FC2ブログ

日々のこと

.07 2018 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_6048_convert_20181014233304.jpg

DSC_6045_convert_20181014233334.jpg

夏に遠くの友人たちからぶどうや梨をいただいた。
お礼に何がいいかなと考えているうちに秋になってしまった。
串間でこの時期、何があるかと買い物の折、ふと
考える。やはり甘藷芋しかない。
はがき随筆を一緒にやっているSさん家が芋を作っているのを
思い出し、電話してみる。1週間ぐらい待ってくれたらという返事。
4箱お願いしておいたら、1週間後電話があった。
スーパーの駐車場で落ち合い、品物を受けとった。
店頭で買うより随分安くしてもらった。
ふた箱はぶどう、梨を送ってくれた友人にそれぞれ、
残り2箱は娘たちに送った。

埼玉に住む娘(妹)は孫娘が芋を両手に掴んで楽しみにしている様子を
写真で送ってくれた。量が多いかなとも思ったがいろいろ工夫して
食べている様子がラインで送られてきた。
娘(姉)はひたすら電子レンジでチンした焼き芋にして食べているとか。

Sさんは私にも別にビニル袋に入れて10数個をくれた。
私は芋が苦手だ。なかなか料理にうまく使えないでいる。
こうしてレンチンして焼き芋にしておやつ時に食べると
結構お腹が膨れる。今回はなにか工夫して料理使ってみたい。

DSC_0381_convert_20181015063408.jpg

DSC_0022_convert_20181014233612.jpg

梅干は土用干にかぎる。あのジリジリと照りつける太陽の下で
天日干しするのがいいのは分かっていたがその頃結構忙しくしていて
機会を逃した。今になって慌てて、漬けた梅干を干している。
紫蘇に浸かる時間が長かった分、いい色合いだ。
熟した梅を今年初めて漬けてみた。取り出すと大半は形が
崩れている。まあそれでもどんな味になるか楽しみである。
ここに広げているのが1瓶分である。これが4瓶ある。
あーあ、秋が終わるまでに終えたいものだ。

DSC_0020_convert_20181014233425.jpg

DSC_6071_convert_20181014233505.jpg

畑の夏野菜はいまだなり続けている。それでももう茄子は
小さなものしかならず、シシトウももう終わりかな。
最後まで大きな実をつけて頑張っているのがピーマンである。
もう十分元はとった。雑草の中でこの木のみがいまだ
頑張ってくれる。ピーマンは冷蔵庫にいつもいっぱい入っていて
見るたびにため息が出る。でも食べきらないとな。

DSC_0379_convert_20181015063430.jpg

最近、日本酒が出ないけど。どうなっているのか。
実は暑い時期の7月と8月は封を切らずにしまっておいた。
今年の夏は暑すぎて封を切ると傷みが早いかなと
思ったのと夏はやはり日本酒という気分にならない。
9月少し涼しくなったので左から順に飲み始めた。
今、真ん中の「手取川 吉田蔵」を呑んでいる。
涼しくなると日本料理にはやはり日本酒がいい。

DSC_2257_convert_20181014233646.jpg

DSC_2260_convert_20181014233713.jpg

DSC_2263_convert_20181014233750.jpg

今月は少し腰を落ち着けて庭や畑の手入れをしている。
春までになんか少しはいい感じの庭にしたいと思っている。
一旦やり始めるとなかなかやめられない。がその一旦始めるまでが
なかなか腰が重い。こうして朝早いうちにブログを書いてしまうと
昼の時間が自由になる気がして、その時間を庭仕事に
当てている。庭のこの5年間に植えた木々が少し成長して
雑木の庭らしくなってきた。小径に雑草対策でレンガを敷きたいのだが
重たいので買ってくるのが大変だが少しずつやるしかない。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。




スポンサーサイト

台風24号

.30 2018 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_2270_convert_20181007125408.jpg

台風25号が通り過ぎたあとに24号の記事を書くのは
はなはだ出遅れという感がするのだがお許しあれ。

台風の直前、市木へちょっとした用事があったので
行った帰り、幸島や海がどういう具合か気になったので
見に行った。

DSC_2294_convert_20181007125439.jpg

DSC_2315_convert_20181007125511.jpg

幸島には大きな波が沖合から次々と押し寄せていた。
この時点で台風はまだ沖縄辺り、それでも波は大きく
なって沿岸に打ち寄せていた。幸島の駐車場の前の
食堂ではもうすっかり店じまいをして周りの風で飛び
そうなものを片付けたり紐でくくったりしていた。
前回大阪を襲った台風の強風の凄まじさを見ているだけに
支度はみんな真剣だ。

DSC_6051_convert_20181007125552.jpg

台風は日曜日の朝からとにかく風が強かった。
それに時々激しい雨が降った。
これは昼過ぎの写真。少し風が収まったと思ったら
雲間に青空が覗いている。台風の目が大きいというから
目の一部なのだろう。
その後、再び激しい風が吹き始めた。
午前中は東風、徐々に北風に変わりやがて西風に
変わる頃、台風はようやく串間の沖合から宮崎の沖合へと
進み、徐々に収まっていった。

DSC_6058_convert_20181007125613.jpg

これは午後の志布志湾の様子。海はまだ沸き立っている。

DSC_6068_convert_20181007125645.jpg

台風が通り過ぎたあとの我が家。
あーあ、また掃除しなくちゃ。

DSC_2318_convert_20181007125728.jpg

DSC_2340_convert_20181007125800.jpg

DSC_2341_convert_20181007125829.jpg

数年前、台風の直後に実に綺麗な夕焼けを見た記憶がある。
台風が昼間通っていった日の夕暮れどき、西の空を見た。
少し雲が切れて青空が覗いている。これはひょっとすると
綺麗な夕焼けが拝めるかも知れない。車にカメラを積み込んで
海岸へ行ってみる。

いきなり、目の前に大きな波しぶきが上がる。
海は沸き立っている。おまけに茶色に濁っている。
砂浜には木々やゴミが打ち寄せられて、いまだに
沖合から大きな波が打ち寄せていた。

DSC_2367_convert_20181007125909.jpg

DSC_2377_convert_20181007130003.jpg

東の空にある雲が強風で大きく形を変えながら
流れていく。そこに沈んだ夕日が映り込み夕焼けになっていく。

DSC_2371_convert_20181007125939.jpg

西の空も徐々に赤みを帯びていく。
海が茶色に濁っているのいい具合に赤く染まっているようだ。
なんだか海の色がおどろおどろしい。

DSC_2388_convert_20181007130030.jpg

DSC_2390_convert_20181007130106.jpg

夕焼けを背景に波しぶきが上がるたびにしぶきが飛んでくる。
堤防の影に身を隠して難を逃れる。カメラのレンズにしぶきを
当てたくないのだ。勿論、私も濡れたくない。堤防から顔を出して
波のタイミングを計るがとにかく西風が強くてカメラを持つ手がぶれる。

DSC_2401_convert_20181007130134.jpg

DSC_2410_convert_20181007130201.jpg

ああ綺麗とうっとりしている暇はない。とにかくシャッターを
切り続ける。全然ロマンチックではないのである。

DSC_2418_convert_20181007130241.jpg

DSC_2421_convert_20181007130309.jpg

いつのまにか夕焼けのピークが過ぎていた。
見上げると青空が深い藍色に染まっている。
夕焼けの紅とバックの深い藍色の取り合わせが
息を呑むほどに美しい。

台風の置き土産である。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



初秋の風

.07 2018 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_5828_convert_20180911122702.jpg

朝、最近6時半に起きている。天気が良ければ30分くらい
近所を歩いてみる。道脇に彼岸花を見つけた。
そうかもうそういう時期かと夏が終わったばかりだというのに
季節は容赦なく周囲から熱を奪っていろんな出来事が
少しずつ秋の用意を始める。

季節の変わり目というのはなんだか少し気持ちがざわついて
落ち着かない。終わるものと始まるもの、仕舞うものと準備するもの
そうも思うが、夜下着姿でゴロゴロしていると思わず
くしゃみをしてしまう。エアコンはつけていないのにである。
タオルケットの涼やかさがなんとなくちょっと心もとなく思って
もう少し厚手のものをかけてみる。その暖かさが心地よくなってくる。

DSC_5831_convert_20180911122731.jpg

雨の日が多い。秋雨前線が日本列島にそってあるため、
ずっと雲が覆い続ける日々が続く。
気温が下がっても湿度が高い日はやはりエアコンの
スイッチに手が伸びる。

DSC_5724_convert_20180911122807.jpg

それでもたまにこんな具合にああ、まだ夏が頑張っていると
思える青い空と白い雲に出会うとなんだかホッとするのである。

DSC_5726_convert_20180911122836.jpg

縁側が桜の落ち葉で覆われてしまった。箒を持ってかき集めると
こんな具合に山のような落ち葉である。
落ち葉焚きといきたいところではあるが、畑は雑草にうもれている。

DSC_5735_convert_20180911122908.jpg

その雑草をかき分けてナスやピーマンやシシトウを収穫すると
まだまだあるある。もうでもピーマン食い飽きた。
いつもキッチンに山盛りされていて料理するたびにプレッシャーを
感じる。ピーマンなんてせいぜい使って5個。食べる量より
収穫量が上回ると日々溜まっていく。
でももう終わりかな。そろそろ畑の仕舞いをせねばと思うが
天気がなかなか思い通りにいかない。
庭仕事がしたい日には雨が降り
晴れた日には用事がある。
人生ままならぬ。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


夏の終わり

.30 2018 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_5742_convert_20180905104900.jpg

「夏の終わり」そんな風景にまったく予期せずに遭遇した。
一日中家にいることが多い毎日。夕刻、買い物ついでに
翌日の遠出を考えて、車にガソリンを入れに行った帰り、
ふと久しぶりに綺麗な夕陽が拝めるかもと近くの漁港に
立ち寄った。

DSC_5747_convert_20180905104930.jpg

日はまさに沈もうとしていた。港に停泊中の漁船に
夕陽が当たりきれいだ。1枚目の写真を数カット撮って
振り返ると港に落ちていた夕陽はもうなくなっていた。
ほんのわずかの間のことだ。
陽が沈むというのはそういうことだ。風景があっという間に
色を失っていく。
それは、夏の終わりにふさわしい情景なのかもしれない。
陽の落ちる瞬間に昼時の熱気が夕刻の涼やかな風に
取って代わる。

DSC_5748_convert_20180905105004.jpg

DSC_5753_convert_20180905105037.jpg

水平線の彼方に立ち上るのは確かに入道雲だ。
がそれはこんなふうに遠い光景だ。それはまるで
涼しい9月から暑かった8月を眺めているようで
澄んだ空気が9月の涼風を思わせる。

遠く水平線上に立ち上がった入道雲。
あれは過ぎ去っていく夏そのものなのだ。

DSC_5754_convert_20180905105101.jpg

港の防波堤の上に立ち遠く大隅半島を望む。
防波堤の先に立つ白い燈台が墓標の十字架のようだ。
それはさながら夏の墓標。

DSC_5757_convert_20180905105124.jpg

特になんということもなく終わろうとしている「2018年の夏」だった。

8月最後の日、夕陽が落ちる夕刻の海辺で
私は確かに「2018年の夏」が終わろうとするのを見た。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


台風が次々に

.22 2018 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_5610_convert_20180829063755.jpg

台風が太平洋上で発生する位置が北上したため、発生すると
あっという間に九州南端に影響が出てくるようになりました。
テレビの天気予報を見ていて気になるのは「どっちだ?
右か、左か?ということです」右はシュート気味、九州の中央部
から北部、四国といった方面上陸です。最近はこのケースが
多いようだ。
発生地点が少し左にずれるとこれまでの台風コースの定番
台湾から九州の間を通って朝鮮半島をかすめ、日本海から
東北、北海道に出るケース。

DSC_5611_convert_20180829063827.jpg

まあ、どうでもいいんですけどんね。自分の住んでるところを
直撃しなかったら。
でもきっと漁業関係者は大変だろうと思います。
台風の影響がもっとも出やすいのは海なんですね。
台風が発生すると海は空が晴れていてもすぐに波が高くなります。
よく考えたらそうですよね。海はつながっていて、
台風発生地点で波が荒れ狂っていたら、直接伝わりますから
多分今年は漁師さんは頭を抱えているんじゃないかな。

DSC_5612_convert_20180829063853.jpg

昨日はニュースで今年はサンマが豊漁と言ってました。
今年は縁側でサンマを焼いて食べようかな。
お肉を焼くより、なんかサンマを食べたいなって思います。

DSC_5613_convert_20180829063916.jpg

台風もサンマも秋なんですね。
台風が通り過ぎるたびに少しずつ夏が遠ざかるようです。
日中はまだまだ暑いのですが、朝晩が随分しのぎやすくなりました。
昨夜は迷いつつ、クーラーのタイマー切りを選択しました。
朝の目覚めが少し良くなった気がします。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


 HOME