FC2ブログ

本城地区おひなさま雅まつり準備

.01 2019 街づくり comment(0) trackback(0)
毎年のことではあるが、1月が終わる頃から
様々なイベントが次々にあって、それらに巻き込まれずに
過ごすことがだんだん難しくなってきた。
予定表を覗くと
・1月27日 笠祇古竹地区火道切り草刈り
・2月3日  笠祇古竹地区草原野焼き
・2月14日~17日  生涯学習成果作品展
・2月28日 毎日新聞ペンクラブ総会
・3月2日~3日  本城地区おひなさま雅まつり
こんな具合である。
この間に他にも
・ひなまつり打ち合わせ
・宮日ふるさとリポーター記事掲載
・エッセークラブエッセー作品の作成
・本城ひなまつり新聞折込チラシの作成
・ペンクラブ総会資料作成
・大人の遠足案内
などが続いていてとんでもなく忙しい。

なーに、ブログが書けない言い訳をしているだけのことである。

本城地区のひなまつり実行委員会から準備打合せをするから
来るようにと要請があった。場所は丘の上の実藤別宅
実藤さん宅は行ったことはないが春日集落の中にある。
道楽ですぐ近くにある小高い丘の上に手作りで別宅を建てられた。
外装はアクリの波板で外光が入り明るい。窓は突き上げ窓に
なっていて手動で滑車を使って巻き上げる。あちらこちらに
様々な工夫が凝らされていて楽しい。大きなワンルームの板の間に
大きなテーブルが置いてあり、ひな祭りの時はここに
ひな壇が飾られる。

今回はここで関係者が集まって、とにかく最初は真面目に
会議を行った。昨年は7軒がお雛様を飾り、訪問客を
受け入れた。実行会長の実藤さんによると今年は10周年に
当たるとか。それもあり、本城温泉で日曜日の午前中に
イベントをやるという。
私としてはどうだろうと少し疑問。お雛様を飾り付けた家々を
巡り、各家でご接待を受ける。これが本城地区のおひなさままつりの
いいところなのに、イベント会場に午前中の2時間時間を取られると
肝心の各お雛様を飾った家々を回るのがお留守になってしまう
気がする。というのもこの地区にはそもそも食堂が菊屋1軒しか
ないのだ。皆どうするだろう。昼過ぎには食堂のある串間に
行ってしまいはせぬかと心配になる。

他のイベントとして「大人の遠足」と「串間市ウォーキングクラブ」の
歩いて巡る活動が定着してきた感がある。
「大人の遠足」文字通り弁当持参で一日かけて各家々を回る。
「串間市ウォーキングクラブ」毎月第一日曜日に各地域を歩いていて
今回も昼までで終了である。元々参加者に主婦が多い。
主婦はお昼に旦那を食べさせに帰らねばならないのだそうである。
様々な考え方があっていい。

この祭りの手作り感が私は好きである。先ほどの実藤別宅や竹下宅
などはご主人の手作りの家が素晴らしく、私はいつもお雛様より
そちらを熱心に見てしまう。今江宅の古くなった旧屋を改修した中に
囲炉裏があるのもなかなかいい。
といった具合でその家のご主人の趣味に触れるのも楽しみなのである。

その数日後、チラシに載せる各家の写真を撮りに行った。
実藤さんは改修中の隣の家を見せてくれた。この場所は見晴らしがよく、
本城地区全体が見渡せる。裏にというか南側にある家の南側から
山々に囲まれた春日地区の全体が見渡せる。これもまた絶景である。
こんなとこ、喫茶店かレストランにすれば最高の場所だと思うが
田舎では来る人もない。楽しみは至って個人的である。

久しぶりに筆に任せて文章を綴る。昨日、東京へチラシの原稿をメールで
送って手配は終了した。ほっとした反面、今日はひどく疲れを感じる。
思ったよりストレスがあったようである。ずっと行けなかった床屋に
昨日の夕方行ってきて、今日は志布志の耳鼻科へ花粉症の治療と
薬をもらいに行ってきた。まだまだやらねばならぬことは多いのだが、
私のストレスの発散法はブログと料理とピアノとお酒とお風呂である。

今からお風呂が沸くまでピアノを弾き、風呂に入り、肴を作り、酒を飲んで寝る。
ああ、そう言えば明日、読書会だった。あー、寝る前に本を読まねば。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


スポンサーサイト

古竹火道切り

.28 2019 街づくり comment(0) trackback(0)
DSC_5909_convert_20190131122250.jpg

久しぶりに笠祇古竹地区を訪れた。右折して橋を渡り
狭い道を登っていくと突然目の前に視界が広がる。
冬枯れの水田の奥に枯れ草に覆われた小高い丘が
現れる。背後には深い緑色の山々が囲むようにそびえている。
小高い丘の麓に数台の車が止まり、オレンジ色の帽子を
かぶった中山間盛り上げ隊と思しき人が数名たむろしている。
坂道を登り、杉の木立の間の狭い山道を抜けて大きなカーブを
曲がったところに数軒の家が見える。突き当たりに数台の
軽トラックが並び、既に準備を終えた男たちが焚き火に当たっている。

DSC_5912_convert_20190131122326.jpg

世話役の浜崎さんを見つけ、挨拶をする。指示された
道脇に車を停め、皆に合流する。

古竹地区には、山裾にかつて牧草を得るために管理された草原が
今も残っている。数年前から、ここに通いだした。山裾が草原の
風景というのはありそうでなかなかない。この独特の風景に
魅せられた人は多い。ただこの集落は現在人口訳40名だとか。
この草原の管理はこの人数ではままならないのだ。3年前、この地区の
要として存在した笠祇小学校が休校になった。最後の年、記録に
残そうとここを初めて訪れた。だが年々寂れる一方だ。
毎年、生まれる人はいないのに、数名の方が亡くなられた。

DSC_5916_convert_20190131122355.jpg

DSC_5922_convert_20190131122423.jpg

それでも世話役の浜崎さんは、集落の行事に様々な人たちに
声をかけ続け、なんとか賑わいを絶やさないように努めている。
年が明け、野焼きの声を聞くと春が近いことを知らされる。
野焼きの前に重要で大変な仕事がある。それがこの日の
作業「火道切り」だ。阿蘇の草原ではわち切りという。
野焼きの火が山々の木々に燃え移らないように、先に山の
木々との間を数メートルの幅で緩衝帯を作るのである。
水平な場所なら問題ないが、すごい斜面の連続である。
集落のお年寄りもこのとんでもない斜面を草刈り機を持って
草を刈り、女性や応援の方々は刈った草を脇へ寄せていく。
急な斜面はお尻で滑るようにして下っていく。
昨年、世話役の浜崎さんは草刈中に足を切り数ヶ月入院を
余儀なくされ、結局昨年の野焼きは中止になった。

DSC_5937_convert_20190131122455.jpg

DSC_5946_convert_20190131122526.jpg

DSC_5976_convert_20190131122605.jpg

DSC_5990_convert_20190131122643.jpg

休憩時間、向かいの山々を眺める。管理された見事な
風景だ。この草原、今ではもう牧草地としての役目を
持っていない。野焼きをやめてしまえば数年後には
雑木林になってしまう。今は先人たちが残した風景や
生態系を守るためにこの活動が続いている。
昨年一年野焼きがなかっただけで、草原の竹が
随分伸びた。

DSC_6012_convert_20190131122721.jpg

DSC_6035_convert_20190131122755.jpg

DSC_6061_convert_20190131122826.jpg

DSC_6071_convert_20190131122900.jpg

DSC_6074_convert_20190131122938.jpg

DSC_6101_convert_20190131123019.jpg

DSC_6117_convert_20190131123101.jpg

DSC_6124_convert_20190131123143.jpg

DSC_6139_convert_20190131123219.jpg

DSC_6146_convert_20190131123259.jpg

DSC_6176_convert_20190131123333.jpg

DSC_6196_convert_20190131123418.jpg

DSC_6205_convert_20190131123453.jpg

午前中で作業は終わった。実際には集落の人たちが
事前にやれるところはやっていて、実際の範囲は
もっと広い。

DSC_6207_convert_20190131123530.jpg

DSC_6216_convert_20190131123609.jpg

古竹地区の公民館に集まり、集落の女性たちが
準備してくれた昼食を頂く。漬物が美味しい。
毎年、応援に来てくれる中山間盛上隊が今年
6人来てくれた。一人は事務局の女性、少し話を聞いた。
盛上隊のメンバーは数百人登録されているという。
が常時動けるのは100名位で子供からお年寄りまで
幅が広いのが特徴。メンバーはその日早起きして宮崎から
やってきたという。中に宮崎大学農学部の先生と学生がいた。
先生の話ではここは非常に珍しい貴重な草原であるらしい。
昔はきっと集落の近くにこうした草原がたくさん
存在したのだろう。昨年は「草原サミット」を開き、ここも
注目されたとか。地元の人たちにもっと注目して欲しいと
思うがこの時期、様々なイベントが重なって、声をかけても
なかなか人が集まらないのが悩みだ。

来週が野焼き、春にはこの草原にたくさんの蕨が顔を出す。
地区主催の花見や他のイベントもあり少し賑わってくる。
できるだけ顔を出したいと思う。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


宮日ふるさとリポーター

.23 2018 街づくり comment(0) trackback(0)
DSC_4379_convert_20181206065948.jpg

ブログが随分お留守になってしまった。
言い訳をしておくと
先週土曜日椎葉へ夜神楽を見に行っていました。
これはまた後日紹介しますが、土曜日の夕方5時から
日曜日の朝の10時まで久しぶりに徹夜しました。
日曜日はゆっくり休んで月曜日に帰ってきました。
その後、火曜日、水曜日は今年1月母が亡くなったんで
喪中はがきを大急ぎで作り、今朝郵便ポストに投函しました。
以上 弁解でした。許されたし。

宮日のふるさとリポーターの記事の掲載日が11月23日
だったので14日北方地区の屋治公民館へ取材に行ってきました。

DSC_4352_convert_20181206070456.jpg

DSC_4366_convert_20181206070859.jpg

書いた記事を紹介します。

子供の頃口ずさんだ唱歌を
歌うことで健康維持を目指す
グループがある。この春、串
間市の北方地区屋治公民館で
「笑顔で歌おう」と題した公
民館講座が開講し、全5回実
施された。この講座は今月中
旬終了したが、全員の希望で
来月から自主サークルとして
再出発する。サークルの名前
は「しいの木合唱団」だ。
講座の最終日に公民館を訪
ねた。指導の先生の弾く電子
ピアノ伴奏で「もみじ」「里
の秋」と懐かしい歌が流れ
る。一曲歌うごとに先生から
細かな指摘が出る。歌い直す
たびにうまくなる。小学校の
音楽の授業を見ているよう
だ。生徒は90歳代2人を含む
高齢者20人。「この道」、「五
木の子守歌」「青い山脈」、
「秋桜」と続く。
「ボケるな小唄」は「お座
敷小唄」の替え歌。「友達つ
くらずただ一人なんにもする
ことない人は、グチと文句を
繰り返し、人の2倍もボケま
すよ」。 生徒の一人が「よか
こつが書いちゃるな」とつぶ
やく声に笑いが起こる。「花
は咲く」を歌ってこの日の講
座は終わった。
 世話役の松井多恵子さん
(74)に経緯を聴く。毎週水
曜日朝、近所のお年寄りが集
まっていきいき体操をやって
いる。誤嚥(ごえん)性肺炎
防止のために喉を鍛えたいと
中央公民館に相談、この講座
が実現した。当初は声が出
ず、ひどいものだったが、優
しい指導で楽しく練習でき
た。最近は講座のない日で
も、自分たちだけで習った歌
を歌うことが増えた。
 しいの木合唱団への参加希
望者は松井さん

DSC_6519_convert_20181206065327.jpg




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


写真展

.19 2018 街づくり comment(0) trackback(0)
DSC_6503_convert_20181128234518.jpg

串間市美術展開催時、文化会館小ホール向かいの
ギャラリーで蘇鉄の会の写真展を行いました。
春からこれまで市民病院ギャラリーで継続して展示してきたものの
総決算です。分量がA4サイズの小パネルで284点
展示作業も手馴れたもので4人でテキパキと済ませました。

今回の写真展の趣旨はこの
写真展「失われた刻」に寄せてに述べてあるとおりです。
是非ともご一読ください。

DSC_6482_convert_20181128234556.jpg

その下に昨年掲げた4人の写真を少しアレンジして
今年も掲げました。

DSC_6477_convert_20181128234627.jpg

DSC_6504_convert_20181128234656.jpg

DSC_6499_convert_20181128234724.jpg

でも、まあここにあげた写真は過去のことです。
来年からどういうふうに取り組んでいくか。
各地域の祭りを準備段階から撮影したり、
休校や閉校になる学校行事を撮影してきましたが
結局、撮影対象は「人」だということです。
その人をどういう視点で撮っていくかテーマを
考えたいと思っています。

DSC_6496_convert_20181128234757.jpg

こちらは市美術展

DSC_6480_convert_20181128234822.jpg

これは各賞の表彰式です。

DSC_6497_convert_20181128234848.jpg

DSC_6500_convert_20181128234919.jpg

そしてこちらが市美術展の会場です。
作品の数も見に来る人もちょっとさみしい。
日南からの出展者が多い。
問題はいろいろあります。
もっともっと文化面で元気になって欲しいと
思います。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


朗読ボランティア養成講座

.15 2018 街づくり comment(0) trackback(0)
DSC_6522_convert_20181127071907.jpg

3回目の講習会。今まで以上に参加者が多い。
最初に全員立ち上がって
「あいうえお いうえおあ うえおあい えおあいう おあいうえ あいうえお」
・・・・・・・・・
「がぎぐげご ぎぐげごが ぐげごがぎ げごがぎぐ ごがぎぐげ がぎぐげご」
・・・・・・・・・
「ぱぴぷぺぽ ぴぷぺぽぱ ぷぺぽぱぴ ぺぽぱぴぷ ぽぱぴぷぺ ぱぴぷぺぽ」
・・・・・・・・・
あああーーーーー
ついていけない

講習用のテキストは
1回目が「100万回生きたねこ」
2回目が「葉っぱのフレディ」
そして
3回目が宮沢賢治の「注文の多い料理店」

10行くらいの量を一人づつ順に読まされる。
1つの単語を発する毎に、1行読むごとに
細かい指摘がでる。久しぶりに緊張する授業だ。
次の人に交代する時ほっとため息が出る。
決してけなすだけではない。「はい、よく出来ました」
とお褒めの言葉が救いだ。
教え方が抜群にうまい。大の大人を手玉に取り
授業はてきぱきとしている。

DSC_6521_convert_20181127071840.jpg

3回に渡る「朗読ボランティア養成講座」が終わった。
ちょっと3回だけでは物足りないくらい。
これは正直、理論ではない。体に覚えこませるしかない。
言葉のアクセント、繋がり、強弱・・・・・

最後に先生がおっしゃったのは
「うまく読む必要はない。正しく読むこと。」
「そして過感情にならないように」

いい講習会だった。

DSC_6420_convert_20181127071600.jpg

今月は小学生への読み聞かせが2回あった。
1回目が2年生。2回目が3年生。

DSC_6518_convert_20181127071647.jpg

低学年への読み聞かせは本の選定が難しい。

図書館で1時間位かけて探した本はわだことみ作の
「みずいろのこびん」
主人公の男の子が心の中にみずいろのこびんを
持っていて、学校や家庭で受ける様々なストレスを
いつもそのこびんに詰めることで明るく振舞い続けるが
ある日、そのびんから押さえ込んだ様々な負の感情が
溢れ出るところで終わる。心の中で抱え込んでいる
小さな問題。子供たちにわかっただろうか。
共感してくれただろうか。

朗読よりも本の選定が難しい。

みなさんなら昔小さかった頃の自分にどんな言葉を
かけてやりますか。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


 HOME