく、この日も多くの人で賑わっていました。
都会に比べると洒落た雑貨屋さんがあるわけではなく
こうした機会は逃がしたくないですね。

DSC_5053_convert_20180626110814.jpg

DSC_5040_convert_20180626110544.jpg

DSC_5043_convert_20180626110613.jpg

DSC_5047_convert_20180626110720.jpg

昨年初登場で一躍人気があるのがこのわら細工の
お店です。高千穂の業者さんのようですが、多分
農家のじいちゃん、ばあちゃんに発注しているのかな
と思わせる渋い出来です。
お店の名は「わら細工たくぼ」です。
多くの人達がスマホで写真に撮り覗いていましたし、
買う人も多かったようです。でもお値段はそこそこ
します。私も昨年一つ買い、今年もまた一点購入
しました。
なにか?それはまた後日ご紹介しましょう。

DSC_5046_convert_20180626110659.jpg

DSC_5045_convert_20180626110637.jpg

この卵入れいいでしょう。その奥は座椅子だそうです。

DSC_5049_convert_20180626110750.jpg

さて、例年覗いて某か購入しているのがこの「杜の舟」

DSC_5034_convert_20180626110935.jpg

DSC_5033_convert_20180626110908.jpg

DSC_5030_convert_20180626110847.jpg

スマホで写真に撮り、娘にラインで送ります。
「プレゼント何がいい?」「積み木かな、
おままごとセットがいい」

DSC_5036_convert_20180626111000.jpg

昨年はこのスプーンを1本プレゼントしたら
「なーに、これだけ」と言われてしまいました。

DSC_5038_convert_20180626111027.jpg

で結局、今年はこのおままごとセット積み木に
しました。まだ2歳の誕生日には早いのですが
送ってあげると早速、ラインで積み木を気に入って
遊んでいる様子が動画で送られてきました。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


チェアハンモック

.10 2018 小物雑貨 comment(0) trackback(0)
DSC_4358_convert_20180524000859.jpg

先日、水野さん宅を訪問した際、部屋にチェアーハンモックが
ぶら下がっていて、なかなかいい感じです。
親子してぶら下がったり、大人がゆったりと本を読んだり
眠ったりと見ているだけでほっこりします。

購入先を聞いて、調べてみるとお値段は約15,000円
色合いは結構、色んなものがあります。

ムラブリハンモックというのだそうです。

ムラブリハンモックは、タイの少数民族による100%手編みの
ハンモック。

DSC_4371_convert_20180524000927.jpg

何処に吊ろうかと考えた結果、結局自分の部屋が
一番です。ロフトを支える梁の中央には上部に
吊り柱もあり、その梁にブラケットが2基ついていて
読書にももってこいです。
長めのネジ4本を機械で苦労してねじ込んで
早速取り付けて寝っ転がってみます。
縦方向に足が伸ばせるので思っていたより
快適です。

山小屋風の雰囲気が出てなかなかいいのですが
忙しくてなかなかチェアハンモックに寝転がってる
暇がないのが悩みです。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。

 HOME