雑木の庭-月陽亭

.26 2017 comment(0) trackback(0)
DSC_0831_convert_20170427054255.jpg

春になると気になる庭が日南にあります。
知り合いに毎年オープンガーデンやってるから
その時一緒に行こうと話をしていたのですが、
知り合いが留守の時に新聞にオープンガーデンの
通知が新聞に載りました。
今日は行けなかった知人を案内するように書いてみたいと思います。

場所は日南市戸高2丁目、えんぴつ公園の横です。
近くで「きよひで内科クリニック」を開設されておられる
河野清秀さん宅なのですが「月陽亭」と呼ばれています。

この写真の水田の向こうに見える平屋建ての建物と緑が
今回訪ねた「月陽亭と雑木の庭」なのです。
クリニックの駐車場に車を停め、住宅街の中を歩いて
現地に向かいます。


DSC_0833_convert_20170427054328.jpg

DSC_0835_convert_20170427054400.jpg

前面道路と庭の境はこんなふうに自然な感じに
作られています。道路側に咲くシラン(白、紫)や
ツツジがほどよく咲いていて新緑を背景に
実に優しい感じで出迎えてくれます。


DSC_0837_convert_20170427054426.jpg

その続きで森の中へ誘うようにぽっかり口を
開けているのが玄関です。
左側の空き地が駐車場。


DSC_0840_convert_20170427054506.jpg

さあ、それでは入ってみましょう。
表札もおしゃれですね。
少し段を登りながら入っていくと緑に包まれると
いった感じで雑木林に入り込んだ感覚です。
ですが自然に見えるように庭を造るというのは
実は大変にむつかしいことなのです。


DSC_0853_convert_20170427054540.jpg

玄関口を振り返るとこんな感じで前の道路の向こうに広がる
水田と遠くの住宅が見えますがすぐ前に家がないのも
いいですね。
舗石の左右の下草に見えるのは実はリュウノヒゲです。
落葉雑木はコナラ、アカシデ、イヌシデ、ヒメシャラ、ヤマコウバシ、
シラキ、エゴノキ、ヤマモミジ、カマツカ、ハナミズキ、ナツツバキ、
アオハダ。常緑の雑木はモチノキ、ヤブツバキ、アラカシ、シラカシ、
モッコクと実に多彩です。


DSC_0845_convert_20170427054617.jpg

玄関も実にシンプルで落ち着いています。
森の中の家を訪ねるといった感覚ですね。


DSC_0846_convert_20170427054653.jpg

玄関の左側はこんな感じで行き止まり、
多分ここには和室があり、お茶が立てられるように
設えられているのではないかと思います。


DSC_0848_convert_20170427054734.jpg

庭先につくばいが設えられています。

DSC_0851_convert_20170427054819.jpg

玄関右側の小道を進むと庭の中心部に入ります。

DSC_0855_convert_20170427054846.jpg

4月の太陽が、新緑の間から木漏れ日になって
降り注ぎます。


DSC_0858_convert_20170427054911.jpg

居間の前に設えられた小さなテラス。
なんとも心地よい空間です。

ここに座って庭を眺めていると中から
奥さんとお手伝いの方がコーヒーとお菓子をだして
振舞っていただきました。

私はふと2週間ほど前の私の家の桜のことを思い出し、
奥さんに「これらの木々は2週間前までは葉がまだ
出てなかったんでしょう。」と尋ねると「そうなんですよ、
実はね、主人と学会に出かけて帰ってみると
庭が見違えるように新緑でいっぱいになっているんですよ。」
毎年のことだけれど驚かされるのだそうだ。
私は、空を見上げ葉が全て落ちた冬の風景を
思い浮かべた。冬の日差しが葉を落とした木々の足元に
降り注ぎ、今とはまるで異なる燦々と日の落ちる庭が
ちらりと頭をかすめた。


DSC_0857_convert_20170427054940.jpg

さらに小道を進むと最奥部に至るのだが、右側は
道路との境界であるが、そこにはカシの木などの
常緑樹が視界を遮っていた。
庭の中心部には誠に小さな川が流れていて
それもまた心地よく、流れの岸辺で黄色い山吹が
花を咲かせていて如何にも自然な趣なのである。


DSC_0860_convert_20170427055020.jpg

小道を振り返ってみる。玄関口から入ったところに
赤い花が見える。ミツバツツジ?ヤマツツジ?
花は鈴なりではなく、枝を上まで伸ばした先に
少しだけ花をつけているのだがそれもまた
風情がある。

不思議だと思いませんか?
庭=花のイメージでいると全く期待を裏切られます。
ここには、花が少ないのです。でもポイントポイントには
必ず花がちょっとだけ咲いています。
森の中の静寂といいますか、見に感じるのは
ひたすらに新緑の癒しなのだと思いました。


DSC_0866_convert_20170427055056.jpg

庭の最奥部にはお客さんを出迎える席が設けてあります。
これもおしゃれですね。


DSC_0864_convert_20170427055132.jpg

DSC_0867_convert_20170427055202.jpg

DSC_0868_convert_20170427055247.jpg

DSC_0869_convert_20170427055320.jpg

庭の木々の特徴は下枝を極力払って枝を上へ上へと
広げること。前回来たとき、ここを設計された
久富作庭事務所の方からいろいろ聞きました。
剪定する枝は根元からきっちり切るとそこに枝があったように
見えないのだそうだ。とにかく足元を涼やかに
設えること枝は上で広げること。つまりすべての木々が
ここではパラソル状に設えられているのです。
剪定の造園業者さんはと聞くと、普通の方に任せると
コテコテの樹形にされるので、うるさく指導されるのだそうです。


DSC_0875_convert_20170427055355.jpg

なんで床面がこんなに爽やかかというと全てこれらは
リュウノヒゲで覆われているからです。
帰り際に玄関にいらっしゃった河野先生にリュウノヒゲの
ことを聞いたら、「夏場が大変です。枯れないように
水やりをしたり、秋には落ち葉を取り除いたり、とにかく
始終気を使います。」とのことでした。

これは考えただけでも大変な庭なんです。
でもよく維持していらっしゃる。
雑木の庭を自然に保つためには不自然なことを
裏でたくさんやらなければならないということです。
なかなか考えさせられますね。


DSC_0877_convert_20170427055435.jpg

DSC_0878_convert_20170427055510.jpg

空を見上げてみた。新緑の葉が上空を覆って
この間越しに柔らかな春の日差しが庭に差し込む。
多分、1年中でこの時期が一番美しいのだろう。
河野さん御夫妻は自分たちが毎年感じている感動を
いろんな人たちにも見てもらって感じて欲しいと
思ってオープンガーデンを毎春実施されておられるのだろう。

前回、ここを訪れて庭の概念が大きく変わった。
自分の家の庭を眺めて、大きすぎる桜の木を
恨めしげに眺めながら、でもこの桜の木ありきで
雑木の庭のイメージで自然な感じの庭にできないかと
いろいろ工夫してみた。木々の剪定は足元の枝を払って
上に伸ばすこと、一定の範囲の中で自然のままにしておくこと
などなど。だけど未だ道遠しであるが、日々庭と顔を突き合わせて
生活しているということは結構手間暇かかるけれど
幸せなことかもしれないと思うようになった。


DSC_0879_convert_20170427055550.jpg

毎回、この庭は多くのことを教えてくれる。
家と庭が一体になって、日常の生活環境を支えてくれる。
そうした中に自分がいて、屋内では文学や音楽、
写真や料理。そんな日常の一つ一つが私を支えてくれる。
なかなかいい人生ではないか。(昨日は、朝から雨で
インターネットに接続できず、イライラしていた。
今日は晴れて、インターネット接続が叶い、気分が良い。)




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。




スポンサーサイト

満開の櫻

.10 2017 comment(0) trackback(0)
DSC_0401_convert_20170412120359.jpg

桜が一体いつ満開になるのか、やきもきしながら
春の日々を過ごしています。
7,8,9日と妹夫婦がやって来て、9日の朝には福岡へ
帰ります。同じ日の9日午後には読書会のメンバーと花見を
しようということになっていました。
それに11日の夜には友人と夜桜を見ながら
呑もうということになっていました。

ところが天気の方はそんなことはお構いなしに
10日は、強風、豪雨、串間市の市木地区には避難勧告が
出ました。11日には雨は上がったものの風が強く、
朝から、満開の花びらがハラハラと落ちてきます。

そして開けた12日、快晴でした。
残りの蕾が全部咲いて、一部の花は散ったけれど
残りのつぼみが満開という変則満開です。


DSC_0443_convert_20170412120437.jpg

でどうだったのかと言いますと
8日あたりから急に咲き始め、9日はとても暖かく
一挙につぼみが開いたということでしょうか。
妹たちも9日の朝、咲き誇った櫻を見上げて
満足そうでした。

9日午後の読書会のメンバーは男だけ私を入れて4人。
桜の下の縁側に座布団を敷き、文学論から哲学、宗教と
かなり広範囲な話題を雑然とお菓子やお茶を飲みながら
3時間ぐらいだべっていました。
「たまにはこういう雑談楽しいね」ということで
またやろうということになりました。

桜はというとこの日の暖かい日差しでほとんどが開花。
梢の先に僅かに蕾が残っていますが、
9分咲きといったところでしょうか。


DSC_0447_convert_20170412120510.jpg

DSC_0448_convert_20170412120536.jpg

DSC_0462_convert_20170412120707.jpg

11日の夕方、酔龍亭の扉を開くと突然
眩しい西日が差し込んできました。
雲の切れ間から差す西日は暖かい色合いで
桜の花びらを染めてくれます。
太陽は雲に隠れたり現れたりを繰り返します。
西日と桜の組み合わせはなかなかいいものです。

友人との夜桜の下での呑み会もなかなか乙なものでした。
夜には雲間から月も出てきて、なかなか日常味わえない
風流な体験でした。


DSC_0486_convert_20170412120742.jpg

DSC_0488_convert_20170412120809.jpg

DSC_0489_convert_20170412120841.jpg

DSC_0490_convert_20170412120912.jpg

DSC_0500_convert_20170412120945.jpg

翌朝、快晴。もう満開も昨日で終わりかなと思っていたら
僅かに梢の先に残っていた蕾が全開して、2度目の満開状態です。

やはり桜は青空を背景にすると一段と映えます。


DSC_0514_convert_20170412121014.jpg

DSC_0517_convert_20170412121042.jpg

DSC_0525_convert_20170412121108.jpg

久しぶりに屋根に上りました。数年前に比べるとやはり
枝が一段と伸びて大きくなっていました。


DSC_0529_convert_20170412121132.jpg

DSC_0533_convert_20170412121200.jpg

DSC_0536_convert_20170412121226.jpg

桜の花びらが団子状に丸まっているのを見つけて
嬉しかった。昨年9月の台風で痛めつけられ、その直後に
狂い咲きし、若葉がたくさん出て、結局それらの葉は12月に
紅葉して散りました。そういうこともあって今年は少し貧相かなと
見上げていたのに、「ああ、こんなに沢山の花を今年もつけたんだ」
となんか一人感動していました。


DSC_0537_convert_20170412121252.jpg

DSC_0540_convert_20170412121317.jpg

屋根に上って気づいたことがあります。
花見に一番の場所は屋根の上、それも
ベランダのポリカーボネートの上が最高にいいということに
気づきました。来年はここで酒盛り?
いえいえ、それは無理でしょうが、また来年も
花を咲かせてくれるといいなと思います。


DSC_0543_convert_20170412121345.jpg

DSC_0549_convert_20170412121417.jpg

数年前まで一人で満開の桜を眺め、一人で散りゆく桜を
眺めていました。昨年あたりから、いろんな人たちが
我が家の桜を愛でに来てくれるようになりました。
今年はひとしお感慨深いものになりました。

たかが桜、されど桜です。
一年で一番いい時が今、まさに過ぎようとしています。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



庭仕事

.08 2017 comment(0) trackback(0)
DSC_0083_convert_20170411053206.jpg

1年前のブログを見て、意外にも早めに畑仕事を
していたことを知り、暖かくなったのを機に畑や庭を
少し身奇麗にしようと体を動かすことにした。


DSC_0096_convert_20170411053402.jpg

最初にやったのは2本ある桃の木の手前側の1本をバッサリ
剪定すること。下にあるキウイのツルが下から巻きついて
枝を落とすのに苦労した。
切った枝を集めたらこんもりとせっかく焼いた木々の枝や
落ち葉があったところが再び埋まってしまった。
これらも時間を見て小さく切らねばならない。


DSC_0087_convert_20170411053521.jpg

2番目が敷地の三叉路に面したところにある2本のヤブツバキのうち
1本を切ることにした。木に登って枝を落としていると
車で通りかかった岡留くんが「手伝いましょうか」という。
「いやいや、しれてますから」「ほな、気いつけて、落ちゃらんごつなー」
といって去っていったが、しばらくすると歩いてやって来て
道路に散らばった枝を畑へ運んでくれた。


DSC_0085_convert_20170411053612.jpg

これもまた畑の隅に山のようになった。

DSC_0088_convert_20170411053742.jpg

次が大きくなったハクモクレンである。これはなんとしても
葉が大きくなる前に落としたいと再び木によじ登り
枝を落とす。ハクモクレンは葉が大きいのです。
葉が茂って落とすと余計かさばるのです。


DSC_0259_convert_20170411055400.jpg

これもこんなふうに一山になりました。
ただこの木は柔らかくて切りやすいので
助かります。が椿は固くて力がいります。


DSC_0256_convert_20170411053859.jpg

DSC_0260_convert_20170411054014.jpg

さて最後は畑。なんとか雨が来る前に耕して、粒状苦土石灰を
撒かねばと、鍬を振るって畑を掘り返します。草の根やつる草の
長い根を掘り起こしながら取り出すのは骨の折れる仕事です。
雨が降るという前日夕方、石灰を撒き終えました。

今度は晴れた日に昨年と直交するように畝を変え、
肥料を撒きます。そしてマルチング。
ここまで進めばあとは苗を買ってきて植えるだけです。

目標は遅くとも4月中です。


DSC_0433_convert_20170411054140.jpg

庭やベランダももう少し居心地いいようにしていこうと
先日の大隅ドライブの帰りに鹿屋の家具屋さんに
立ち寄りました。まあまあいいのが手頃な値段でしたので
後日、雨の日に志布志に妹夫婦を迎えに行くついでに
鹿屋まで足を運びました。
2種類あったうちのどちらにしようか迷います。
デザインが良くて高いのはディレクターズチェアーの方。
ただ外部に置くので布張りなのが気になります。
よく見ていたら、布が取り外しできることに気づきました。
店員さんに確認したら、本人も知らなかったらしく
「あっ、外せますね」という。「じゃあ、これを2脚下さい。」
「これ1脚しかないんです。」「えっ、どっか他にないの。」
電話であちこちの支店に電話してくれ、そちらに在庫があるので
しばらく時間がかかりますという。
2脚分の代金を払い、1脚を持ち帰りました。
やれやれ、また鹿屋まで行かなきゃならない。

というようなことがあったのですが
いざ、ベランダに置いてみるとなかなかいい雰囲気です。


DSC_0434_convert_20170411054230.jpg

ちなみにこの椅子に座って庭を眺めると
こんな感じです。これから緑が鮮やかになり
天気のいい日も雨の日もそれなりの味わいを
見せてくれると思います。


DSC_0436_convert_20170411054316.jpg

日曜日に気温が上がり庭を覆う桜は九分咲きくらいまで
咲いていますが今年は少し花の量が少ない気がします。
このままでしばらくとの願いもむなしく月曜日には
激しい雨と風。もう数日だけ待って・・・・・・
そういえば去年も同じようなことを言ってましたね。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



夏の庭

.09 2016 comment(0) trackback(0)
DSC_2034_convert_20160812064240.jpg
DSC_2035_convert_20160812064305.jpg

庭に入って手入れをしたいと思ってはいるのだが
扉を開けて外に出たとたん、暑気に当って
気が萎えてしまう。心のどこかで日射病にでもなったら
大変だと呟く声がする。

庭の小道は6月に手入れしたものは
なんとか形を保っているがそれさえ木々の成長に
押されていつまた埋もれてしまうか知れない。

夏に勢いのある百日紅(サルスベリ)の花が元気だ。
近づくとモヤモヤした花だが遠目には
とても綺麗だ。


DSC_2041_convert_20160812064330.jpg
DSC_2038_convert_20160812064355.jpg

我が家の駐車場の運転席の扉を開けた位置に
綺麗な花が咲いているのを見つけた。
写真に撮っておこうと思いついて1週間が過ぎた。
少し遅れるともう花が虫にかじられている。


DSC_2042_convert_20160812064418.jpg
DSC_2045_convert_20160812064442.jpg

畑の方はきゅうりと瓜はもう終わり。
トマトは伸びきった枝を今年はしっかり支柱に
結わえておいたので幹がしっかりと立っているが
今は夏枯れ状態、その内また実をつけ始めるだろう。
足元にスイカが1個実っている。
以前にも2個あったのがある日突然
消えた。食べたあともないので?????

ナスは大体終わりに近い。あと数個
収穫すればおわりかな。しかし今年は初めて
ナスがうまく出来た。来年は少し本数を増やすかな。
一方、シシトウは毎日のように大量に実をつける。
とにかく毎日10個食べても、収穫した量が
増えていって、そのうちしわしわになってくる。
何かいい保存方法はないものか。
こちらは来年は本数を減らそう。

ピーマンもたくさん実をつける。
こちらは毎年のことで予想通りである。
10月ぐらいまではなり続けるのでありがたい反面
夏場は少々、閉口してくる。
なんちゃってイタリアンふうに調理して
食べているが、毎日では飽きてしまう。

台所に山積みされたピーマンとシシトウを
前にため息の毎日である。


DSC_2053_convert_20160812064523.jpg
DSC_2046_convert_20160812064547.jpg

キウイのツルと葉が生い茂って隣の桃の木に
巻き付いている。キウイは今年もそんなになっていない。
夏場茂りすぎるのが鬱陶しくていっそ切ってしまおうかとも
思うが、なかなか決断できないでいる。


DSC_2057_convert_20160812064611.jpg
DSC_2056_convert_20160812064634.jpg

とにかくつる草類が這い回ってあちこちを
緑で覆い尽くす。掃いて集めた枯葉や剪定後の
枝類をそのうち燃やそうと集めておいたのが
いつの間にか緑の蔓草に覆われて庭に
埋没している。9月になったら少しここらを
燃やしてしまおうと思っている。

庭先の桜の葉が随分落ちた。
がよく見ると枯葉だけではないようだ。
時々枯葉に毛虫がついている。
毛虫もかじっているのだろう。

縁側に張り出した屋根の上に大量の桜の落ち葉が
降り積もっている。これが風が吹くと下に舞い落ちてくる。
雨が降ると大量に庭先にどさっと落ちてくる。
庭に落ちたものは腐葉土になるからあまり気にしないが、
縁側に落ちる木の葉は朝晩引きも切らず、
困ったものだがこれもこの時期ならではのこと。
秋になれば屋根に上がり樋を埋め尽くしている落ち葉を
取り除いてやらねばならない。


DSC_2059_convert_20160812064655.jpg
DSC_2061_convert_20160812064716.jpg

久しぶりに庭の奥に入ってみる。
木々が茂っている分、足元の雑草はそれほど多くはないが
ヤブ蚊がすぐにわんさかやってきて体を動かしていないと
とにかくすぐに食いついてくる。シャツの上に張り付いているのもいる。
じっとしてはいられない。
ほうほうの体で密林からはいでてくる。
ま、そのうち・・・・・
なんとかしよう。


DSC_2074_convert_20160812064739.jpg
DSC_2075_convert_20160812064824.jpg

ランタナが庭のあちこちで花をつけている。
これも時々剪定しないと巨大化する。

庭への小道には赤紫蘇や青じそがあちこちにあって
素麺を食べるときとか3,4枚とってきてネギと一緒に
刻んでタレに入れる。味噌汁にも時々入れる。
葉を摘んで冷凍庫にも入っているがこちらは
手で握りつぶすとパリパリと粉々になる。時には
これを入れたりする。

夏の庭は勢いがある。
私はあえて戦わず、秋が来るのを静かに眺めて待っている。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログを見ていただいてありがとうございます。
上記ブログランキングに参加しています。



.31 2016 comment(0) trackback(0)
DSCN4570_convert_20160605063449.jpg

夜中に私の頭上でぼとっという音がします。
部屋のすぐの位置にある梅が屋根に落ちた音です。
翌朝、庭に出てみると、熟れた梅がたくさん
落ちています。梅を摘む時期が少し遅れたかな
とも思いましたが昨年の例もあり、採りすぎても
しょうがないので週明けの晴れた日を選んで
収穫することにしました。


DSCN4444_convert_20160605063520.jpg

酔龍亭のすぐ裏にある梅は少し小粒、枝がいつの間にか
茂りすぎて梅のなりがバラバラといった感じです。
庭の奥の梅は去年ほどではないにしても粒も大きく
鈴なりの部位があり量はそこそこ採れました。
しかし脚立を真っ直ぐに伸ばして3m位の高さの木の上で
木にしがみついて採るのであと何年こういうことが
できるのかとふと不安になります。


DSCN4449_convert_20160605063553.jpg

それぞれを一晩水に浸けアクを抜きます。

DSCN4492_convert_20160605063622.jpg

ここから結構大変な作業なのですが
途中過程は撮影しておりませんので
結果だけを報告しますと

並んだ瓶は4リットル
左から今年初めて漬けるカリカリ漬け
梅干(大粒)、梅干(小粒)
梅酒(ブランデー)、梅酒(ウォッカ)


DSCN4488_convert_20160605063824.jpg

さて、最後に黄色く熟れた梅が残りました。
これで梅ジャムに初挑戦してみました。

実と種をとりわけ、実は鍋で煮込みながらグラニュー糖を入れて
よく混ぜます。梅は粘りっけが強くて焦げ付きやすく
気泡がボコボコ吹いてきて油断すると周りに
飛び散ります。とにかく目が離せません。
種は水を足して煮込みます。
実の方はその日、冷蔵庫に入れておき
翌日、種を煮込んだ汁と練りこんだ実とを合わせ
グラニュー糖を足しながらひたすら焦げ付かぬよう
吹かないようかき混ぜます。
これで一応完成。

DSCN4573_convert_20160605063848.jpg

通常瓶詰めでは詰めたあとひっくり返して冷ますのですが
これをやったら蓋が熱で膨張して緩み漏れてしまいました。
なかなか難しいですね。

さて、冷まして味を見てみました。
ちょっと硬め、ゼリーに近いが、あっ結構イケル!
まあ、反省点もいろいろありますが
いいとしましょう。

梅は酸味が強いのでそれを消すためか砂糖の量が
多いので少し工夫が必要かもしれません。


DSCN4437_convert_20160605063727.jpg

うわー、こんな写真をみると思わず唾が出てきますね。
さて、最後に梅干の話をしましょう。
結構、まだ瓶に入った梅干がたくさんあります。
いつもこんな感じで使っていたのですが
一年、二年漬けた梅の実を天日干ししてみました。


DSCN4576_convert_20160605063759.jpg

これがそうです。一週間ぐらい干しておくとこんな感じになります。
これを食べると結構いけるんです。近所の人にも試したみたら
結構好評でした。

普通は今頃漬けた梅を梅雨明けに天日干しして
また、梅の汁に戻すんですね。
私は面倒くさくていつもこの工程を無視しています。


DSCN4439_convert_20160605063645.jpg
DSCN4441_convert_20160605063706.jpg

さて、最初にお見せした赤紫蘇汁に浸かった梅干を
三つに分けて使うことにしました。
左が天日干しした梅干
真ん中が紫蘇
右が赤紫蘇汁
紫蘇はきゅうりを塩昆布などで漬けるときに足します。
赤紫蘇汁は長芋を切ったものにかけたりすると美味しいです。

とまあ、こんなふうに毎日家事に勤しんでおります。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログを見ていただいてありがとうございます。
上記ブログランキングに参加しています。



 HOME