雨音を聞きながら

.07 2018 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_4959_convert_20180617232433.jpg

梅雨だから雨が降る。雨の日一日何処にも行かず
いやそれでも買い物にはいくのだが、酔龍亭の自分の
部屋と母屋の茶の間の間を往復するだけの日は
一日中誰とも話すことなくとも楽しいものだ。
ブログも結構、はかどり、ああ、1週間予定表が
空白なのはこんなにも幸せなのかと思ったりする。

大阪から買ってきた中古のCDを1枚ずつ聴いてみる。
結果というのは聴けばすぐに出る。というかすぐに出る
ものもあるが、しばらく後に出るものもある。
まあ、せっかく買ったのだから無駄にはしたくない。
分類的にはジャズが3枚、クラシックが2枚、
ロックが1枚、ポップスが1枚。
ジャズは最近聴き始めたのでそれほど詳しいわけではない。

以前聴いたセロニアス・モンクのピアノ曲がちょっと
洒落ていたので1枚買っておくかと探していると
ジョン・コルトレーンとの共演が出てきた。おっとこれは
お買い得ではないかと買ってしまった。ピアノ主体で
選んだはずがコルトレーンのサックスに聞き惚れてしまう。
もう1枚はソニー・スティット。ジャケットのきれいなおねーさんに
ついうっとり買ってしまったわけではない。
漫画ブルージャイアントの中で主人公が東京へ出て
ジャズの生演奏が聞きたくてたまたま入ったジャズバーで
ジャズバーのママさんがかけてくれるのが
このソニー・スティットというだけの縁で選んでみました。
サックスがとてもいいのです。夜一人聴いていると
ちょっとウイスキーでも飲んでみたくなります。
そして最後が小曽根さん。これはエリス・マルサリスとの
ピアノデュオ。このCDの売上は東日本大震災の被災地と
ハリケーンカトリーナに襲われたニューオリンズに寄付される。
ピアノデュオというのはちょっと珍しい。

クラシックは1枚目がラドー・ルプーのシューベルト。
数ヶ月前、鹿屋の中古CD屋さんでたまたま、ラドー・ルプーを
見つけた。ルプーのシューベルトはレコードでピアノ・ソナタの
第20番、第5番を昔よく聴いた。鹿屋で見つけたのは
4つの即興曲、D899とD935だが久しぶりに聴くルプーは
やはり音が繊細でいい。そこで大阪のお店で探してみると
ピアノ・ソナタの第13番と第21番が入っている。
ちょっとだけ豊かになった気持ちがする。
もう一枚はサティだ。時々耳にするのだが、ちゃんと聴いたことが
なかった。聞いてみると単調な音の連続でちょっと
抵抗が有る。まあ、そのうち聴き慣れるだろう。

昔、そう中学生か高校生の頃、アメリカ西海岸で
ママス&パパスがヒットしていたころ、格好いいなあーと
とても印象深いグループがあった。そのグループ名が
格好良かったので覚えていた。グループ名は
ジェファーソン・エアプレーン。どうせそんなの見つかんないよね。
Jの項目を見ていたら、あった。それも数枚ある。耳に残る曲は
ウーン・・・・・・サムバディ トゥ ラブ・・・・これだ。
帰って恐る恐る聴いてみる。嗚呼・・・これこれ・・・50年ぶりに
聴くロックは今もとても心に響いてくるのです。
そして最後はジェームス・ブラント。ところがこの名前が出てこない。
ふっと、ジェームスが口をついて出た。そうだ、ブラントだ。
以前日南のレンタルCDで探したところ、Some Kind of Troubleと
いうのを見つけ借りて取り込んで聴いたらこれもいい。
今回はユア・ビューティフルが入っているback to bedlam
ウン、いいね。流行りはこの際関係ない。

とまあ、こんなふうに楽しんでいます。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。




スポンサーサイト

法事の後

.21 2018 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_4588_convert_20180606001441.jpg

祭りはいつまでもは続かない。
そろそろ終演である。
この1週間、私は実にこまめに皆の世話をした。
娘(妹)を宮崎まで迎えに行き、娘(姉)を再び
迎えに行き、最後には二人を宮崎まで送っていった。
その間の寝具や食事の世話等々。
なるほど巷間に言われるように、子供たちの帰省
なるものは高齢者にとってはとても大変な負担を
伴うものだと実感する。
されどもそれを差し引いても、こうして1年に一度
ひとつの擬似家族が生じるというのは面白いものだと
思って眺めていた。

娘(妹)と孫の家族→埼玉
娘(姉)→大阪
妹夫婦→福岡
とこんな具合で一同に会するのは実に難しいのだ。

年に一度、東京ー福岡間の新幹線で移動できる場所に
集まろうかという提案をした。母の残してくれたお金が
少しあるので宿代はこちらで持つからということにした。
一同の賛意を得て、早速この秋あたりから始めることになった。
計画は勿論、娘たちだ。

可愛い孫が一人存在するだけで、未来が開ける気がする。
とても貴重な存在なのだ。

庭先で孫のためにシャボン玉をする。隣のカンちゃんも
やってきて賑やかこの上ない。

DSC_4602_convert_20180606001520.jpg

DSC_4613_convert_20180606001558.jpg

DSC_4626_convert_20180606001628.jpg

皆がそれぞれ帰っていく日曜日の朝、よかむん市が
開かれるので皆で行き、そこで朝食を食べることにした。
いつも一人で行く市に初めて6人で押しかけた。
それはなかなか楽しい出来事だった。

家に帰ると先に妹夫婦が帰っていき、9時には
子供や孫を車に乗せて宮崎空港まで送っていった。

祭りは終わった。

DSC_4640_convert_20180606001732.jpg

DSC_4657_convert_20180606001910.jpg

実は日曜日に娘たちを見送って、その週の木曜日には
私自身が今度は大阪に旅立たねばならない。
時間がない中でやらねばならないことが多すぎる。
・山椒の実が実っていること
・梅が実っていること
・ジュンベリーが実っていること
・水曜日にエッセークラブさくらがあり、それまでに
 作品集の原稿を完成させ、25部印刷を終えておくこと

まずは山椒の実を摘んだ。

DSC_4642_convert_20180606001753.jpg

DSC_4641_convert_20180606001819.jpg

DSC_4654_convert_20180606001841.jpg

梅は木に登っている暇がない。落ちた完熟梅を
拾ってみた。

DSC_4658_convert_20180606001934.jpg

ジュンベリーはとりあえず食べられそうなものを
収穫した。
知人に電話して、山椒、梅、ジュンベリーを引き取ってもらった。
大阪から帰ったらすぐに梅をちぎらねば、
まずは作品集だ。

嗚呼、忙しい、忙しい。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



どうなってんの?

.13 2018 日記 comment(0) trackback(0)
「どうなってんの?」
「また、ブログが止まってるじゃないか」
とのおしかりが聞こえるようです。

実は24日(木)から29日(火)まで大阪に行ってたのです。
すんません。

でもブログの日付では5月13日で、
5月15日に娘(妹)が帰省
5月17日に妹夫婦が帰省
5月18日に娘(姉)が帰省
5月19日、妻と弟の5年祭、10年祭の法事
5月20日皆それぞれ帰る
ということがあって、今からそれを書いていこうとしているのです。

じゃあ、大阪のことはどうなるのかというと
そのあとになります。

で今日は5月29日の夕方家に帰ってきた時点で書こうかなと
思っているのですが、
嗚呼、複雑・・・・・・

お許しあれ

DSC_1433_convert_20180530235253.jpg

29日12時半の飛行機で大阪伊丹より宮崎へ
六日ぶりの我が家です。
3時半頃家に着いて、車から荷物を降ろし
ホッとしているところです。
大阪はその期間、ずっと晴れか曇で一日も
雨に会わなかったのですが、その間南九州は
梅雨入りしてしまったようで、この差がなんか気持ち的に
微妙な違和感を感じます。
宮崎空港に着いたときは曇で車を走らせていると
日南海岸では雨が降り、家に到着したら雨が上がり
こんなふうに西日が差していて、庭が一瞬光り輝くものですから
カメラを持ち出して撮してみた次第

DSC_1435_convert_20180530235343.jpg

なんだろう。西日の輝きがなんかいい感じなんですよね。
歓迎されているようで、部屋に入って荷物を解く前に
思わず庭をひとめぐりしてしまいました。

DSC_1442_convert_20180530235415.jpg

DSC_1443_convert_20180530235443.jpg

DSC_1444_convert_20180530235512.jpg

気になっていたのは畑の夏野菜。
ミニトマトは脇芽がやはりあちこち出てまして
足元からも脇芽が出てました。ピーマンとシシトウ。
なんときゅうりが一本でかくなっていましたので
早速、収穫しました。
支柱もやり変えねばなりません。

それにしても雨が降ったせいか雑草がすごい勢いで
ちょっと圧倒されそうです。特につる草類が・・・・
ああ、キイウィの蔓がいつの間にか桃の木に
巻き付いている。ああ、もう目を離すとすぐこれだから。

玄関の前の梅の木の下に熟した梅がたくさん落ちています。
大阪に立つ前の日に収穫しておいたのにもうこんなに
たくさん、明日早速収穫せねばと気が急く。

DSC_1445_convert_20180530235541.jpg

とまあ、こんな具合に再びブログ再開です。

明日からは娘達が帰省して賑やかだった日々を
書いていくことにします。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。

連休の後

.08 2018 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_1318_convert_20180522063727.jpg

連休が終わると急に緑が濃くなる。
仕事をしている時であればあるいは憂鬱な日々で
あったかもしれない。
連休の終わる最後の日の明日から仕事かと思う
時のなんとも嫌な気分が今では懐かしい。
後輩諸氏もきっとそんな日々を送っているのではと
そんなことをふと思う。

DSC_1321_convert_20180522063800.jpg

遅くとも6時には目が覚める。窓のブラインド開け、
パソコンをつけてブログの写真を選ぶ。
そうしてその写真を眺めながらこうして
思いつくままに文章を書いていく。
私の幸せのひとときなのだ。

DSC_1325_convert_20180522063840.jpg

朝食後、家事を終えて再びパソコンに向かい
ブログの続きを書いていると
目の前の窓の外の木々の葉越しに朝日が
真向かいから差し込んでくる。
新緑の眩しさよ。これはどんな照明にもまさり
なんとか写真に撮影してみたいと思うが
腕が不足して思うに任せない。

DSC_1328_convert_20180522063928.jpg

そう言えば、最近一眼レフカメラを使って
撮影する機会が減った。だから今日は
久しぶりに一眼レフカメラに単焦点レンズを
装着して庭に出てみる。

DSC_1330_convert_20180522064030.jpg

DSC_1336_convert_20180522064102.jpg

私の部屋は酔龍亭の北東側にある。隣家との間に
緑の木々が密生している。部屋の南側にベランダがあるので
そこが坪庭のように光が日中差し込んできて明るい。
夏場光が強すぎるのが欠点なのだがそれを補うかのように
部屋の南側にある柿の木が大きくなって緑の葉を広げ
日除けになってくれている。柿の木の葉を透かして入る
日は柔らかく、木漏れ日が優しく坪庭に落ちてくる。

DSC_1344_convert_20180522064130.jpg

DSC_1346_convert_20180522064157.jpg

この冬、思い切って伐採したキイウィの同じ場所にある
ムベが育ってきた。ムベだけでもいいのだが、切った
キイウィも新たに新芽が出てきた。こちらは茎も太いし
繁殖力が旺盛でちょっと持て余し気味である。

DSC_1347_convert_20180522064230.jpg

先に植えた夏野菜が順調に育っている。
天気のいい日には毎日覗いて脇芽を摘んだり
虫を取り除いたりする。その成長の速さに
日々の過ぎるのを感じる毎日である。

DSC_1353_convert_20180522064300.jpg

振り返ると我が家は新緑覆われてなんとも
凄まじい姿に見える。
最近、庭仕事をいつになく頑張っている。
小道をせっせと作ったり、雑草を抜いたり
ツツジやサツキの木々の剪定をしたりと
結構まめにやっているが自然はそんな私を
あざ笑うように除去したところから雑草の芽が
ふいてくる。
梅雨になる前にもう少しなんとかしたいものである。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。




庭先にて

.06 2018 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_0689_convert_20180424065322.jpg

DSC_0691_convert_20180424065350.jpg

DSC_0693_convert_20180424065416.jpg

旅から帰ると庭の桜は既に葉桜になっていた。
いつもの年なら先に花びらが落ち、次に花を支えていた
がくや茎がそのあとに落ちてくるのが、今年は
一緒に落ちてきて庭も屋根も大変な状態だ。

屋根は後日、登って箒で掃いたり、雨樋に溜まった
花びらやがくや茎を取り除いた。

DSC_0704_convert_20180424065442.jpg

実は約1ヶ月前にカメラの新しいレンズを買った。
今のレンズは18-250mmの広角、望遠のズーム
なのだが、前から35mmの単焦点レンズが欲しかった。
2万円程度だから、一般のレンズを買うことに比べたら
安い。なかなか試す機会がない。が今回、
庭をそれで撮ってみる。

35mmのみの標準レンズというのはズームできない代わりに
自分が近寄ったり、遠ざかったりしなければならない。
カメラを覗いて、いつもズームレンズの広角の世界に
慣れていると35mmを狭いと感じる。
だからこそだが風景を切り取らざるを得ない。
広角レンズをつけているとできるだけ全部を収めようと
必然的に思ってしまう。ズームは知らず知らずのうちに
広角から標準、望遠の間を行ったり来たりする。
要するに横着して風景を近づけたり、遠ざけたりしている
ことになる。

カメラに興味のない人は「なーに言ってんだか」
てなもんでしょうから、ここらで・・・・・・

写真は昨年買ったカツラの葉の重なり、
木漏れ日の中でハート型の葉が重なり合う。

DSC_0706_convert_20180424065502.jpg

山椒は3月に若葉が出るとすぐに実がつく。
まだ小さいがすぐに成長して収穫できるようになる。
1年分をここと東側の隣地境界辺りにある山椒の
大木とを合わせて収穫する。

DSC_0708_convert_20180424065525.jpg

DSC_0715_convert_20180424065545.jpg

単焦点だから近影は対象がはっきりして
撮りやすい。

DSC_0725_convert_20180424065606.jpg

今年の春はフジの花が咲くのが早い。
旅から帰ったら庭のフジが咲いていた。

DSC_0734_convert_20180424065630.jpg

DSC_0735_convert_20180424065659.jpg

DSC_0753_convert_20180424065758.jpg

DSC_0746_convert_20180424065731.jpg

DSC_0755_convert_20180424065824.jpg

「風景を切り取る」のと同じように風景の奥行き感に対する
「焦点の位置」の設定が面白い。風景の奥行きの中に
普通は3段階ぐらいのレベルが存在する。どこに焦点を合わせるかで
奥行き感が違ってくる。
まだ慣れないけれど、ちょっと面白さが分かってきた。

DSC_0776_convert_20180424065852.jpg

旅に出るとき、家を振り返ってちょっとだけ心を残す。
それは日常というものを振り切って非日常へと
飛び出す瞬間だ。
残す日常にこそ大切なことは詰まっているのだが
そのことを実感するのはこういう瞬間しかない。
だからこそこうして旅から帰ったら、そのことを
思うのである。「日常の大切さ」そうして長く居れば
「流されかねない日常」というものを「豊かな日常」
に変えていくものがあるとすれば、旅の前後の
些細な気づきに過ぎないのかも知れない。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。







 HOME