畑のめぐみ

.23 2016 やさい畑 comment(0) trackback(0)
DSCN3984_convert_20160530032023.jpg
DSCN3989_convert_20160530032142.jpg
DSCN4004_convert_20160530032358.jpg

この時期、庭や畑のいたるところからドクダミが花を咲かせます。
春先に雑草を抜いていて気付いたのですがドクダミは地下茎で
増えていくんですね。どうりで大量発生するわけです。
しかしこの時期を境に他の雑草に負けて徐々に姿を消していきます。
毎年この繰り返しです。

庭や畑に数本ある山椒の実がなりました。
今年は月曜日に谷山さんがやってきて摘んで行きました。
ジャコに入れてなにやら作ったら送るからと帰って行きました。
楽しみです。

今年も梅がなりました。昨年のブログを見ると
ちょうど今頃、摘んでいました。
そうか、摘むかとも思いましたが
先にやらなければならないことが二つほど有り
その後と思っていたら今度は長雨です。
今度、晴れたら梅ちぎりです。


DSCN3990_convert_20160530032217.jpg
DSCN3991_convert_20160530032251.jpg
DSCN3997_convert_20160530032329.jpg

畑の作物が順調です。
最初に実をつけたのはピーマン。1個だけ急に大きくなり
「ハイ、これが今年のサンプルです。」と言ってるようです。
トマトはたくさん実をつけていますがまだまだ
色付きません。
きゅうりが2本、これまたサンプルのように先に大きくなったので
早速、頂きました。去年は今頃植えたので我が家の今年の作物は
ひと月程早いのです。きゅうりは今年の試みとして2本を1か月遅れで
追加植えしてみました。きゅうりは毎年、大量に実をつけて
あっという間に枯れてしまいます。今年は少し長く味わえるのではと
期待しています。


DSCN3995_convert_20160530033733.jpg
DSCN4007_convert_20160530032426.jpg
DSCN4011_convert_20160530032453.jpg

ラビットスイカのツルが伸びてきました。農業をやってる
崎田のYさんに電話して「稲わらはねーかな?」と電話すると
「今頃はとっちょかん」とつれない返事。「知り合いがおーから
あったらもっちくわ」。で翌日には「おーい、もっきたどー」と
軽トラで持ってきてくれました。

早速、スイカのツルの下に敷きます。少しずつ足してやろうと
思います。かぼちゃの方はもうこれは健康優良児のようです。
ほっといてくれとばかりにどんどん成長していきます。


DSCN4019_convert_20160530032523.jpg

JAで祭りをやっていてこの時期マンゴーの販売があるので
娘たちに送ってやろうと行ってみることにしました。


DSCN4014_convert_20160530032651.jpg
DSCN4016_convert_20160530032719.jpg
DSCN4017_convert_20160530032745.jpg

農機具が展示されています。
「ヒヤー、格好いい」
エアコン付き、この後ろの車輪の大きさたるや
しびれますね。
値段を見てびっくり「えっ!!! 800万円」
マークを見るとベンツやBMWではありません。
じゃーこのスポーツカータイプは?
250万円~300万円
普通の乗用車並みです。
春と秋の期間限定ですから単価的には
もっと高くついていますね。
これで日常道路を走り回りたいぐらいですね。
いやー話には聞いていたがこんなにすごいんだ。
こんなん買ったら車代を払うために農業している
ようなもんですね。


DSCN4026_convert_20160530032810.jpg

植木屋さんが出店していて安かったもんで
また2本買ってしまいました。
ヤマボウシとウツギ
我が家の「雑木の庭プロジェクト」は着々と進行しています。
先日、谷山さんが我が家を見てびっくり、
「お前、ジャングルの中に住んどったんやな」
「イヤ、私には立派に庭に見えるんですけど・・・」




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログを見ていただいてありがとうございます。
上記ブログランキングに参加しています。



スポンサーサイト

夏野菜を植える

.15 2016 やさい畑 comment(0) trackback(0)
DSCN2590_convert_20160422100058.jpg

この4月から新たに毎日ペングループ「はがき随筆」の「ひこばえ」の
会員になることにした。私にとって初の出品である。
油津のレストラン「とむら」に集まって昼食を摂ったあと
各会員の書いてきた250字の小随筆を読み合わせして
批評していく。最後に毎日新聞の宮崎支局長から最終のチェックが
入る。日常の出来事を250字にまとめるのは結構難しい。
会員は皆、達者である。

これはスケッチに似ている。日々のさりげない日常の中に
ささやかな喜びや悲しみ、おかしみ、あるいは美しさ
そんなものをさりげなく表現する。作者の人柄や生活が
見えてくる。


DSCN2593_convert_20160422100127.jpg
DSCN2597_convert_20160422100158.jpg

久しぶりに日南に出たので本屋に立ち寄り
レンタルCDを5枚借りた。
①パッヘルベルのカノン・バロック名曲集
②JAZZ PIANO GIANTS(ビル・エバンス、
  オスカーピーターソン、セロニアス・モンク)
③THE LAST ,THE BEST スガ・シカオ
④Butterflies BUMP OF CHIKEN
⑤YELLOW DANCER 星野源
とまあ、いろとりどりである。
BUMPは歌詞がなかなかいい。
ジャズピアノは一緒に買ったコミック「BLUE GIANT」
5、6巻を読みながら聞くと最高にいい。

例年この時期に日南で植木市をやっている。
立ち寄ることにした。
規模の大きいのは都城や宮崎まで行く必要があるのだが
運ぶことを考えると身近の規模の小さいものでも十分である。
毎年、買っているのだが、今年は
もみじ、ツツジ、日向夏みかんの木を買った。


DSCN2826_convert_20160422100245.jpg

物干し場の辺りを雑草を抜いて整理した。
そこに買ってきたヤマツツジを植えた。
日陰がいいというので、ここなら桜の木に
覆われて直射日光を少し避けられる。
最近、植え込み風ではなく、下枝を払い
上方を茂らせる雑木風のツツジになることを
目指している。


DSCN2827_convert_20160422100311.jpg

前から欲しかった日向夏みかんをついに植えました。
楽しみです。だけど過去に買った2本の柑橘系は
どちらも実がなりません。大きく育てて実がなるようにするには
むつかしいですね。


DSCN2834_convert_20160422100341.jpg

以前あったもみじが枯れてしまいました。
今は枯れたまま立っていて隣のフジの
つるが巻きついて不思議な景観になっています。
そう枯れたモミジがフジの木のように見えます。
そう思って切らずに置いてあります。


DSCN2835_convert_20160422100411.jpg

土曜日夕方から雨で日曜日から三日間旅に出るので
それまでになんとかして夏野菜を植えたいと
他のことを犠牲にして頑張って畑仕事と落ち葉や
枯れ木の焼却を行いました。
その結果、なんとか金曜日中にマルチングまでやってしまいました。


DSCN2828_convert_20160422100438.jpg

土曜日、夏野菜の苗を買ってきました。内訳は
①ピーマン 5本
②ナス 4本
③ししとう 3本
④ミニトマト 6本
⑤きゅうり 3本
⑥ラビットスイカ 2本
⑦メロン 1本
⑧かぼちゃ 1本


DSCN2838_convert_20160422100506.jpg

やっと植え終わりました。
旅から帰ったら支柱をつけようと思っていたら
その夜の激しい雨風でトマトが1本折れていました。

植えているとき、隣のおばちゃんがやってきて
「あんた、こんたきゅりじゃねーどかぼちゃやが」
えっ、気にはなっていたんですよね。そういえば
葉が少し丸っこいなと思っていたんだよな。

暫くしておばちゃん、ピーマンの苗を2本持ってきて
「こんた、丸っこいちゃが。植ちみやい」
急遽、2箇所穴を開け2本ピーマンを増やしました。
きゅうりのために2箇所予備の穴が開けてあります。
それは時期をずらして遅植えしようと思っています。


DSCN2840_convert_20160422100559.jpg

すっかり新緑に包まれた庭に夏野菜の畑が完成。
今月末には垣根の刈り込みをせねばと思っています。

季節と折り合いながら日々の暮らしを大切に生きていく。
そうありたいものです。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログを見ていただいてありがとうございます。
上記ブログランキングに参加しています。




雨の随に

.17 2015 やさい畑 comment(0) trackback(0)
DSCN7254_convert_20150620120449.jpg
DSCN7259_convert_20150620120513.jpg

週の前半、随分雨が降った。この間南九州に降った雨は相当な量になる。ニュースでは
山間部に蓄えられた水の量はほとんど飽和状態でこれ以上降れば崖崩れや土石流が
頻発するだろうと嫌なニュースが流れたあと、次第に小ぶりになり、やがて雨が上がった。
土の上の平屋の住宅に住んでいると雨音に敏感になる。ドドドド・・・・っと屋根や地面を
叩く雨音が心地よく感じる時もあれば、不気味に感じる時もある。私の家は高台にあるので
あまり心配はしていないがそれでも前の道路が川のようになることがある。
晴れた日に雨樋の掃除をせねばと思いつつしばらく怠っている。多分、南側の真ん中あたりで
桜の花びらやがく、火山灰などが溜まっていて家の中央部であふれるようにこぼれた雨水が
ベランダの屋根を勢いよく落ちてくる。
最近は外に出るときブーツをよく履く。長靴替わりである。


DSCN7266_convert_20150620120536.jpg
DSCN7268_convert_20150620120600.jpg

雨が小止みになった合間を縫ってよく畑を見回る。きゅうりの成長の早さにはいつも驚かされる。
そのきゅうりが実を付けだした。
今年は昨年より本数を増やした分、最盛期はたくさんの実をつけるだろう。
ミニトマトも実が大きくなってきた。こちらはまめに脇芽摘みをやっておかないと樹形が大変なことになる。
ミニトマトは3種類2本ずつ植えたのだが樹種によって個性が異なり、実をつける時期も異なる。
今年は中玉を2本、追加で植えたが未だ実にならない。


DSCN7284_convert_20150620120625.jpg
DSCN7298_convert_20150620120653.jpg

小鳥もそうだが昆虫も雨の日は大変だろうと思う。人間のように寝て暮らせば飢えてしまう。
雨の最中、庭の木々でウグイスがよく啼いている。雨が小止みになると花の間を蝶が舞っている。
ある時、ミニトマトの葉が虫食い状になっているのに気付いた。
小さな虫を見つけて、葉ごと摘んで遠くに投げた。そのあと葉影に大きな幼虫を見つけた。
うーん、これはきっと綺麗な蝶になるに違いない。が葉をこれ以上食われるわけにはいかない。
葉ごと摘んでこれも仕方ない庭の端にポイした。
他の葉っぱを食ってくれればいいのだ。


DSCN7295_convert_20150620120719.jpg
DSCN7296_convert_20150620120805.jpg

我が家の庭には、青じそが自生している。雑草の間から次々に顔を出す。味噌汁だとか
そうめんだとか作っている時、「あっ」っと思い出せば庭に走り青じその葉を2、3枚摘んでくる。
ありがたや。




宮崎県 ブログランキングへ

写真日記 ブログランキングへ

いつもブログを見ていただいてありがとうございます。
上記2つのブログランキングに参加しています。




畑仕事

.18 2015 やさい畑 comment(0) trackback(0)
DSCN6250_convert_20150521060710.jpg

数日天気が続いたと思ったら雨がまた数日続く。そんな日々を縫って庭に溜まった伐採した木々や枯葉を燃やして、その量を減らしながら、一方で気になる畑を耕したりしている。久しぶりに、石灰と腐葉土と油粕に有機肥料を買ってきて、とりあえずは石灰を撒いたところで翌日また雨となった。

串間で新しい友人たちと話をする中で気づいたのは、ほとんどがフェースブックをやっている事だ。だが串間という中でフェースブックをやっているその人本人をほとんどが知っている状況で使っているものだから、これはこの世界に入り込むとえらいことになるな。そんな気がして、未だにフェースブックとスマホは敬遠している。
実はこうしてのんびり畑仕事のブログを書いているが、昨夜は7時から矢後氏(総務省から串間市へ派遣された特命部長)の「地方創世」に関する講演会があった。70名近くが集まり、熱い議論があったそのあと数人残り、今度は6月3日に藻谷浩介氏(里山資本主義の作者)を招聘した市木の移住者N君を囲んでその講演会の段取りを10時近くまで話し合った。
とまあ、ブログに書かない世界は毎日、生臭いのである。

家に帰り一人になると自分のペースを取り戻す。そんな風にして様々なことに首を突っ込みながらもそれらに流されないように自分のペースをなんとか保持しながら生きている。


DSCN6244_convert_20150521060742.jpg

この奇妙な生物、なんだかわかりますか。そうです。これが「オケラ」です。
「手のひらをたいように」という歌の中に

ぼくらはみんな 生きている
生きているから 歌うんだ
ぼくらはみんな 生きている
生きているから かなしいんだ
手のひらを太陽に すかしてみれば
まっかに流れる ぼくの血潮(ちしお)
ミミズだって オケラだって
アメンボだって
みんな みんな生きているんだ
友だちなんだ

といった具合に歌われています。これアンパンマンの作者、やなせたかしさんの作詞です。
本当に私の畑にはミミズがたくさんいます。土が健康なんですかね。たまにはオケラがこうして顔を出します。おーこれは是非みんなに紹介せねばと写真に撮ろうとしたのですがこれがむつかしい。一時もじっとしていないんです。10枚ぐらい撮って使えるのはこの1枚ぐらいでした。


DSCN6249_convert_20150521060814.jpg

いつのまにか萩が花をつけていました。こんな時期から咲くんだ。

DSCN6257_convert_20150521060844.jpg

庭一面にどくだみが花をつけました。花は可愛いんですが、匂いがきついんですよね。どくだみは他の季節は姿を隠していてもこの時期にはきっちり顔を出して花を咲かせます。不思議な植物です。

DSCN6272_convert_20150521060909.jpg
DSCN6273_convert_20150521060938.jpg
DSCN6274_convert_20150521061006.jpg

畑の隅の紫陽花が花をつけていました。どんな紫陽花も微妙な花びらの色合いが本当に綺麗です。

DSCN6277_convert_20150521061033.jpg

山椒の実がつきました。もう少ししたら摘んで漬けようと思っています。そばによると参照独特の匂いが香ります。毎年のことだけれどこうした花々や木々が私に季節の移ろいを教えてくれます。気がつけばもう5月も後半です。少し世事が忙しくなります。



宮崎県 ブログランキングへ

写真日記 ブログランキングへ

いつもブログを見ていただいてありがとうございます。
上記2つのブログランキングに参加しています。



串間にて

.30 2014 やさい畑 comment(0) trackback(0)
DSCN1945_convert_20140801103629.jpg
DSCN1947_convert_20140801103654.jpg
DSCN1949_convert_20140801103731.jpg
29日に飛行機で串間へ帰ってきました。忙しい毎日でしたが帰りの遅い娘のために夕食を作ったり、洗濯をしたり食器を洗ったりと真面目に家事もやりました。けっこう体に染み付いてきたようです。

29日に帰ってきたのはその日の夜、母のお世話になっているグループホームの家族懇談会があり、それに出席するためでした。母は1週間留守をしていた間、かなり症状が改善していました。自力で立ち上がるようになり、車椅子への乗り降りやトイレの所作が随分自分でできるようになり最初介護者が二人掛りだったのが今では独りで余裕をもって対処できるようになったとのこと。それに顔の表情がかつてのように明るくなっていました。家族懇談会での施設側からのテーマは「重度化」つまりグループホームでの対応は入居者の症状が重度化すると食事、風呂、医療行為に出来る範囲、できない範囲があり、それによっては施設を変わらざるを得ない場合があることの説明でした。そして、それらを踏まえたうえで決して最期の見取りを拒否するものではありませんとの施設側の覚悟のようなものも聞かせてもらいました。
毎日のように顔を出していると周りのおばあちゃんたちも私に椅子を持ってきてくれたり、食べているスイカのおすそわけをくれたりとけっこう顔見知りになってきます。だけど年を重ねるにつれ症状が重度化することはまぬがれません。このおばあちゃんたちに近いうちに起こることはやがて私にも起こることなのです。

DSCN1950_convert_20140801103849.jpg
DSCN1952_convert_20140801103913.jpg
草ぼうぼうの畑に入り、久しぶりの収穫をします。たくさんの実がなっておりました。明日からせっせとこれらを調理して食さねばなりません。さてどうやって食べようか。

おや、やややや。草むらの中をかき分けるとなんと20センチ位に成長したスイカがなっているではありませんか。他にはないかと探してみると3個ありました。もっとあると思いますが。いやー嬉しいですね。なんとか熟れるとこまで育てたいですね。



宮崎県 ブログランキングへ

 HOME