FC2ブログ

海を見ていた午後

.09 2020 街歩き comment(0) trackback(0)
DSC_1143_convert_20200221011331.jpg

「日曜日の予定は?」「特には・・・」「どっかで昼飯食おうか」
「いいよ」「じゃあ、この前行けなかった海の見える丘の上の
白い家、喫茶店?昼食あったっけ?」「カレーが美味しいって
聞いたけど」「じゃー何時?」「13時」


DSC_1140_convert_20200221011358.jpg

DSC_1139_convert_20200221011427.jpg

DSC_1141_convert_20200221011456.jpg

前からちょっと気になっていた道路わきの丘の上の白い家。
前回、そこで3時のお茶しようと言っていたら、日曜日は2時
半までということで流れた。志布志湾沿いに走りダグリ岬の
手前で右に急な坂を上るとすぐに駐車場。結構、車が停ま
っている。車を停めて、目の前の景色に見入る。右の岬の
丘の上ににダグリ荘、その付け根には夏井の海水浴場、左
には大黒、志布志湾の対岸にはぼんやりと大隅半島が見
えている。志布志湾が一望のもとだ。


DSC_1146_convert_20200221011604.jpg

DSC_1147_convert_20200221011627.jpg

DSC_1148_convert_20200221011657.jpg

しばらくすると彼女がやってきた。一緒に中に入る。窓際の
席に並んで座る。目の前にテラスがあり、食事を注文した後
テラスに出てみる。春先などはここでお茶でも飲みたいそん
な気にさせる。


DSC_1151_convert_20200221011721.jpg

席のテーブルにはお洒落なオペラグラスが置いてある。
手に取り覗くと正面の沖合に1隻の船が停泊している。
ああ、この雰囲気、私の頭には勝手にユーミンの「海を見て
いた午後」が流れている。

DSC_1142_convert_20200221011538.jpg

海を見ていた午後  松任谷由実

あなたを思い出す この店に来るたび
坂を上ってきょうもひとり来てしまった
山手のドルフィンは静かなレストラン
晴れた午後には 遠く三浦岬も見える

ソーダ水の中を 貨物船がとおる
小さなアワも恋のように消えていった

あのとき目の前で 思い切り泣けたら
今頃二人 ここで海を見ていたはず
窓にほほを よせて カモメを追いかける
そんなあなたが 今も見える テーブルごしに

紙ナプキンには インクがにじむから
忘れないでって やっと書いた 遠いあの日

DSC_1153_convert_20200221011746.jpg

昼食のカレーを食べ、食後のコーヒーを飲みながら
彼女は朝から如何に忙しかったをよどみなくしゃべ
り続ける。白いテラスとその向こうに広がる海を眺め
ながら、私はそれを聴いている。

私もその朝忙しかった。週末に行われる生涯学習成果
作品展に出すエッセーに合わせた写真を探してパネル
を作成していた。疲れた体に風景が優しく語りかけてくる。

海の見ていた午後は静かにゆっくりと過ぎていく。

「じゃー気を付けて」坂道を下りて彼女は右に、そして
私は左にハンドルを切る。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
スポンサーサイト



綾工芸まつり

.22 2019 街歩き comment(0) trackback(0)
DSC_0398_convert_20191130114554.jpg

田舎の商業施設で特に物足りないと思うのは「雑貨」である。
でもこれは仕方ない。雑貨というものが出てくる背景は専門店が
過剰になった後の現象ではないか。各専門店からセレクトされた
ものが集まって構成される「雑貨」というのは、商業の形態の
行き着く先ではないかと思えるのだが、ものによっては店主の
手腕が問われるものでもある。最近のテレビ番組でもそういった
類の番組が多い気がする。

そういうものが好きだからか、田舎にいて陶芸展や工芸展が
あると「これは田舎の特権かな」と思いつつ出かけていくのである。
春の三股町、秋の綾町は毎年欠かせない年中行事になった。
特に綾の場合、すぐ隣の国富町に会社時代の先輩谷山さんが
住んでおられるので、必ず声掛けして綾の工芸展に行くことに
している。

が今年は少し違った。金曜日に綾の工芸まつりを見て、その日は
久しぶりに谷山亭に泊って、翌日椎葉村の小崎神楽を見に行く
ことにしたから、結構な長丁場だ。

お昼少し過ぎた頃、国富町の谷山亭に到着、荷物を下ろして
谷山さんの車でお昼を食べにいつもの蕎麦屋へ行く。
蕎麦屋を出て、会場の綾てるはドームへ行く。

DSC_0379_convert_20191130113224.jpg

DSC_0386_convert_20191130114010.jpg

ドームへ入って最初に驚いたのはその配置である、昨年までは
会場全体にばらまかれていた各店舗が今回は中央に囲った
スペースを取り、そこにくつろいだり、子供が遊んだりするスペースを
とって、その周囲に中央に通路、その両脇に店舗という配置である。
知り合いに聞くと店舗数が減ったのではなく、この方が全体を
よく見れるし、まんべんなく回れるという。確かに一理ある。


DSC_0387_convert_20191130114113.jpg

私もそれに従って会場を何周か回った。まず、ゆっくり眺め、
写真を撮り、気になるところをじっくり見て、それから買うものを
買ってと実に具合がいい。なるほどね。


DSC_0380_convert_20191130113306.jpg

いつもおしゃべりするのは「木屋工房」さん。今回は谷山さんと
座り込んで話し込んでいると「そうそう、宮崎の工場をたたんで
国富町郊外に中古の家を買いました。そこを住居、工場、倉庫、
展示ギャラリーにするつもりです」という。「いい時期かもね」
そのうち、遊びに行こうと思う。


DSC_0381_convert_20191130113602.jpg

熊須碁盤店はいつも一家総出で対応されているが、碁盤や
将棋盤はなかなか売れない。私も脚付きでない板状の碁盤が
一つ欲しいが、安くても2万円。そのうち一つ買うかな。今は
専らパソコンで囲碁を楽しんでいるが、たまに碁盤に本因坊戦
などの棋譜を並べたりする。私の安物の碁盤は二つ折りだから
中央にわずかな段差ができて、そこに置く石が少し不安定なのだ。
男の兄弟がいて、よく話をする。お兄ちゃんは晴れて伝統工芸士に
なったのだという。弟の方は全国のデパートで販売巡回をしている。
だが、碁盤は売れない。売れるのは榧(かや)のまな板ばかり。
そのまた、端切れを大量に並べていたので500円のを一つ買った。
彫りやすそうなので木彫でそのうち何か作ろうと思う。
そうそう、もう一軒の店で額縁が安かったのでそれも買った。
縁が厚いのでこれもなにか彫ろうと思う。


DSC_0384_convert_20191130113922.jpg

アオカグの兄ちゃんと話をする。「これ、見てください」と仕切り際に
並べた2つの家具を自慢げに見せる。お洒落な家具である。
無垢材でできているから抱えるとかなり重い。凝ったところは
中央のガラス戸の合わせ部分。わずかに曲線状に仕上げてある。
「ふーん、それはいいけど、中央の横桟がふつうポイね。なんで
それ中央にあるの。中の棚の段とあってないから、中にものを
飾ると中残が視線を遮るやないか」「まだまだやな」と谷山さんが
追い打ちをかける。周りにいた人たちもどれどれと眺めながら
家具談義。


DSC_0390_convert_20191130114257.jpg

谷山さんは「天岩戸木彫」のお兄ちゃんとなにやら話し込んでいる。
まだ若いが神楽面を掘っている。全国のデパートを販売して
行くらしいのだが、外商でよく売れるという。なかなか味のある
神楽面である。「木地のままがいいという人も多いんじゃない」
と聞くと「そうなんです。だから木地のままにしておいて客の要望に
応じて色付けをするようにしてるんです」「おまえ、えらいな。
若いのに」と谷山さん。納得。


DSC_0393_convert_20191130114445.jpg

とまあ、あっちこっちで話し込んでは楽しんでいる。買いたいものも
あるが、今年は自分で木彫を始めたものだから材料だけにした。
自分で作る方が楽しい。各お店のどの顔もそういう顔をしている。

帰りに綾川荘の温泉に入り、二人で近くの飲み屋に行って
飲んだり食ったりしているうちに私はこっくりこっくり。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。

スズキ歴史館、楽器の博物館

.16 2019 街歩き comment(0) trackback(0)
DSC_9651_convert_20191018061359.jpg

家族旅行や台風の進行具合とは別に興味あるものは
貪欲に見て歩きます。到着した日の午後、前回紹介したように
「スズキ歴史館」へ行きました。ここは予約制のため事前に
岡野さんが予約を入れていました。建物はSUZUKIの本社前
入って1階には最近の自動車やバイクが展示されています。


DSC_9605_convert_20191018061459.jpg

DSC_9613_convert_20191018061632.jpg

DSC_9614_convert_20191018061909.jpg

DSC_9616_convert_20191018062118.jpg

DSC_9617_convert_20191018062325.jpg

DSC_9619_convert_20191018062554.jpg

DSC_9630_convert_20191018063056.jpg

スズキは1909年創業、1920年に織機メーカーとしてスタート
しています。現在ではご存じのように二輪車、四輪車、船外機
など様々な製品を国内はもとより世界各国に生産・販売しています。
その歴史に沿って館内を見て回るとやはり面白いし、興味を引く
ものがたくさんあります。また過去にどこかで見た車やバイクも
展示されていて実に面白い。昔の車って小ぶりでカワイイ。
過去に先走ったデザインで登場したものもある。
どちらも言えることですが、二輪車も四輪車もとにかくでかくなって
いたり、電子部品が増えて機械のブラックボックス化が進んでいたり
といつの間にか高度で高級なものになってしまっています。

さて、一夜明けて、岡野さんと「どうしよう?」などと云っていると
奥さんから「台風が来てるんだから、山に行くのをあきらめて
近くの景色のいいところにでも泊りがけで行って来たら」と勧められる。
我が家の方は長女からは「あぶないから行かない」と言ってくるし
福岡の妹からは「新幹線も計画運休になりそうだから切符キャンセルした」
でもって埼玉の次女からも「仕方ないね。だって台風がこっちに
向かってきてるんだもん」とこちらもお手上げ。私は浜松にいて
孤立状態。天気は曇りでまだ雨も降っていない。
「なんなんだ一体。情報の過剰反応だ。おれは自分の目と耳で
判断するぞ」・・・・・・・
「岡野さん、まあとりあえず楽器の博物館行きましょうか」と
せっかくヤマハやカワイなどの楽器メーカーの中心地にいるんだし
これだけはしっかり見ておかなくちゃと朝から二人で出かけました。

正式には「浜松市 楽器博物館」というらしい。アクトシティのすぐ
近くにあります。世界中の楽器が並んでいて、サーっと見ると
いうわけにはいきません。ついついじっくり見てしまいます。
とにかく量がすごい。大阪の民博に似てますが楽器を中心に
収集されていますので、見ごたえがあります。展示内容を
簡単に紹介します。


DSC_9649_convert_20191018063507.jpg

DSC_9654_convert_20191018063701.jpg

DSC_9655_convert_20191018063852.jpg

DSC_9656_convert_20191018064026.jpg

DSC_9657_convert_20191018064342.jpg

DSC_9658_convert_20191018064420.jpg

DSC_9659_convert_20191018064445.jpg

第1展示室
  アジア    420点   
  日本     200点


DSC_9675_convert_20191018064636.jpg

DSC_9678_convert_20191018064659.jpg

DSC_9680_convert_20191018064724.jpg

DSC_9683_convert_20191018064751.jpg

第2展示室
  オセアニア  60点
  アフリカ    130点
  アメリカ    150点
  ヨーロッパ  290点

第3展示室
  鍵盤楽器   70点


DSC_9673_convert_20191018064507.jpg

DSC_9664_convert_20191018064533.jpg

DSC_9671_convert_20191018064604.jpg

第4展示室
  電子楽器   80点
  国産洋楽器 100点
  体験ルーム


DSC_9685_convert_20191018064822.jpg

DSC_9687_convert_20191018064847.jpg

DSC_9689_convert_20191018064912.jpg

DSC_9691_convert_20191018064952.jpg

DSC_9693_convert_20191018065014.jpg

DSC_9697_convert_20191018065038.jpg

面白かったのは鍵盤楽器。現在のピアノに行きつくまでの
歴史が見れるのが興味深かった。ピアノ線をキーでたたく
事で音を出す。その仕組みがメカニックで岡野さんと二人して
ここをたたくとあそこがこうなってこうなる。フムフム。
結構、時間かけてみてしまいました。

体験ルームに行ったら壁際にアップライトピアノが置いてありました。
片手でちょっと弾いてみる。えっ?なにこの音の響き。びっくりするくらい
クリアーな音が低音から高音までスムーズに出ます。こういう場所の
ものはたいてい手入れがよくないのにさすが浜松。びっくりでした。

おい、遊んでないで、どうするんだよ?
台風来てるよ。明日上陸するよ。
どうするんだよ?    ー続きは明日ー




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。

初秋の海

.06 2019 街歩き comment(0) trackback(0)
DSC_9536_convert_20191009070341.jpg

「ねえ、4日から蜜蜂と遠雷の映画が始まるから、週末見に行かない」
「消費税が上がる前に高額な電化製品買ったから、今金欠、見たかったら
一人でも行けるよね」とつれない。「じゃー、近場で金の
かからない所に行こうか」「そうね・・・・」「弁当持って海に行こう」
というので前々から話をしていた自称プライベートビーチへ行くことにした。
「おにぎりは僕が作っていく」「じゃー、私はオカズ、ありあわせでいいよね」

日曜日朝、花火が鳴った。福島小学校の運動会だ。朝、おにぎりを作って
いると、表通りがにぎやかだ。手を休め、いつものように通りに出る。
「おはよう、いい天気になったね。今日は頑張ってね」「頑張りまーす」と
子供たちはいつも以上にテンションが高い。小さい子供たちは走り出す
者もいる。朝は少しひんやりしていた。が日中は気温が上がるかな。

9時半、車に荷物を詰め込み、隣町へ玻瑠さんを迎えに行く。お弁当に
水筒、そして愛犬を積んで出かける。


DSC_9510_convert_20191009065839.jpg

DSC_9501_convert_20191009065707.jpg

DSC_9508_convert_20191009065809.jpg

DSC_9505_convert_20191009065736.jpg

まずは途中にある夏井の奥にある海岸まで細い道を通り、空き地に
車を停める。両端を岩場に囲まれた狭い海岸。岸辺には数軒の民家が
立っている。砂浜に出てみる。波は静かできれいだ。砂浜には小さな貝殻や
薄く丸い小石が打ち上げられている。「ねえ、これ箸置きにいいと思わない」
表面を少し凹状に削ると箸置きによさげである。私は小さくてきれいな貝殻を
拾う。「私、ここ昔来たことある。多分その岩の間から向こうに降りて、
泳いだことある」「今そこトコブシの密漁防止のため柵があって、行けないよ」

DSC_9520_convert_20191009065908.jpg

DSC_9516_convert_20191009070003.jpg

しばらくして車で夏井の魚港へ移動する。堤防には子供たちが群がって
釣りをしている。防波堤に上がって西の海を眺める。志布志港にサンフラワー
が停泊しているのが見える。右の方には先ほどの砂浜が黒い岩壁に隠れて
合間合間に白い砂浜がのぞいている。なかなか魅力的な海岸だ。
海側からシーカヤックでアプローチしてみたい。そんな気になる。

国道へ出る。「左ね」「いや、右だよ」「だって鹿屋(かのや)でしょう」
「金谷(かなや)だよ」ハンドルを右に切って串間方面に向かう。
今町の手前の交差点を右折、金谷大橋を渡り、突端の方へ、
行きどまりに釣り客の車がたくさん停まっている。
小径に入り空き地に車を停めた。荷物を下ろし、竹藪の中の
小径を歩いて、最後に少し上ると視界が開ける。目の前に潮騒の音がする。
両端を岩場に囲われた程よい砂浜。コンクリート擁壁の上から眺めると
ここに住宅でも建てたら最高だろうなと思う。東端に階段がついていて
そこから砂浜に降りる。


DSC_9525_convert_20191009070149.jpg

DSC_9530_convert_20191009070306.jpg

DSC_9526_convert_20191009070041.jpg

私の自称プライベートビーチは日中、日陰がない。午後1時を回ると西側の
岩場の下に影が出始める。東端の岩場のわずかな影に敷物を敷いて
玻瑠さんの大きな日傘をさした。


DSC_9527_convert_20191009070114.jpg

私ははだしになり、波打ち際を歩く。水が冷たくて気持ち良い。
「おーい、はだしになっておいでよ。気持ちいいよ」愛犬の手綱を外して
玻瑠さんも波打ち際にやってくる。愛犬は打ち寄せる波が怖いのか
へっぴり腰である。私は波打ち際に打ち上げられたガラスのかけらを
集める。「それなんとか言ったよね。えーと、そうシーグラス」
夏に一緒に行った民家の展示場にシーグラスで作った奇妙な造形を
思い出した。砂に埋もれた薄いグリーンのガラスのかけらはハッと
するほどきれいだ。まるで宝石を見つけたような気になる。

しばらくしたら、防波堤の上に釣竿を抱えた親子の姿が現れた。
二人は私たちの前を通り過ぎ、東側の岩場を伝ってその突端まで
歩いて行き、そこで磯釣りを始めた。子供は小学校低学年と見えた。
岩場の伝い歩きは子供の足では大変そうだったが、遅れながらも
父親の跡を追う姿をぼんやり眺めていた。


DSC_9532_convert_20191009071651.jpg

お昼にお弁当を開く。私の作ったおにぎりは1個が大きい。1個は
梅干し、もう1個が塩昆布。お茶碗にサランラップを敷いて作った
ものだから表面に塩がついてない。そう弁解すると「手抜きね。
やはり塩気があった方がいいよ」「・・・・・」「2個いける?」
「うん、外で食べるとおいしいから大丈夫」やはり、外でしかも
海辺で潮騒の音を聞きながら食べるお昼は美味しかった。

太陽は真上にあり、岩場の日陰はついに消えて大きな日傘の影
だけになった。私が持参した携帯用レジャーテントを開く。前が空いて
いて後ろがネットになっており、両側面は紫外線を通さないシートに
なっている。風がよく通る。最初砂浜の上に置いたが、寝転がると
下から砂浜の熱が伝わって熱い。岩陰だった場所で下が熱くない
場所に置く。それでも風が通らないと暑い。


DSC_9541_convert_20191009070441.jpg

少し早いが、テントを持って西側の岩陰まで移動することにした。
砂浜をテントを担いで移動する。お弁当とかはそのままにしておく。
西側の岩の下に行くと既に日陰ができていた。打ち上げられた木々を
取り除いて砂地にテントを広げる。その前に日傘をさす。
玻瑠さんが愛犬を抱いてついてくる。「ここなら涼しいよ」
玻瑠さんと愛犬はテントで昼寝。私は持参した本を開く。
日陰が次第に広がっていく。涼しい風が吹いてなんとも気持ちいい。


DSC_9537_convert_20191009070404.jpg

東の突端の岩場で釣りをしていた親子が岩伝いに帰ってくる。
私は岩の上に腰を下ろし、西日を受けた東側の風景の中の
親子の姿を追う。大自然の中で時間がゆっくりと過ぎていく。

DSC_9542_convert_20191009070509.jpg

DSC_9543_convert_20191009070533.jpg

「そろそろ、帰ろうか」「今何時?」「3時過ぎ」「もう・・・・」
テントと傘をたたみ、砂浜を東へ移動。荷物を階段の上にあげて
車まで移動。

途中、コンビニによって飲み物とアイス最中を1個買い、
二つに割って半分こする。

玻瑠さんと愛犬を送り届け、家に帰る。

いつもと違う時間を気心の知れた人と過ごす、なんということもない
一日を短編小説風に書いてみました。(ホント?)




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。

入道雲

.14 2019 街歩き comment(0) trackback(0)
DSC_1886_convert_20190915170734.jpg

夏の間に夏を象徴する入道雲を撮りたかった。
実は前日がその絶好日だった。というのは家の前から
ちょっと眺めただけでも、西の空にも東の空にもそして
北の空にも入道雲が沸き上がり、これはすごいと
思ったのだが、そういう状況というのは当然、ながら
暑いというかあまりの猛暑に外に出る気を失ってしまった。

今日はちょっと涼しい。ああ、やはり昨日だったのだと
後悔しても遅い。仕方ない。午後カメラを抱えて外に出た。
半分は入道雲をあきらめていたのだけれど、遠くの山に
ひょっとしたらと思わせる雲が出ている。


DSC_1898_convert_20190915170807.jpg

DSC_1907_convert_20190915170836.jpg

最近、ずっと文章を先に書いて後から写真を張っている。
今日は久しぶりに先に写真を選定し、13枚の写真を行った
順に張ってみた。

やはり水景の写真は涼しげで、夏を過ぎた初秋の空気感が
漂っている。雲も所在なげで本来の雲らしい。


DSC_1917_convert_20190915170925.jpg

DSC_1918_convert_20190915170957.jpg

最初はぼんやりしていた雲がやがて形を成してきた。
なんだか普通の入道雲とは違う。高畑山の上に普通の
雲が浮かんでいて、その上になんだか巨大な雲の塊が
形を成してくる。

先日見た映画「天気の子」に出てくる雲に似ている。
調べてみると「かなとこ雲を伴う積乱雲」とある。
確かにかなとこのように上部が平らだ。物語ではその
雲の上にまるで人身御供のように晴れた天気を望む
人々の期待に応えようと飛ばされてしまった少女が
一人たたずむ。

そのずっと右方向にいかにも入道雲といったような雲が
沸き上がってきた。ただ足が切れていて、なんだか
締まりのない幽霊のような入道雲だ。このユーモラスな
入道雲はよく見るとウサギのようなトトロのような
子供ならばなんと見るだろう。


DSC_1952_convert_20190915171115.jpg

9月にしてはちょっと不思議な写真。何が?
水田がまだ青い。しかしこれは7月末から8月初めに
刈り取られた後の株から再び新芽が出て、それが
青田を成している。一方、黄金色をした水田はたぶん
放置された水田か、遅れてこれから刈り取る稲田だろう。

入道雲は太陽熱の力や水蒸気の量が足りないのか
力なく、普通の雲へと形を崩していく。

彼岸花が咲き、うろこ雲が浮かび、涼やかな秋風に
赤とんぼが飛び交う。数日もたつとそんな光景が
当たり前になる。

DSC_1956_convert_20190915171143.jpg

日陰の狭い道路をまっすぐ抜けた先に金谷の大橋が突然
目に入った。突然と思ったのは、すべてが陰影の中、この
橋にだけ西日が当たっていて、その向こうに入道雲崩れの
夏空が広がっている。


DSC_1969_convert_20190915171217.jpg

橋の下の突堤の上で近所の人が数名、釣竿を下げて
釣りをしている。右に左にと動きが慌ただしいから、
なにか狙う魚が見えているのかもしれない。


DSC_1974_convert_20190915171301.jpg

少し引いて眺めると海面、西日を浴びた橋、遠くの
入道雲。・・・・・・・・夏の終わり。


DSC_1982_convert_20190915171430.jpg

海につく前に太陽が西の空の大きな雲の中に入った。
その雲間から光が漏れて海面に光がさしている。
神々しい風景である。
写真など撮らずにじっと眺めていればいい。
そう思うのだが、もっといいアングルがあるかもと
右に左にと駆け回る。


DSC_2005_convert_20190915171602.jpg

この日は西側の雲が厚く、ついに夕焼けにはならなかった。
でも雲間からにじみ出てくる光が雲に微妙な色合いをつけて
なんとも魅力的な絵を描いてくれる。

DSC_2009_convert_20190915171702.jpg

静かに暮れようとする初秋の一日
遠くの雲だけがそれに抗う子供のように
まだ遊び足りないのか、西日を受けて輝き続けていた。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
 HOME