FC2ブログ

日向学院同窓新年会

.12 2020 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_1014_convert_20200120160804.jpg

昨年暮れに宮崎市のH君から年明け早々に高校時代の
同窓会をしようと連絡をもらった。同学年で約30名近く
集まるという。行ってみることにした。最近は呑まずに
日帰りである。行く気になったのは、映画「スターウォーズ
スカイウォーカーの夜明け」をついでに見たいと思ったからだ。
(映画の話はまた後日)

私のお世話になった日向学院はミッションスクールで
場所は宮崎駅の東側にあり、中学校から高校まである。
私が在籍していたころは短大まであった。当時は男子校だったが
現在は共学である。当時、中学校は2クラス。厳密に成績で
クラス分けされていた。高校時代は5クラスあり、こちらも
成績でクラス分けされていた。特別クラスというのが2クラスあり、
1クラスは中学からの持ち上がり、もう1クラスは県内の他中学
からの受験生。残り3クラスが一般クラス。3年になると
特別クラスは国立理系と国立文系に分かれ、一般クラスは
私大受験クラスという区分になっていた。

だが現実はそんなクラス分けに関係なく、地方の国立
東京の私立が圧倒的に多かったのではなかろうか。
私は熊本に6年いたし、会社も大阪だった。
だから同窓会に出ても案外大学時代の繋がりも会社時代の
繋がりもないのである。

それだけだろうかと時々考える。
過去は卒業とともに切り捨て、次のステップに上がっていく
そういう考えの人生だったのではないかと。
そしてそういう人生を60歳で下りた。
遅まきながら、椎葉へ行き、小学校時代の友人に出会う。
更にこうして中学、高校時代の友人たちに出会う。
不思議な気がする。友人たちのかつてやんちゃだった面影を
見るとあの頃の「おとなしく、まじめ」だったねと言われる
自分に戻っている。卒業から50年ぶりに出会う友人と
会話しながら50年前の思い出を急遽引き寄せてみるのだが
霧の中に断片しか映らない。会話の中に嘗て親しかった友人の
その後のことを聞けば懐かしくもある。会いたい友人もいるが、
何を話せばいいのだろう。50年の歳月の重み、それぞれが
家族を持ち、仕事にいそしみ、異なる人生を歩いてきて、
再びこうして50年の歳月の後に再度人生がクロスする。


DSC_1011_convert_20200120160719.jpg

人生の前半は学校で、そこにある生活しか見えない。
社会に出るとそれぞれが職種や役職や家族やそういったもので
自分というものを位置づける。だが、そういったものを通り越して
しまうと今我々は自分を他人にどう紹介するのだろう。
過去の総体で自分を語るが今はなかなか表現しにくい。
私の場合は結局、こうやって断片を綴るしかないのである。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
スポンサーサイト



正月三が日

.03 2020 日記 comment(0) trackback(0)
IMG_0203_convert_20200107185013.jpg

元旦はずっと家にいて、お節料理を食す。

2日昼過ぎ、妹夫婦が帰省した。
この日は朝から箱根駅伝を見る。面白かった。驚いたのは、
とんでもない高速レースになっていて、区間新記録がたくさん
出たし、往路もこれまでの記録を5分縮める新記録。
何が起こっているんだろうか。
暮れの高校駅伝を見ていて、「あれ?」不思議なことに気付いた。
ほとんどの選手がピンクのシューズを履いている。男子がですよ。
どうも最近、長距離界ではシューズ革命が起こっているみたい。
件のシューズはナイキの厚底シューズであるらしい。数年前、
水泳界で高速水着レーザーレーサーが開発され、次々に世界新記録が
出て、結局禁止されたことを思い出した。

この厚底シューズ、今回よく見ると左右色が違う。オレンジとライトグリーン
ナイキのカーボンプレート入りの厚底シューズで「ヴェイパーフライネクスト%」
と云って定価3万円とのこと。これまでのレース用ハイレベルシューズ
1万8千円に比べると非常に高い。おまけに耐久距離は400Kmというから
選手も大変だ。


IMG_0216_convert_20200107185049.jpg

昨年の優勝校の東海大が頑張って昨年以上の記録を出したのに
4位。4位以上が新記録。10位以内の学校の顔ぶれが変わっている。
ご存じのように10位以内に入らないと翌年のシードが取れない。
選考会のレースで勝ち上がらないと箱根は走れない。
そういうチームが10位以内に入ってきている。それもまた特筆
すべきことかもしれない。

翌3日はこれまた朝から箱根の復路を見たが、往路優勝の
青山学院の完璧な勝利だった。あとからこの1年の苦労話が
いろいろ聞けたが、昨年、東海大に苦杯を喫した後の立て直しが
大変だったようだ。


IMG_0234_convert_20200107185132.jpg

正月、もう一つ楽しみだったのは高校ラグビー。花園である。
昨年暮れから、谷山さんは大阪に詰めている。暮れに花園での
高校ラグビー開会式の様子をLINEで送ってくれた。年内は
2試合。東海大仰星高校はBシードだから、2試合目から
2試合目、3試合目は順当に勝ち進んで、あっという間に
ベスト8まできて年が明けた。ところが正月のベスト8、初戦、
御所実に完封負けという屈辱的な負けを喫してしまった。
「あーあ、負けたね。正月終わったね」と谷山さんにLINEすると
決勝まで見て8日に宮崎に帰るのだそうだ。
決勝は桐蔭学園(神奈川)ー御所実(奈良)
今日その試合がテレビ放映されたので見ていた。前半御所実が
2トライ、これは面白くなるなと思ったが、後半実力に勝る
桐蔭学園が逆転して優勝。(谷山さんの予想通りとなった)


IMG_0246_convert_20200107185201.jpg

4日朝、妹夫婦は帰っていった。なんとか作り置きのお節料理が
役立った。その後、数日間まだ御節を食べ続けているが、
かまぼこ類を残し、昨晩でそろそろ冷蔵庫が空になってきた。
今晩は何か作ろうか・・・・・





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。

元旦

.01 2020 日記 comment(0) trackback(0)
IMG_0024_convert_20200107162027.jpg

遅まきながら・・・・
新年あけましておめでとうございます


DSC_0924_convert_20200107161903.jpg

元旦、早朝目が覚めて、カメラを抱えて初日を撮りに行こうかと
思ったが、外の寒さに再び布団に潜り込んで本を読んでいた。
しばらくして気が付くと障子に朝日が差している。これが今年の
極めて私小説的な初日の出である。

やれやれ、仕方ない。起きるかと着かえて母屋へ行き、暖房を
つけて、朝食を作る。お餅を入れたおすまし、つまり、お雑煮
を食べて、テレビをつける。元旦のテレビはつまらない。
配達された年賀状を見る。そうそう、今年は3人からメールで
年賀状、年賀の挨拶を受けた。
元旦はずっと家にいて、お節料理で済ます。

本年もよろしくお願いします。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。

年の瀬

.30 2019 日記 comment(0) trackback(0)
IMG_0196_convert_20200106132403.jpg

久しぶりにパソコンの前に座る。何をしていたのだと問われても
困る。年末は正月に楽しようとお節料理を作っていた。明けて
お正月は楽をしていた。・・・・・ということである。

でもあくまでもブログを書くつもりでブログのタイトルを書いて
枠取りだけはしてある。
12月26日  新しいおもちゃ
12月28日  今年を振り返って
12月30日  年の瀬
1月1日    元旦
1月2日    正月三が日
弁解めいてはいるが、一応書くつもりではあったのだ。
でもなー。五日分はちょっと重い。そこで12月の3日分は
12月30日、一日で済ますことにした。今更、12月のこと書いてもね。

今年はというか、暮れから正月にかけての話だが、世間一般では
12月28日(土)から1月5日(日)にかけての9連休だという。
これは働いている人たちにとってはとてもいい年末の特別
ボーナスみたいなものかもしれないが、その一方できっとお金も
かかるのだろうな。などといらぬ心配をする。

27日辺りは娘たちになにか田舎のものを送ろうとあちこち
駆け回って、地元のかまぼこや海産物を送った。黒猫の配送所へ行くと
もう次から次に地元の人がやってきて、配送センターの店員の顔が
ひきつっている。「おいおい、かまぼこそのまま持ってくるな」と
思う。そういうものを平気でポンと出すから店員が袋詰めや箱詰めまで
行って誠に忙しいうえに手間までかかってかわいそうであるが、
なーに、田舎が忙しいのはこういうときだけなのだ。買い物は
ぼちぼち初めて29日日曜日辺りから御節を作る準備を始めた。


DSC_0912_convert_20200106121551.jpg

DSC_0913_convert_20200106121704.jpg

DSC_0916_convert_20200106121823.jpg

まずは黒豆と数の子を水に漬けて置く。黒豆は一晩でびっくりするくらいに
膨れ上がる。全部は多すぎるので半分で黒豆を作る。残りも同じように
煮るのだが、そちらは砂糖を入れず、単なるビールのつまみである。
数の子は水に漬けて塩を抜くのである。もう7年も作り続けていると
工程が頭に入っているのでずいぶん手際が良くなった。


DSC_0923_convert_20200106132054.jpg

暮れにヨシくんから魚が届いた。ニベだというが、刺身用の切り身と
アラである。切り身は2本を正月用に分けて冷凍した。残りはその日、
刺身で食べた。さて残りのアラだがどうしようと迷った挙句、アラ煮に
する。熱湯をかけて、臭みを取り、酒、みりん、砂糖で甘く煮て最後に
醤油、塩で味付け。


DSC_0921_convert_20200106132012.jpg

DSC_0926_convert_20200106132136.jpg

一番手のかかるのが昆布巻き、鮭の切り身、煮つけ用昆布、かんぴょう。
昆布やかんぴょうは水に戻して柔らかくして、1cm幅に切った鮭を巻いて
かんぴょうで結ぶ。これを鍋に入れて煮るのだが、結構時間がかかる。
筑前煮はサトイモを足し、いつもの倍の分量にした。


DSC_0917_convert_20200106122131.jpg

DSC_0920_convert_20200106131917.jpg

かまぼこ、数の子、黒豆、鮭の昆布巻き、ニベのあら煮、筑前煮。
まあ、これで正月は遊んで暮らせる。やれやれ・・・・・・

IMG_0157_convert_20200106132227.jpg

IMG_0192_convert_20200106132326.jpg

もう年が明けていますが、どうぞよいお年を




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。

年賀状

.23 2019 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_0884_convert_20191231073312.jpg

今年は12月の前半を埼玉の娘の家で過ごしたので
後半が忙しくなるのは分かっていたのだが、実際、
予想通り、忙しかった。で、結局何かが犠牲になる。
犠牲になったのは庭仕事だ。荒れ放題である。
こういう時、夫婦二人だといいなと思う。内と外、そんな風に
分けられたら、少しはましになるのかな。

昨年は母が亡くなったので年賀状は失礼した。
一度途切れたから少しはこれを機に減らそうかなと思うが
こちらからはなかなか切りにくい。逆に日頃おつきあいして
いる方々に新規に出した方がいいかななどと思う始末。
定年で仕事を辞めて、年賀状のフォーマットを
1年の出来事を写真と文字で伝えるだけにした。
だから年賀状を書く前にその1年の出来事をダイアリー手帳
を見ながら作るところから始めねばならない。

いい機会だから1年の総括として私の1年をご紹介しておこう。


2019年の出来事

1月 母の法事(1年祭)
   読書会―谷崎潤一郎「春琴抄」
   笠祇古竹地区火道切(写真撮影、取材)
2月 本城地区ひな祭り打合せ(実藤亭)
   笠祇古竹地区野焼き(写真撮影、取材)
   宮日ふるさとリポーター記事掲載(古竹野焼き)
   読書会―海外文学
   本城ひなまつり案内チラシ制作
   生涯学習成果作品展(エッセークラブさくら出品)
   畑中君親子宿泊
   串間神社春の大祭「ねたろうまつり」写真撮影
   佐渡裕・反田恭平コンサート(鹿児島市民文化ホール)
   志布志生涯学習発表会
   毎日新聞ペンクラブ総会(宮崎市)ひこばえ幹事
3月 本城ひなまつり大人の遠足
   岡野さん宿泊
   濱崎さん事故死・お通夜
   ひなまつり反省会
   読書会―女流作家
   日向学院同期「大海」昼食会
   「茶音の蔵コンサート」
   沖縄旅行
4月 市民病院ギャラリー展示
   小路地区第5班「花見」
   小崎小学校入学式写真撮影
   川の口釣行
   読書会―平野啓一郎「ある男」
   本城地区崎田浜清掃「ビーチクリーンプロジェクト」
5月 市民病院ギャラリー展示
   読書会―絵本、児童文学
   宮日ふるさとリポーター記事掲載(写真展)
   九州窯元行列
   志布志文化会館ホール開講式(木彫講座)
6月 志布志生涯学習講座「木彫」受講開始
   北九州旅行(門司・小倉)出光美術館・北九州美術館別館
   スバルXV 2年目定期点検
   みまたモノづくりフェアー
   読書会―三島由紀夫「金閣寺」
   ジャズコンサート
   カラオケ
7月 埼玉 真緒の新居訪問
   クリムト展
   読書会―エッセー
   みやまコンセール・樫本大進コンサート
   やっさんと飲み会(やっさん婚約祝い)
8月 宮日ふるさとリポーター記事掲載(読書会)
   日向学院同窓会(宮崎市)
   律子夫婦帰省
   読書会―谷崎潤一郎「痴人の愛」
   日南山形屋写真展
   ピアノ調律(調律士変更)
9月 スバルXV ドライブレコーダー設置
   横山君開設ギャラリー訪問
   読書会―「趣味」の本
   小路地区第5班 観月会
   朗読講座受講
   蘇鉄の会研修旅行
   小崎小学校運動会撮影
10月 浜松、岡野氏宅訪問
   木曽駒高原、霧ヶ峰高原ドライブ
   台風のため家族旅行中止
   宮日ふるさとリポーター記事掲載(ふれあい食事会)
   読書会―「蠅の王」
   本城イルミ・チラシ制作
11月 本城イルミネーション企画・設置指導
   本城イルミナイト
   ツール・ド・みなみみやざき撮影
   読書会―お薦めの本
   真緒次女出産(小百合)
   康さん古希祝
   綾工芸まつり
   小崎神楽
   本城ジャズとイルミのクリスマス・チラシ制作
12月 さいたま真緒の産後のお手伝い(2週間)
   富岡製糸場
   ゴッホ展
   蘇鉄の会・短歌会共同企画 2020年カレンダー

でこれらの項目から抜粋して年賀状に入れた。
なんとか25日までに書き上げ、郵便局のポストに
投函した。毎年、大仕事だが、出し終わるとやっと
正月が迎えられるとホッとする。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
 HOME