FC2ブログ

久しぶりの雨

.18 2020 日記 comment(0) trackback(0)
IMG_2478_convert_20200525123855.jpg

 ある朝、気がつくと表が賑やかだ。表に出てみる。子供たちが嬉しそうに登校
している。隣りの子どもに、「学校始まったの?」と聞くと「うん」。「よかったね」と
云いつつ一抹の寂しさを覚えた。一緒に巣ごもりしていた仲間がある日を境に
日常を取り戻したからだ。私はずっと一人巣ごもりだなどとすねてみたくなるが
隠居生活などというものは元よりそういうものである。仲間がいっぱいいて嬉し
かったのか?と自問する自分がいる。


IMG_2479_convert_20200525124109.jpg

IMG_2508_convert_20200525124145.jpg

 久しぶりに数日続けて雨が降った。天気が続いたので、これはある意味有難い。
天気の続いた後の雨は、巣ごもり生活をより明確にしてくれる。庭や畑の敷地内で
の外部での活動を断念せねばならないから、逆に迷いが吹っ切れるのだ。こんな
日は買い物外出も遠慮したい。そう思うと逆に落ち着く。
 「緊急事態宣言」が解除になっても急に日々の生活は変わらない。こんな中、世界
中で様々な試みがなされている。知らないところで、知らないうちに何かがコロナ以
前と異なる世界観を模索している。そんな期待とも不安とも違う、ちょっと好奇心め
いた感覚でスマホやテレビを見ている。
 隣国、中国、韓国を見ていて不安な気持ちにさせられるのは、次々に様々な事柄
を捨てて、新しい取り組みやシステムを導入することだ。うらやましいなどと思ってい
るのではない。逆に怖いのだ。一方の日本は、何か新しいことをやろうとしても急激
な変化を世の中が受け入れない。今回のマイナンバーカードを使った現金10万円の
振込システムなど良いことだと思うがトラブル続きだ。一向にマイナンバーカードは
普及しない。キャッシュレスも今回のコロナ騒ぎで一挙に進むかと思ったが、そうは
ならない気がする。嘆いているのではない。
 今回のコロナ騒ぎで思ったのは、単純系より複雑系が生存能力を有するという感の
ようなものである。単純系とはなにか?国民のほとんどがスマホを自由に扱い、お金
も情報もそして今回のように監視システムまでその手持ちのパーソナルな小さな機械
に単純化されるようなこと。あるいは車や飛行機などの企業城下町のように単一の企
業で町のほとんどが構成されること。原子力発電所もある意味、これに近い。
 一方複雑系は大企業もあるが中小企業も頑張っているとか、効率最優先に企業や
商業が単一化されない。例えば隙間産業などがうまく潤滑油になってソフト、ハード
含めていろんな選択肢があること。まあ、早い話、居酒屋みたいなものだ。海外には
こういうものがないと外国人に異常に受けている。電話一つとってみるとこれはあなた
の近辺にある話だが、スマホ、ガラケー、電話機、FAX。これらが混在している世界。
日本のこうした状況は西洋合理主義からほど遠い。がその多様性であるがゆえにそれ
ぞれの中で様々な文化が生まれる。世界にカタストロフが生じた時、進化論でいうと多
様化社会の方が生き残る可能性が高い。日本は色々非難する人はいるが、そういう
意味では結構いい線いってる気がする。
 引きこもりは、つい最近まで社会問題であった。今やそういうライフスタイルは主流と
なり、引きこもれない人が社会的に問題となっている。社会常識は変わるという事実は
踏まえておかねばならない。


IMG_2483_convert_20200525124229.jpg

IMG_2484_convert_20200525124318.jpg

IMG_2486_convert_20200525124434.jpg

 毎朝、新聞の一面の川柳欄を見る。「要請で戦争に行く夢を見た」には思わず笑って
しまった。強制ではなく要請。基準ではなく目安。今回のコロナ騒ぎで、「要請」や「基準」
の日本的曖昧さに苦笑しながら、政治というものが、かつて山本七平さんが「空気の研究」
で延べた「空気を読む」機関に過ぎないということをほとんどの人が感じたのではないかと
思う。「緊急事態宣言」も「緊急事態宣言解除」もどうしてこうものの見事にワンテンポ遅れ
るのか不思議だったが、そうか政府は国民の空気を読んでいるのであって、決して専門家
委員会の意見を重用しているのではないことに気付いた。空気を読むというのは決して悪
いことではない。我々がそろそろ「解除だよね」という気運を感じる能力というのはある意味
大切なことであるが、西洋合理主義や科学の世界では通用しない。様々な検討を重ねて
出来た基準というものは、何よりも先に来る。「これこれの基準を超えたから、緊急事態宣言
を発令します」「これこれの基準を下回ったから基準を解除します」日本の基準は明らかに
基準ではなく目安なのだ。ならば最初から目安とすればいいのである。日本は世界にまれな
不思議な国である。だが私はそれが決して嫌いではない。


IMG_2532_convert_20200525124535.jpg

IMG_2520_convert_20200525124609.jpg

IMG_2522_convert_20200525124637.jpg

IMG_2529_convert_20200525124714.jpg

 雨に濡れた緑は、しっとりとして日本的情緒を醸し出す。平屋に住んでいると
日々、風や雨の音が聞こえる。窓を開けると晴れた日には小鳥のさえずりが
絶えず聞こえている。会社勤めのころは最寄りの駅と我が家の間だけがそうした
環境だった。仕事をしている間は、外の環境が気にならない。会社の地下1階から
そのまま地下鉄の駅へおり、電車を乗り継いで、最寄りの駅で駅舎を出た時に
初めて、寒さや雨を感じた。今は自然が近いというか、自然そのものの中に抱か
れて生活している。幸せなことだ。


IMG_2538_convert_20200525124748.jpg




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
スポンサーサイト



日々のこと

.25 2020 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_1872_convert_20200429122627.jpg

 曇り空、こんな時に写真を撮ってもあまり映えないのだが、こんな時は
カメラでなく専らスマホ。あてもなくとりあえずマウンテンバイクにまたがって
家の前の三叉路で立ち止まり、右に行こうか、左に行こうか?
左を選択。この前の続きがいいかなと最後の集落の間の水田の中の農道
をとにかく突き進む。多分、黒潮ロードに出るはずと推測して行ってみる。


DSC_1847_convert_20200429122258.jpg

DSC_1851_convert_20200429122409.jpg

DSC_1857_convert_20200429122443.jpg

 山すそには今様々な植物が春を迎え、その名を知らない木々があちらこちら
と咲きほこっている。前々からこれらの木々をなんとか庭に植えられないかと
思っているのだが、なかなか難しい。


DSC_1860_convert_20200429122510.jpg

DSC_1865_convert_20200429122539.jpg

DSC_1867_convert_20200429122602.jpg

DSC_1874_convert_20200429122652.jpg

 水田地帯を突っ切ったところに予想通り、黒潮ロードが通っていた。ここは
たまに通るし、写真撮影で何度も来ている。山々は若葉がでて、とてもきれい
なのだが、曇っていていまいちさえない。


DSC_1880_convert_20200429122723.jpg

DSC_1882_convert_20200429122759.jpg

DSC_1888_convert_20200429122831.jpg

DSC_1894_convert_20200429122857.jpg

 最近、自転車で買い物や銀行に行くようになった。買い物にはリュックを
背負っていく。田舎で暮らし始めて、こういう風にあまり外出せずに、興味
の対象を自分周辺に絞っていくと、当初、ここで始めようと考えていて、い
つのまにか置き去りにされたままの様々なことを思い出す。本来、自分は
こんな風に老後を過ごそうと思っていたんだった。などと様々なことを思い
だす。こうしてマウンテンバイクに乗って近所を散策するのもその一つだっ
た。他にもたくさんあることを思い出した。今回の新型コロナウイルス感染
の問題は自分にとっても何かを取り戻すいい機会かもしれない。


DSC_1897_convert_20200429122922.jpg

DSC_1903_convert_20200429122958.jpg

DSC_1905_convert_20200429123030.jpg

DSC_1912_convert_20200429123218.jpg

DSC_1917_convert_20200429123242.jpg

 毎日新聞日曜版の「新・心のサプリ」今回のテーマは「負の波にのまれぬよう」
だった。文中に気になる一説があった。心理学者ダニエル・カーネマンの言葉
「人は今、考えていることが人生のすべてになる」。心が負の波にのまれそうに
なるとき、この言葉を思い出して、負の思いをストップしてほしいとあった。
負の波だけではあるまい。きっと日常の波の中で徐々に慣れっこになってしまう
様々な習慣,傾向、好み。こういう非日常が突然世界を覆った時、ふとたちだまり
自分の想いの底に何があるかじっと見つめてみること「自分は本来・・・・・」も大切
なことだと思う。


DSC_1921_convert_20200429123311.jpg

DSC_1932_convert_20200429123342.jpg

 坂道はとても漕いで登れない。仕方なく自転車を押して上ることになる。
下り坂だって、スピード出して突っ走るかと言えば、決してそんなことはなく、
用心しながらブレーキをかけながら下ってしまう。なんだか人生そのものだ。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。

日々のこと

.11 2020 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_1758_convert_20200415125246.jpg

 家事を一通りやり終えると外が気持ち良さそうなので、お茶でも
飲もうかと椅子を日当たりのよい場所に移して日向ぼっこをしなが
らと思っていたら、暑い。日差しはもうこんなに強いのだと驚かされ
る。周りの景色を写真にとり、多分毎日家に引きこもっている娘と
LINEで話をする。「ベランダに敷物敷いて、そこでお昼食べてみ
たら」などとコロナ対策のアイデアなどを思いつくまま話していて、
そういえば、子供たちが小さいころ、最初のマンションのベランダで
4人で夕食をよく食べていたことを思い出した。


DSC_1763_convert_20200415125322.jpg

DSC_1760_convert_20200415125349.jpg

 桜の花は一挙に散るかと思いきや、ようやく梢の先の花が満開になり、
同時に若葉も出てきて、なんとも息の長い桜である。未だにこうして花見
ができるなどとんでもない贅沢である。


DSC_1663_convert_20200415125441.jpg

 田舎に越してきて地区の班長が再び巡ってきた。たしか2014年では
なかったかと思う。もう、と思ったが高齢で役ができない人もいるから
そんなもんかもしれない。地区の自治会長から回覧の資料が送ってく
るとこうして10軒分を整理して回覧板で回したり、直接配りに行ったり
する。そう大したことはないが、秋の「月見の宴」と春の「花見の宴」が
地区のビッグイベントで、それだけが少し忙しい。


DSC_1691_convert_20200415125514.jpg

DSC_1737_convert_20200415125548.jpg

 こちらに越してきたころはマウンテンバイクによく乗っていたのだが、
気が付いたらもう何年も乗っておらず、随分傷んでいる。部屋の中で
「ながらバイク」を漕ぐのも退屈である。近くに自転車屋さんがあるので
持って行った。タイヤはもう傷んでぺちゃんこ。「どうですかね?手を
入れたらまだ乗れますかね?」「タイヤを前後とも替えたら大丈夫」
というので、お願いした。数日後できたと連絡があり、引き取りに行った。
前後のタイヤを新品にして代金8,000円。帰りにおっかなびっくり乗って
みた。体に当たる風が気持ちいい。ああ、なんだかいい感じ。
天気のいい日にカメラを担いで少し遠出してみようか。


DSC_1765_convert_20200415125615.jpg

DSC_1766_convert_20200415125651.jpg

 孫の名前は菫(スミレ)。野草のスミレの花が咲いていると写真に撮っては
娘に送ってやるのだが、先日、鹿屋でカワイイすみれの苗を見つけて二株
買った。一つは鉢植えにしたがもうひとつ残っている。こちらはカワイイ鉢に
単独で植えてみたい。

IMG_2043_convert_20200415125749.jpg

 エビネランが咲き始めた。ランの中では地味な方だが、こうして夕陽を浴びた
姿は少し神々しい。

IMG_2087_convert_20200415125829.jpg

 フジの木の下にシャガの葉が出ているのは知っていたが、その花が咲いた。
よく見るとなかなかきれいな花だ。何本か植え替えようかな。


IMG_2096_convert_20200415125916.jpg

 モッコウバラをこの場所に植えたことを後悔している。とにかくよく茂るのだ。
冬場剪定して小さく納めたら、一斉に白い花をつけた。多分今が一番おとなしい
時期でこの後、隣のフジと競い合うように蔓というか枝というか伸びるのだ。
のびのびと育つ場所に植え替えたいが、どこも適当な所がなくて、仕方なく
この場所でしばらく我慢してもらうしかない。棘がないのと花がたくさんつくので
重宝しているだけに残念。うーん?どう広げたらいいんだろう。


IMG_2088_convert_20200415130231.jpg

IMG_2055_convert_20200415130334.jpg

 桃の木の下に太いフジの木があり、桃の木と言わず、椿の木や周辺の木々に
まとわりついて野放図そのものだが、巻き付かれた木々はたまらない。この冬
根元から1mくらいのところでえいやっと切った。枯れることはないだろう。また
新芽を出すと思うが、うまく這わせたい。できれば花をきれいに見せられるように
這わせたいが難しい。
 こちらのフジはまだ若い木で、木になる様に剪定を欠かさない。最近ようやく
木としての自覚が出てきた。今年は花が良くついた。なんだやればできるじゃな
いか。来年も頑張って咲かせてね。お前は自立した木なんだから隣近所に巻き
付いて迷惑かけるんじゃないよ。


IMG_1949_convert_20200415130433.jpg

 今年の冬は暖かかった。そのせいか、南国育ちのイペイの花がどこも満開で
美しい。隣のおばちゃんの敷地には大きなイペイが2本あり、それが道路から
よく見える。ブラジル原産のイペイの花の色、カナリアイエローはサッカーの名門
ブラジルチームのチームカラーだ。






写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。

桜咲く

.30 2020 日記 comment(0) trackback(0)
IMG_1621_convert_20200406113629.jpg

 我が家の桜がようやく咲き始めた。テレビの報道で全国の桜の
開花状況を聞くにつけ、日本の最南端にある我が家の桜の開花
が何故にかくも遅いのかとやきもきする毎日である。例年になく
遅い。それはこの冬が暖かったためだという。桜は冬の厳しい
寒さの後に来る暖かい春の陽気で開花し始める。それが今年は
例年になく温かい冬だった。そのため、こりゃー今年は早く咲くぞ
と少し期待したのだが、1週間ほど前にぽつりと一つだけ咲いた
桜の花を見つけたが、翌日からぽつぽつといった感じであった。
それが雨が上がりいい天気が続くと見る見るうちに咲き始めた。
面白いものでスピードカメラで見ているように午前と午後でその
量は少し増えている。でもよく見ると枝先がまだまだ空いている。
満開まではもう少しかかりそうである。なんかこういう咲き方をみ
ていると、ぼんやり寝てる間に春が来てしまい、「おっと、いけねー」
とばかりに慌てて咲いた感がする。


IMG_1614_convert_20200406113543.jpg

IMG_1582_convert_20200406113510.jpg

IMG_1562_convert_20200406113433.jpg

 我が家の桜の木はソメイヨシノで樹齢は48歳。とにかく大きい。
枝先はまだ空いていると書いたが、咲き始めのころ、枝先は枯れ
たのではないかと思えるほど花芽がまるで見えない。それが数日
経つうちにぽちぽちと花芽らしいものが出てきて、それが徐々に
膨らんでくる。これはどうも図体がでかすぎるために栄養分が一挙
に全身に行きわたらないせいではないかと愚考する。


IMG_1566_convert_20200406113315.jpg

IMG_1594_convert_20200406113353.jpg

 この時期、私は正直、浮き足立っている。晴れた日にはすぐに
カメラをもって桜をアップであるいは畑の端から全身をはたまた
満開時には屋根に上って毎年、同じようなアングルで撮っている。
別に定点観測をしているわけではないが、いい写真を撮ろうと思
えば、自然と同じアングルで撮る羽目になる。だが本当は撮りた
いのは桜ではなく、外に横溢する春の息吹なのかもしれない。

IMG_1642_convert_20200406113707.jpg

IMG_1645_convert_20200406113744.jpg

IMG_1646_convert_20200406113822.jpg




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。

日々のこと

.26 2020 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_1536_convert_20200401122435.jpg

宮崎に行っている時、突然ヨシくんから電話があった。「家んおる?」
「おらん。今宮崎」「魚があっちゃけどな」「帰ったらとりんいくわ」「大束
ん親戚んあずけちょくわ」「分かった」という事で、連子鯛2匹をもらった。
鯛はうろこをとるのが大変。うーんと言ってるうちに2日が過ぎた。


DSC_1537_convert_20200401122455.jpg

いかんいかんと慌てて、捌いた。久しぶりに出刃包丁を握った。いつもは
出刃の裏側でうろこをとるのだが、ペットボトルのキャップで取れると何か
に書いてあったなと、ペットボトルの蓋でこするととれるとれる。連子鯛は
小ぶりなのでうろこが小さいから、これくらいでちょうどいい。がそれでも
うろこが飛ぶ。後片付けが大変だ。皮をとって刺身にするほどでもないか。
1匹は骨ごと半分に切って煮つけにした。次の日、丸ごと塩を振って、塩
焼きにした。もちろん日本酒ですよね。残ったアラは一日目は澄まし汁に
2日目は味噌汁にした。骨を食べながらとるのが面倒くさいが味は美味し
かった。


DSC_1566_convert_20200401122604.jpg

DSC_1563_convert_20200401122540.jpg

今まで2回ほどツワをとった。1回目は妹に蜜柑と一緒に送った。とても喜ん
でくれた。2回目は玻瑠さんにあげた。結局自分ように採っていない。ずい
ぶんうっそうと茂ってきた。


DSC_1567_convert_20200401122629.jpg

さて、これの皮むきをせねばならない。茹でて使う分量に分けて冷蔵庫で
冷凍保存がきく。煮つけが美味しそうだ。これも日本酒かな。


DSC_1354_convert_20200401122711.jpg

我が家の蜜柑も3月になり、数度に分けて収穫した。早くとらないと次の
新芽が出てくる。今年もたくさんなった。埼玉の娘にもなんどか送ったが
「剥くのが面倒くさいのよね。でも美味しいの」「たくさん送ろうか?」
「うーん、ちょっと送って」
確かにわからんではない。食後気が向けば私もかごから出してきて洗って
先端を切って、4か所切れ目入れる。食卓で食後、テレビを見ながら一房
ずつ剥いて食べる。面倒臭い。でも美味しい。


DSC_1502_convert_20200401122755.jpg

母が苗を熊本県の八代からもらってきたと言っていた。母はパール蜜柑と
呼んでいた。最近もらった文旦を食べたら味が一緒だった。本当はなんて
云うんだろう?でもいいや、美味しいし。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
 HOME