FC2ブログ

奈良井宿、白樺湖、霧ヶ峰高原、高遠城

.18 2019 ドライブ comment(0) trackback(0)
DSC_9737_convert_20191020063436.jpg

DSC_9735_convert_20191020063344.jpg

台風一過、一夜明けて、窓の障子を引くとアカマツ林の梢の奥に
青空が見えている。木の間から日が差し込んでいる。森が
生き返ったように生気にあふれている。風景が本来の高原の秋を
取り戻したかのようだ。小鳥の声、別荘の前を流れるせせらぎの音、
昨日までの憂鬱を吹き飛ばしてくれた。

岡野さんがどこへ行きたいか問うので、私はすかさず、「白樺湖、
蓼科近辺」と答える。ここにはビーナスラインという有名なドライブ
コースがある。依然来た時にはこのビーナスラインの西の端、
美ヶ原へ行ったことがある。5月とはいえ、頂上付近は雪で、
途中も霧が深く風が強かった。今回はその続きと云える東側の
コースをたどってみたかった。「とりあえずは国道19号線を北上し
奈良井宿に立ち寄り、諏訪湖の北岸を目指しましょう。そこから
まず白樺湖へ行ってみましょう」


DSC_9770_convert_20191020063812.jpg

途中、木祖村の道の駅に立ち寄った時に不思議なことに気付いた。
看板があり、「木曽川源流の町」とある。そういえばトンネルを抜けた
奈良井宿の前の川は北方向へ流れていた。山の向こう側の川は
一体どこへ流れているんだろう。調べてみると川は名前を変えて
犀川→千曲川→信濃川となって日本海へ注いでいた。日本最長の
河川である。実はこの信濃川の流域面積は12,340K㎡と異様に広い。
長野県に降った雨は新潟まで流れていく。今回この川の上流部に降った
雨が実は中流域で容量を超えてあふれ出していたのである。
長野県に源流を持つ大河は木曽川、天竜川とあるが、長野県自身の
面積が13,585K㎡であるから、この信濃川の流域面積が如何に広いか
理解できると思う。

さてそういうことはつゆ知らず、我々は台風被害のあった松本市や
上田市、長野市などを知らないうちに避けてドライブを決行している。


DSC_9744_convert_20191020063514.jpg

DSC_9746_convert_20191020063538.jpg

DSC_9748_convert_20191020063603.jpg

DSC_9756_convert_20191020063634.jpg

DSC_9762_convert_20191020063705.jpg

DSC_9765_convert_20191020063734.jpg

美濃路から中山道に入ると木曽十一宿があり、中でも馬籠宿や
妻籠宿は有名である。奈良井宿は現在塩尻市でかつては難所・
鳥居峠のふもとにあって、江戸時代には「奈良井千軒」と謳われ
栄えた宿場である。妻籠宿とともに国の重要伝統的建造物群保存
地区に選定される宿場である。
台風明けの翌日ということで客はまばら。本来なら秋の3連休と
いうことで観光バスがたくさん押し寄せたことだろう。ついてると
いうか、なんか少し寂しい。


DSC_9773_convert_20191020063851.jpg

DSC_9777_convert_20191020063919.jpg

途中、岡谷でガソリンを補給。そこで道を尋ねると高速で諏訪IC
まで行き茅野市から152号線を上るのがいいという。高速に上がり
甲府方面を目指す。諏訪湖SAで休憩。諏訪湖は雨で濁っている。
この諏訪湖は天竜川の源流で遠州灘に注いでいる。

茅野の市街地で昼食にお蕎麦を食べ、緩やかな坂を上っていく。
坂が急になり、植生が少し変わってきたところで白樺湖に到着。


DSC_9779_convert_20191020063945.jpg

DSC_9790_convert_20191020064211.jpg

DSC_9795_convert_20191020064536.jpg

DSC_9796_convert_20191020064614.jpg

DSC_9801_convert_20191020064649.jpg

DSC_9806_convert_20191020064720.jpg

DSC_9807_convert_20191020064747.jpg

きれいな湖の周りにホテルやスキー場が点在している。少し
古めかしい観光地といったところ、先に行こうと左折して坂道を
上っていくとあっという間に白樺湖が下の方に更に東側に、高い
山々が見えてきた八ヶ岳連峰である。何度も車を停め、景色の
移り変わりを眺めた。「富士山はどこですかね」八ヶ岳の右端
赤岳の右側に富士山が見えた。最初はっきり見えていた山頂は
やがて雲に隠れてぱっと見富士山とわからなくなってしまった。
車山高原を過ぎ、霧ヶ峰の富士見台で小休止。たくさんの車が
停まっている。八ヶ岳の斜面を下りた窪地に沿って中央道、
甲州街道が走っている。絶景である。この窪地は甲府へと
繋がり、その先に富士山がある。
このドライブコース、私も少し運転を代わってもらい、運転して
走ってみました。BMWはハンドルが重くてがっちりしています。
なれると運転しやすい車でしたが、右折左折のランプが
左側、右がワイパーと日本車と反対なので、どうにもこれが・・・
やはり自分の車でもう一度走ってみたいものです。/span>

DSC_9808_convert_20191020064816.jpg

DSC_9809_convert_20191020064841.jpg

DSC_9810_convert_20191020064904.jpg

富士見台を少し過ぎたところに車山のレーダー観測所への
上り路があった。ここで下りて、西側の展望を見ようと
ドライブインの裏の小高い場所へ行ってみた。少し下方に
八島ヶ原湿原が見えた。松本盆地の向こうにそびえる
北アルプスはこの日たなびく雲に隠れて見えなかった。
霧ヶ峰スキー場から諏訪湖へ降りていくことにした。
山を越えて伊那谷に出ようという計画である。


DSC_9812_convert_20191020064925.jpg

ところが諏訪湖を過ぎて152号線の登り口に左側車線が
通行止めになっている。台風で被害があったようだ。スマホで
調べると電柱が峠近くで倒れているという。だが反対車線は
オープンで車が数台下りてきた。これはいけると勝手に
判断して坂道を登り始める。峠付近で撤去作業をしていたが
難なく通過できた。峠を越えて伊那谷を下っていく。


DSC_9814_convert_20191020064952.jpg

DSC_9820_convert_20191020065029.jpg

DSC_9827_convert_20191020065112.jpg

やがて目の前に高遠城が見えてきた。山の向こうに日が
沈みかけているが、せっかくなので高遠城を見に行く。
高遠城は桜の名所である。桜は明治9年旧藩士の手により
植えられ、現在1500本を数える。葉がソメイヨシノに比べると
小さいし、木の姿というか枝ぶりがまるで違う。タカトウコヒガン
ザクラという固有種で花びらの赤みが強いのが特徴です。
桜の咲く季節には多くの観光客が押し寄せ、見るのも大変らしい。
城は山城といった感じで一部が石垣だが他は土塁。空堀が
ほとんどだ。戦国時代の城がそのまま残った様相をしている。
武田と織田、徳川の戦いで攻防を繰り返した城である。
地理的に見ても我々が通過した峠の北側に諏訪があり、
諏訪を手に入れた武田信玄が峠を越えたこの高遠城を
駿河、遠江への進出拠点にしたのがよくわかります。


DSC_9828_convert_20191020065149.jpg

とても長い一日でした。伊那から権兵衛トンネルを抜けて
木曽谷に入り木曽駒高原の別荘に帰り着いた頃はすっかり
暗くなっていました。夕食を作り、食卓に並べてビールで乾杯し
テレビをつけラグビーワールドカップ 日本ースコットランド戦を
観戦。結果はご存じの通り。最高の一日になりました。

明日はいよいよこの別荘とお別れです。






写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
スポンサーサイト



霧島

.28 2019 ドライブ comment(0) trackback(0)
DSC_8991_convert_20190801055522.jpg

霧島へドライブするのは5月に和気神社へ行って以来だ。
志布志から都城志布志道路を通り、曽於広域農道を
通って途中国道10号線沿いの道の駅すえよしに立ち寄り
少し買い物をする。再び曽於街道を通って2号線を
西に向かい、途中から右折高千穂牧場を目指して上る。
天気がいいので気分がいい。曽於広域農道は車を運転し
始めた頃からよく通った。当時ドライブコースを扱った
ブログに全国のドライブコースが載っていて、この曽於
広域農道は全国的に有名だったのだ。何がいいかというと
まず、コースが長い。まっすぐな道路が多い。車が少ない。
途中、直線コースでまっすぐ下ってまっすぐ上るその道の
先に霧島の高千穂峰がそびえているという絵に書いたような
場所がある。車を停めて写真を撮りたい誘惑に駆られるのだが
そんなこと言っておれずに気持ちいいので突っ走ってしまう。

DSC_8987_convert_20190801055634.jpg

DSC_8984_convert_20190801055826.jpg

DSC_8985_convert_20190801060230.jpg

高千穂牧場の横を通って、国道223号線に出る。
そのまま行くと御池方面に行くので、右折して県道31号線
霧島バードラインに出る。しばらく行くと「がまこう庵」が見えてくる。
車を停めて、がまこう庵で昼食を摂る。温かいそばと冷たい蕎麦
のセットを注文。昼時でお客さんでいっぱい。
よく見ると店内が庭側へワンスパン増築されている。

DSC_8990_convert_20190801060448.jpg

DSC_8992_convert_20190801060747.jpg

昼食後、高千穂牧場へ戻り、車を停めて、写真を撮る。
目の前にひまわり畑、その向こうに高千穂峰がそびえている。
空には夏の雲が涼しげに流れている。ここの景色はいい。

DSC_9004_convert_20190801060829.jpg

再び国道223号線に戻り、今度は左折。しばらく行って右折
480号線を高千穂高原に向かう。木々に覆われたコースは
木漏れ日で涼しげだ。上るにつれて外気温が下がる。

DSC_9014_convert_20190801060956.jpg

霧島温泉郷を下りて再び国道223号線に出たところで休憩。

続きは明日・・・・・・・




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。

6ヶ月点検

.11 2018 ドライブ comment(0) trackback(0)
DSC_6743_convert_20181226120700.jpg

新しい車スバルXVを購入して早1年半になる。
都城まで6ヶ月点検に行ってきた。
打ち合わせが終わって表に出ると黒いフォレスターが
置いてある。
Eーボクサーエンジン搭載の2500cc最新型のフォレスターだ。
「随分ごつくなりましたね」「フロントの両サイドをいかつく盛り上げて
あります」「そう言えばこれと同じEーボクサーエンジン搭載のXVが
出ましたね」「購入されたあとですみません」「いやいや、私は
もともとハイブリッドに興味ありませんので」

「ところで私の代車は?」「これです」「えっ、このフォレスターが代車」

ということで最新式のフォレスターに試乗?というか、代車で
都城市内を乗り回すハメになりました。
ちょっと興奮気味・・・・・ムフフ・・・・・

アクセルを踏むとなんか力強い感じです。グァシグァシ、そこのけそこのけ
といった力強い感じですね。これは街乗り車じゃないな。
運転席も高いし、郊外の悪路を走りたくなります


DSC_6742_convert_20181226120736.jpg

でもねー、コマーシャル背負って走ってるみたいというか
そのものなんですけど、シャイな私は遠慮して近くのイオンまで
走って買い物して戻っただけでした。
ウーン、もっと走ればよかった。

点検後の自分の車に乗るとなんか大人しい車に思えます。
でもまあ、私にはこれくらいがお似合いです。
最近、燃費が落ちないように実に大人しく乗っています。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



久住へ

.03 2018 ドライブ comment(0) trackback(0)
DSC_3084_convert_20181112110029.jpg

いやー申し訳ない。
ちょっと忙しかったんで、とりあえず写真だけあげて
繋いだんですが、案外こういうのもありかなどと
思ったりしている。でもなんとなく流れがわかるでしょう。

DSC_3092_convert_20181112110108.jpg

DSC_3107_convert_20181112110141.jpg

DSC_3108_convert_20181112110211.jpg

DSC_3113_convert_20181112110257.jpg

11月の最初というのはいろんなところで魅力的なイベントが多い。
串間でも最大の催しパレードがある。佐賀ではバルーンフェスタと
唐津おくんちがあり、この2つを同時に見れないかと計画してみた。
ただ二日でこの2つのイベントを見、周辺に宿泊するのはなんか
忙しない。そこでいっそ、世間の喧騒を忘れられるような場所がいいか。
と突然、久住登山を決めた。昨年一緒にえびの高原をトレッキングした
Hさんに声をかけると行きたいというのですぐに宿を探した。

DSC_3123_convert_20181112110327.jpg

DSC_3127_convert_20181112110401.jpg

初日の宿は出来るだけ久住に近いほうがいい。
というのは登り口の牧の戸峠駐車場は朝早くに
埋まってしまうからだ。幸い、久住の麓の赤川温泉に
小さな宿がとれた。
小さな宿なので地図で調べてみるとくじゅう花公園の
すぐ隣であることが分かり、ナビをそこにセットした。

迷ったのが右回りか、左回りかだ。右回りだと
東九州自動車道を通り、高千穂からの高森を抜けるのだが
そこからが時間を食いそうで不安である。
そこで、左回りを選択。九州自動車道でえびの、人吉、
八代を抜け、熊本で高速を降り、ミルクロードで
久住へ向かう。

阿蘇の外輪山からの眺めはいつ来ても雄大だ。
3日、4日連休でさすがに車が多い。ここはドライブコースとして
最高の場所だ。最近、あまりスピード出さず、法定スピードで
燃費を気にしながらちまちま走っている身、ここでは一転
アクセルを踏み続けた。ああー燃費が落ちる・・・・・

DSC_3130_convert_20181112110433.jpg

DSC_3131_convert_20181112110508.jpg

宿は予想以上に素晴らしかった。特に露天風呂が素敵だった。

どうも以前ペンションだったのを赤川温泉の若夫婦が買い取って
宿にされたようだ。

面白いのは、広い庭先にテントサイトがあることだ。2家族が
テントを張って泊まっていた。これはなかなかいい。

DSC_3137_convert_20181112110537.jpg

DSC_3138_convert_20181112110614.jpg

朝、テントの様子が気になる。なんか朝食の準備をしている。
寒そうだ。やってみたいが夏がいい。寒いのは嫌だ。
でも楽しそう。こういう大型テントで火を起こして暖をとったり
料理したり、なんだか楽しそうだ。

DSC_3141_convert_20181112110647.jpg 

DSC_3146_convert_20181112110717.jpg

DSC_3156_convert_20181112110754.jpg

朝、芝庭に出てみる。朝日が差し込んで、紅葉がきれいだ。
宿の右側後方にこの日登る久住山がそびえている。
天気は上々、楽しい一日になりますように

DSC_3160_convert_20181112110825.jpg

朝食を食べ終えるとすぐに車に荷物を積み込んで
牧の戸峠へ向かう。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。

千本銀杏

.23 2017 ドライブ comment(0) trackback(0)
DSC_7284_convert_20171130070618.jpg

DSC_7286_convert_20171130070701.jpg

DSC_7287_convert_20171130070728.jpg

ブログ記事で鹿児島県の垂水や桜島へ行った話を
何度かあげた。カーナビに垂水や桜島を行き先指定すると
カーナビは志布志から農道を通ってほぼ真っ直ぐに
垂水へと向かう。だがこのコースは一度も通ったことがない。
実は垂水と鹿屋の間には高隈山という高い山々が聳えていて
地図で見る限りなかなか難所の山越えと見えたからだ。
だからいつもは鹿屋を経由して錦江湾沿いのコースを選ぶ。

この山越え道の途上に是非とも秋に行ってみたい場所が
あった。「垂水千本銀杏」である。
観光写真によれば黄金色に染まった銀杏並木の下に
これまた黄金色のイチョウの落ち葉が敷き詰められ
うっとりするような眺めなのである。

時期的には少し早いと思ったが、行ってみることにした。
この夏、高隈山の麓にある大隅湖までは行っている。
大隅湖までは農道を繋いで行くが流石に鹿児島県の
農道は整備されていて、車の少ない道路はドライブに
もってこいなのだ。

大隅湖から少しずつ道路は高度を上げて行く。
大隅湖に注ぐ渓流は台風の被害を受けて
あちこちで河川改修工事をやっているのが見えた。
山肌にも爪跡が残り、木々がなぎ倒された跡が
痛々しい。道路は狭い道を予想したがまともな道だった。
山あいを縫って登る道路の右側におおきな谷が広がり
こういう場所でこんな大自然に出くわすとは
予想だにしなかった。

峠を越えて道脇に車を停め、小休止。

DSC_7299_convert_20171130070804.jpg

DSC_7324_convert_20171130070836.jpg


道を下ってしばらく行くと道脇に駐車場があり、案内人が
車の出し入れを指図していた。幸い空きがあり
すぐに駐車できた。

木々の間から下方に垂水の町と錦江湾が見えた。
北方には桜島が見えている。
そういう位置にこの千本銀杏はあった。

DSC_7292_convert_20171130070929.jpg

DSC_7293_convert_20171130070952.jpg

DSC_7304_convert_20171130071027.jpg

DSC_7310_convert_20171130071055.jpg

DSC_7325_convert_20171130071119.jpg

DSC_7329_convert_20171130071143.jpg

DSC_7343_convert_20171130071209.jpg

予想通り時期は少し早かった。が木々をよく見ると
葉が少ない。そういえば9月の台風だったか
この辺りを通過した台風があった。その時
大量の葉が落ちたのではないかと思う。

銀杏は道路脇に大きく3つのゾーンに分けて
植えられていた。
これは一番上の場所。

時期的にツワの花が満開で、イチョウの黄色と
マッチして足元に華やかさがあり、なんだか
少し救われた心持ちである。
「つわ採り禁止」の立札に思わず笑ってしまう。
春先に出る茎が煮付けにすると美味しいので
南九州では春の山菜の定番である。
つい採りたくなる客の気持ちも分からぬではない。

イチョウは不思議とすっと1本真っ直ぐに立っているのではなく
ほとんどが地上1mくらいで枝分かれしており、
その枝が広がっているものだから上空を覆い尽くして
下はテントに覆われたようで心地よい。
この日は風が強く、吹きさらしでは随分寒かったことだろう。

DSC_7346_convert_20171130071238.jpg

DSC_7355_convert_20171130071305.jpg

二つ目の場所は道路の上側に有り、急斜面の
道を登っていくと段々畑の各段ごとに同じように
イチョウの木が植えられていた。

DSC_7356_convert_20171130071336.jpg

DSC_7358_convert_20171130071401.jpg

最後は道路の下側、道に沿って降りると
地主の蔵と思しき建物があり、どうもここで
ギンナンを採取し商品化されている様子。

実はこの千本銀杏。民間人がやっておられる。
園主は垂水に帰郷後、先代から受け継いだ
荒れ果てた山に、奥様と二人三脚で三十年もの
歳月をかけて、一本一本イチョウの木を植えられたという。

DSC_7363_convert_20171130071427.jpg

DSC_7364_convert_20171130071449.jpg

垂水で遅めの昼食を摂り、海岸線沿いに鹿屋に
立ち寄り買い物をして帰った。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



 HOME