夏野菜を植える

.13 2018 やさい畑 comment(0) trackback(0)
DSC_4042_convert_20180427170930.jpg

雨が降る前に畑に夏野菜を植えようと朝から畑に出る。
何を何本買うかを考えねばならないし、昨年と同じ場所に
植えるのを避けねばならない。
がまずはマルチングへの穴あけである。ピッチを
考える。ナスは60センチとあるから60センチで割り付けると
端に遊びが出る。両サイドを50センチにしたら
1本の畝で7個の穴ができる。合計28箇所の穴が
開けられる。
まずは穴を開ける。配置と何を植えるかを考える。
その結果
きゅうり4本
ミニトマト8本
ナス5本
シシトウ2本
ピーマン7本
オクラ2本
と決定した。いつものお店に買い出しに行った。
休日の翌日だったので品切れ状態。
2軒ほど回ってなんとか揃えた。
ついでに大好きなギボウシとメダカのための浮草を買った。

DSC_4043_convert_20180427170950.jpg

まあ、こんなもんです。
たったこれだけで一夏楽しめるのだから
安いもんだ。まあ、ここまでが大変で
あとは少しずつ支柱やネットや脇芽摘みやと
いろいろあるがまあそれも楽しみの一つ。

DSC_4048_convert_20180427171013.jpg

少し雨がポツポツしてきた。急がねば。

DSC_4050_convert_20180427171035.jpg

作業終了。今年もなんとか植え付けが
連休前に完了。よしよし。

後は垣根摘みと木々の伐採。
うーん、これも重労働だ。

DSC_4045_convert_20180427171149.jpg

これがメダカのための浮草です。
なんでそう言うのかって?
だってそう書いて売ってたんですもの。

メダカのための市場が存在することが
不思議です。どこかの会社が一生懸命
メダカのエサやメダカの浮草やメダカの水槽に
入れる小石をせっせと梱包している姿を考えると
なんか不思議ですね。

DSC_4060_convert_20180427171055.jpg

ベランダの前の庭はこんな具合に桜の木に
緑の葉がついてきて下は鬱蒼とした森の中
といった感じになってきました。

DSC_4052_convert_20180427171123.jpg

畑に向かう小道も雑草が茂ってきたので
草むしりをして小道を整備しました。
しかしどう見ても街中とは思えません。

今年は酔龍亭の環境整備をもっと頑張って
「心地よい空間」を内外に造っていきたいと
思っています。だって旅に出て気づいてしまったんです。
自分の家が一番だって。
だから家をもう少し楽しむことにしました。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


スポンサーサイト

畑仕事

.10 2018 やさい畑 comment(0) trackback(0)
DSC_3741_convert_20180425114419.jpg

今年は春の到来が早くて戸惑ってしまいます。
昔の農民にとって、様々な農事を開始する時期を
いつにするかは非常に重要なことであったといいます。
そういうことを今年は身を持って実感するのです。
実際、桜の開花が昨年に比べて2週間ほど早かった
わけですが、昨年の桜の開花自身がその前の年に
比べると一週間ほど遅かったわけです。そういうふうに
考えていくと「昨年はいつごろ夏野菜を植えた」ということが
あまり参考にならなくなってきます。
私の記憶ではいつもは5月に植えていたのに昨年は
4月末に植えたと記憶しています。

まあしかし、そうでなくても今年は暖かくなるのが早く
いっときも早く畑を耕さねばと焦ります。

DSC_3744_convert_20180425114437.jpg

ある日、意を決して畑のマルチの黒ビニルをめくり、
鍬をいれ、雑草の根っこを取り除いていきます。
日にちをかけ何度も耕します。
椎葉に釣りに行き数日家を空けるので、
その前に耕し終えて、苦土石灰を撒いておきます。
帰ってきたら、肥料を撒きます。
今年は有機肥料を使おうと思っています。

DSC_3761_convert_20180425114458.jpg

それに畝を昨年と縦横変えます。

肥料を撒き終え、畝を作り始めたら
隣のカンタ君(幼稚園の年長さん)が
隣地境界の椿の茂る中の藪を抜けて
やってきて手伝ってくれます。
彼はとってもおしゃまさんで、大人と
対等の口を聞きます。おとなりさんは
天理教の教会で信者さんが多く出入りされるので
自然大人との会話に慣れているんでしょう。

DSC_4013_convert_20180425114534.jpg

そうして最後にマルチングです。今年は幅650mmの
線入りの黒ビニルを買ってきました。これを見て
カンタくん、「あのね、穴の空いたのもあるんだよ」
「へえ、おじさん知らなかった」

DSC_4017_convert_20180425114553.jpg

マルチを敷き込むのは一人では難しい。
そこで友達にお手伝いをお願いしました。
いつものことですが私のは畝が高すぎて
マルチの足元が裾あきになりがちで
土を被せるのに一苦労です。
でもなんとか完成。

さあ、あとは夏野菜の苗を買ってきて植えるだけだ。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


椎茸

.28 2017 やさい畑 comment(0) trackback(0)
DSC_2045_convert_20171204230526.jpg

10月に入り、何度か椎茸がなば木から出てきて
数回収穫したら、もう出てこなくなった。
寒い日が続き、少しまた暖かくなってきたと
思った雨の日の翌朝、ご覧のようにあちこちから
一斉に椎茸が湧き出してきた。
よほど気温と湿度の具合がよかったとみえるのだが
私自身はそれをコントロールする術を持っていない。
だから自然のいたずらぐらいに思うしかないのである。
なば木から少しだけ顔を出した椎茸はそれでも
翌日から晴天が続いたりするとそのまま立ち枯れに
なってしまう。こうなってはまずいと数日、夕方
ジョウロで水を振っておいた。おかげでご覧のように
なんとか成長しているうちに再び恵みの雨である。
雨の日はあまり嬉しくない。特に寒い日の雨は
憂鬱ではあるが、一方でこうして椎茸を育ててくれる。
何もない日にそういうささやかな事柄が愛おしくもある。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



畑仕事

.27 2017 やさい畑 comment(0) trackback(0)
DSC_0255_convert_20170501071750.jpg

ずっと気になっていた畑についに手を入れました。
まずは鍬をいれて、畑の雑草を取り除きます。
つる草の根が蔓延っていて、この除去が大変です。
とりあえずは粒状の苦土石灰を雨の前に撒いておきました。

ところがそこから悪天候続きで、なかなか進みません。

DSC_0819_convert_20170501071911.jpg

それでも桜の花が散って、若葉が芽吹いてくる頃、
もう一度鍬をいれ、畝作りをして肥料を撒きました。

DSC_0895_convert_20170501072252.jpg

そしてその畝にマルチングをしていきます。
今年は定規がわりに物干し竿を使いました。
そのおかげで畝がきれいに並びました。

DSC_0894_convert_20170501072008.jpg

ここまでくれば一安心。苗を買いに行く前に
どこになにを植えるかを考えます。
昨年と同じ場所に同じ品種を植えることを
回避したいからちょっと考えねばなりません。
そうそう、畝の方向も昨年と直交方向にして
います。

さて、今年は
ミニトマト10本、ピーマン6本、茄子4本
シシトウ4本、きゅうり4本(2本時期をずらして追加予定)
去年よりは少ないけれど、まあこんなもんです。

DSC_0896_convert_20170501072318.jpg

DSC_0899_convert_20170501072346.jpg

DSC_0902_convert_20170501072427.jpg

DSC_0901_convert_20170501072503.jpg

夏野菜は効率が良い。100円ほどの苗1本から
沢山の作物ができる。
今年も沢山の収穫があれば良いなと思っています。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



畑のめぐみ

.23 2016 やさい畑 comment(0) trackback(0)
DSCN3984_convert_20160530032023.jpg
DSCN3989_convert_20160530032142.jpg
DSCN4004_convert_20160530032358.jpg

この時期、庭や畑のいたるところからドクダミが花を咲かせます。
春先に雑草を抜いていて気付いたのですがドクダミは地下茎で
増えていくんですね。どうりで大量発生するわけです。
しかしこの時期を境に他の雑草に負けて徐々に姿を消していきます。
毎年この繰り返しです。

庭や畑に数本ある山椒の実がなりました。
今年は月曜日に谷山さんがやってきて摘んで行きました。
ジャコに入れてなにやら作ったら送るからと帰って行きました。
楽しみです。

今年も梅がなりました。昨年のブログを見ると
ちょうど今頃、摘んでいました。
そうか、摘むかとも思いましたが
先にやらなければならないことが二つほど有り
その後と思っていたら今度は長雨です。
今度、晴れたら梅ちぎりです。


DSCN3990_convert_20160530032217.jpg
DSCN3991_convert_20160530032251.jpg
DSCN3997_convert_20160530032329.jpg

畑の作物が順調です。
最初に実をつけたのはピーマン。1個だけ急に大きくなり
「ハイ、これが今年のサンプルです。」と言ってるようです。
トマトはたくさん実をつけていますがまだまだ
色付きません。
きゅうりが2本、これまたサンプルのように先に大きくなったので
早速、頂きました。去年は今頃植えたので我が家の今年の作物は
ひと月程早いのです。きゅうりは今年の試みとして2本を1か月遅れで
追加植えしてみました。きゅうりは毎年、大量に実をつけて
あっという間に枯れてしまいます。今年は少し長く味わえるのではと
期待しています。


DSCN3995_convert_20160530033733.jpg
DSCN4007_convert_20160530032426.jpg
DSCN4011_convert_20160530032453.jpg

ラビットスイカのツルが伸びてきました。農業をやってる
崎田のYさんに電話して「稲わらはねーかな?」と電話すると
「今頃はとっちょかん」とつれない返事。「知り合いがおーから
あったらもっちくわ」。で翌日には「おーい、もっきたどー」と
軽トラで持ってきてくれました。

早速、スイカのツルの下に敷きます。少しずつ足してやろうと
思います。かぼちゃの方はもうこれは健康優良児のようです。
ほっといてくれとばかりにどんどん成長していきます。


DSCN4019_convert_20160530032523.jpg

JAで祭りをやっていてこの時期マンゴーの販売があるので
娘たちに送ってやろうと行ってみることにしました。


DSCN4014_convert_20160530032651.jpg
DSCN4016_convert_20160530032719.jpg
DSCN4017_convert_20160530032745.jpg

農機具が展示されています。
「ヒヤー、格好いい」
エアコン付き、この後ろの車輪の大きさたるや
しびれますね。
値段を見てびっくり「えっ!!! 800万円」
マークを見るとベンツやBMWではありません。
じゃーこのスポーツカータイプは?
250万円~300万円
普通の乗用車並みです。
春と秋の期間限定ですから単価的には
もっと高くついていますね。
これで日常道路を走り回りたいぐらいですね。
いやー話には聞いていたがこんなにすごいんだ。
こんなん買ったら車代を払うために農業している
ようなもんですね。


DSCN4026_convert_20160530032810.jpg

植木屋さんが出店していて安かったもんで
また2本買ってしまいました。
ヤマボウシとウツギ
我が家の「雑木の庭プロジェクト」は着々と進行しています。
先日、谷山さんが我が家を見てびっくり、
「お前、ジャングルの中に住んどったんやな」
「イヤ、私には立派に庭に見えるんですけど・・・」




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログを見ていただいてありがとうございます。
上記ブログランキングに参加しています。



 HOME