FC2ブログ

宮日ふるさとリポーター

.23 2018 街づくり comment(0) trackback(0)
DSC_4379_convert_20181206065948.jpg

ブログが随分お留守になってしまった。
言い訳をしておくと
先週土曜日椎葉へ夜神楽を見に行っていました。
これはまた後日紹介しますが、土曜日の夕方5時から
日曜日の朝の10時まで久しぶりに徹夜しました。
日曜日はゆっくり休んで月曜日に帰ってきました。
その後、火曜日、水曜日は今年1月母が亡くなったんで
喪中はがきを大急ぎで作り、今朝郵便ポストに投函しました。
以上 弁解でした。許されたし。

宮日のふるさとリポーターの記事の掲載日が11月23日
だったので14日北方地区の屋治公民館へ取材に行ってきました。

DSC_4352_convert_20181206070456.jpg

DSC_4366_convert_20181206070859.jpg

書いた記事を紹介します。

子供の頃口ずさんだ唱歌を
歌うことで健康維持を目指す
グループがある。この春、串
間市の北方地区屋治公民館で
「笑顔で歌おう」と題した公
民館講座が開講し、全5回実
施された。この講座は今月中
旬終了したが、全員の希望で
来月から自主サークルとして
再出発する。サークルの名前
は「しいの木合唱団」だ。
講座の最終日に公民館を訪
ねた。指導の先生の弾く電子
ピアノ伴奏で「もみじ」「里
の秋」と懐かしい歌が流れ
る。一曲歌うごとに先生から
細かな指摘が出る。歌い直す
たびにうまくなる。小学校の
音楽の授業を見ているよう
だ。生徒は90歳代2人を含む
高齢者20人。「この道」、「五
木の子守歌」「青い山脈」、
「秋桜」と続く。
「ボケるな小唄」は「お座
敷小唄」の替え歌。「友達つ
くらずただ一人なんにもする
ことない人は、グチと文句を
繰り返し、人の2倍もボケま
すよ」。 生徒の一人が「よか
こつが書いちゃるな」とつぶ
やく声に笑いが起こる。「花
は咲く」を歌ってこの日の講
座は終わった。
 世話役の松井多恵子さん
(74)に経緯を聴く。毎週水
曜日朝、近所のお年寄りが集
まっていきいき体操をやって
いる。誤嚥(ごえん)性肺炎
防止のために喉を鍛えたいと
中央公民館に相談、この講座
が実現した。当初は声が出
ず、ひどいものだったが、優
しい指導で楽しく練習でき
た。最近は講座のない日で
も、自分たちだけで習った歌
を歌うことが増えた。
 しいの木合唱団への参加希
望者は松井さん

DSC_6519_convert_20181206065327.jpg




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


スポンサーサイト

写真展

.19 2018 街づくり comment(0) trackback(0)
DSC_6503_convert_20181128234518.jpg

串間市美術展開催時、文化会館小ホール向かいの
ギャラリーで蘇鉄の会の写真展を行いました。
春からこれまで市民病院ギャラリーで継続して展示してきたものの
総決算です。分量がA4サイズの小パネルで284点
展示作業も手馴れたもので4人でテキパキと済ませました。

今回の写真展の趣旨はこの
写真展「失われた刻」に寄せてに述べてあるとおりです。
是非ともご一読ください。

DSC_6482_convert_20181128234556.jpg

その下に昨年掲げた4人の写真を少しアレンジして
今年も掲げました。

DSC_6477_convert_20181128234627.jpg

DSC_6504_convert_20181128234656.jpg

DSC_6499_convert_20181128234724.jpg

でも、まあここにあげた写真は過去のことです。
来年からどういうふうに取り組んでいくか。
各地域の祭りを準備段階から撮影したり、
休校や閉校になる学校行事を撮影してきましたが
結局、撮影対象は「人」だということです。
その人をどういう視点で撮っていくかテーマを
考えたいと思っています。

DSC_6496_convert_20181128234757.jpg

こちらは市美術展

DSC_6480_convert_20181128234822.jpg

これは各賞の表彰式です。

DSC_6497_convert_20181128234848.jpg

DSC_6500_convert_20181128234919.jpg

そしてこちらが市美術展の会場です。
作品の数も見に来る人もちょっとさみしい。
日南からの出展者が多い。
問題はいろいろあります。
もっともっと文化面で元気になって欲しいと
思います。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


朗読ボランティア養成講座

.15 2018 街づくり comment(0) trackback(0)
DSC_6522_convert_20181127071907.jpg

3回目の講習会。今まで以上に参加者が多い。
最初に全員立ち上がって
「あいうえお いうえおあ うえおあい えおあいう おあいうえ あいうえお」
・・・・・・・・・
「がぎぐげご ぎぐげごが ぐげごがぎ げごがぎぐ ごがぎぐげ がぎぐげご」
・・・・・・・・・
「ぱぴぷぺぽ ぴぷぺぽぱ ぷぺぽぱぴ ぺぽぱぴぷ ぽぱぴぷぺ ぱぴぷぺぽ」
・・・・・・・・・
あああーーーーー
ついていけない

講習用のテキストは
1回目が「100万回生きたねこ」
2回目が「葉っぱのフレディ」
そして
3回目が宮沢賢治の「注文の多い料理店」

10行くらいの量を一人づつ順に読まされる。
1つの単語を発する毎に、1行読むごとに
細かい指摘がでる。久しぶりに緊張する授業だ。
次の人に交代する時ほっとため息が出る。
決してけなすだけではない。「はい、よく出来ました」
とお褒めの言葉が救いだ。
教え方が抜群にうまい。大の大人を手玉に取り
授業はてきぱきとしている。

DSC_6521_convert_20181127071840.jpg

3回に渡る「朗読ボランティア養成講座」が終わった。
ちょっと3回だけでは物足りないくらい。
これは正直、理論ではない。体に覚えこませるしかない。
言葉のアクセント、繋がり、強弱・・・・・

最後に先生がおっしゃったのは
「うまく読む必要はない。正しく読むこと。」
「そして過感情にならないように」

いい講習会だった。

DSC_6420_convert_20181127071600.jpg

今月は小学生への読み聞かせが2回あった。
1回目が2年生。2回目が3年生。

DSC_6518_convert_20181127071647.jpg

低学年への読み聞かせは本の選定が難しい。

図書館で1時間位かけて探した本はわだことみ作の
「みずいろのこびん」
主人公の男の子が心の中にみずいろのこびんを
持っていて、学校や家庭で受ける様々なストレスを
いつもそのこびんに詰めることで明るく振舞い続けるが
ある日、そのびんから押さえ込んだ様々な負の感情が
溢れ出るところで終わる。心の中で抱え込んでいる
小さな問題。子供たちにわかっただろうか。
共感してくれただろうか。

朗読よりも本の選定が難しい。

みなさんなら昔小さかった頃の自分にどんな言葉を
かけてやりますか。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


串間市美術展ギャラリー展示準備

.13 2018 街づくり comment(2) trackback(0)
DSC_6413_convert_20181124064121.jpg

数ヶ月前から今年の串間市美術展の開催時に
隣のギャラリーで蘇鉄の会で写真展をやってほしいと
主宰者側から要望があった。
これまでのネタがあるので問題はなかった。
直前の定例時、そのチラシを見てびっくり。
扱いが大きすぎる。

DSC_6414_convert_20181124064203.jpg

アップしてみた。ふーん。
悪い気はしない。
タイトルはナウく行こうと「失われた刻」

DSC_6434_convert_20181124064256.jpg

さて準備の当日のこと
前日予定表を確認したら昼からになっている。
朝のんびりテレビを見ていたら、Tさんが迎えに来た。
「おーい、どうした? 今日は9時からよー」
「えっ」先日の定例のメモ書きを見直すと
朝9時から写真展準備になっている。
しまった。予定表を書き直していなかった。
慌てて、会場へ向かう。

会場へ行くともうパネルは準備されていた。
これから写真を割り付けて貼っていく作業。
この日、一日でやらねばならないが、
何度もやっているので手際がいい。

DSC_6443_convert_20181124064324.jpg

DSC_6459_convert_20181124064349.jpg

DSC_6461_convert_20181124064418.jpg

途中、昼食を挟んで午後も作業を続行
いつのまにか260枚の写真が貼り上がった。

DSC_6464_convert_20181124064445.jpg

DSC_6469_convert_20181124064516.jpg

後は案内板とか、入口のタイトルとか
その他もろもろはKさんにお願いする。

この日が13日火曜日。
17日土曜日から市美展は始まるが
その日は午後から文化会館大ホールで天童よしみの
歌謡ショーがあるというので、我々が展示しているギャラリーは
ショーのための控え室になってオープンできないので
実質は18日日曜日からスタートで
22日木曜日の夕方搬出、片付けというスケジュール。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


ツール・ド・南みやざき

.11 2018 街づくり comment(0) trackback(0)
DSC_3473_convert_20181122134457.jpg

昨年まで、「わくわくサイクリングin串間」と称していた
イベントが今年から名を改め、「ツール・ド・南みやざき」
になりました。随分ハイカラな名前ですが、今の時代
「ツール・ド・○○」にしないとちゃちなイベントと受け取られ
アクセス件数が違うらしいのです。なぜ串間でなく、
南みやざきかというと日南のサイクル団体がたくさん
協力してくれるので、あまり串間、串間と言わず
みんなで仲良くやりましょうという趣旨であるらしい。
なお、隣町、鹿児島県の志布志も同様、協力してもらい、
ここ数年の間に随分充実した大会になった感があります。

DSC_3483_convert_20181122134540.jpg

で、お前は何をしているのか? と問われると
実は3年前から蘇鉄の会のメンバー4人が専属カメラマンで
沿道に散らばり、サイクラーの勇姿を撮っているのです。
この大会のいいところはその写真を後でホームページに
掲載して、参加者は自由にその写真を無償でパソコン上から
頂けるようなシステムになっています。
これの何がすごいか?
自転車で走る人はなかなか走ってる自分の勇姿を撮れないのです。
それが無償で手に入る。嬉しいではないですか。
といっても何百人も走るのだからなかなか写らない?
例えば今回私がスタート時、Cコースをあちこち走り回って
撮った枚数は約900枚です。これの4人分。
すべて載っけます。
ということで撮影班も大変な作業なのです。

DSC_3514_convert_20181122134619.jpg

DSC_3551_convert_20181122134659.jpg

DSC_3567_convert_20181122134748.jpg

DSC_3572_convert_20181122134829.jpg

興味のある方のために今年の概要を少し説明します。

開催日:2018年11月11日(日)開催
※小雨決行
申込期間:2018年7月29日(日) 12:00 ~2018年9月30日(日)
開催場所:宮崎県串間市 串間市陸上競技場(集合場所)

6:30 受付開始
8:30 Aコーススタート
9:00 Bコーススタート
9:30 Cコーススタート
12:00 昼食
14:30 ゴール 各自解散

主催:串間市サイクリング協会

南国宮崎県の最南端、自然豊かな「串間市」を満喫できる3コースをご用意!
今回もおとなり日南市南郷町と志布志市も走る広域コース!
Aコースは上級者向けのガッツリコース。山あり海あり、南郷町を経由して幸島、都井岬をめぐる、串間の大自然を堪能できる90kmです。
Bコースは中級者向けコース。Aコースを一部ショートカットして都井岬を目指します。60km。
Cコースは初心者、子供さんでも安心のゆったりコース。雄大な志布志湾を望みながら、志布志市のダグリ岬を目指します。35km。
各エイド、昼食には串間市、志布志市、南郷町の豊かな自然が生み出した海の幸、山の幸をふんだんに使用したメニューをご用意。当イベントだけの限定メニューも!?
サイクリングに興味はあるんだけど自転車がない...子どもや奥さんといっしょに走りたい...そんな皆さんにも参加してほしいとの思いでレンタル自転車もご用意しております。ぜひご利用ください。
◇A・B(都井岬)コース:250名
◇C(ダグリ岬)コース:100名
※定員になり次第、締め切り

参加費:Aコース 5000円(中学生以下は4500円)
     Bコース 4000円(中学生以下は3500円)
     Cコース 3000円(中学生以下は2500円)

DSC_3584_convert_20181122134943.jpg

DSC_3585_convert_20181122135101.jpg

DSC_3595_convert_20181122135155.jpg

DSC_3628_convert_20181122135246.jpg

8時30分 Aコースがスタートしました。このコースがやはり
一番多い。

DSC_3637_convert_20181122135327.jpg

DSC_3639_convert_20181122135505.jpg

DSC_3663_convert_20181122135548.jpg

9時、Bコースがスタートしました。
AコースとBコースは途中から同じコースを走るので
こちらの市木から都井岬を巡るコースは先頭から
最後尾まで随分長くなります。

DSC_3703_convert_20181122135630.jpg

そして最後は9時半にCコースのスタートです。
昨年も同じコースを撮影したのですが、親子ずれが
いてなかなか和やかな雰囲気です。

さあ、では私も車でスタート。先回りして撮影準備です。

DSC_3732_convert_20181122135713.jpg

DSC_3742_convert_20181122135848.jpg

DSC_3779_convert_20181122135930.jpg

最初の年は走る姿を群として捉え、アングルの面白さなどを
考慮していたんですが、昨年あたりから出来るだけ個人個人の
顔が見えるような撮り方をするようになりました。

DSC_3808_convert_20181122140026.jpg

DSC_3929_convert_20181122140118.jpg

DSC_3938_convert_20181122140200.jpg

DSC_3963_convert_20181122140248.jpg

DSC_3994_convert_20181122140420.jpg

DSC_4009_convert_20181122140541.jpg

DSC_4012_convert_20181122140626.jpg

DSC_4048_convert_20181122140741.jpg

DSC_4066_convert_20181122141140.jpg

3年前までは山の方の観光地赤池を巡るコースが
入っていたんですが、遠方から参加者が増えるにつれ
串間に何を求めるか考えたとき、ひとつの結論は
海岸線の美しさだったといいます。それでどのコースも
海沿いを走るようになったのです。

DSC_4098_convert_20181122141236.jpg

DSC_4155_convert_20181122141330.jpg

急な坂の上で待ち構えるなどは随分悪趣味に思えますが
アングルとしては面白い。喘ぎながら登る姿と後続の重なり
それが面白い。

DSC_4268_convert_20181122141455.jpg

DSC_4344_convert_20181122142155.jpg

ようやくゴールです。でもゴールって意外に寂しい風景なんです。
先頭が到着して最後の人がゴールするまで2時間半ぐらいあります。
ゴールはまったくバラバラなんです。ですからこうしてカメラを向けて
ひとりひとりに「おつかれさま」とか「ゴールおめでとうございます」
とか声を掛ける人が2,3人しかいない。もっと賑やかに迎えて
やれないものか考えますね。最期の印象って大事ですよね。

大阪でこのブログ見てる人、来年参加しませんか。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


 HOME