大阪にて

.30 2017 街歩き comment(0) trackback(0)
DSCN2535_convert_20170331064422.jpg

大阪2日目の予定は昼はゆっくりしている。
12時に昨年一緒にバンコクに行った上さんとJR大阪駅で
落ち合って昼飯を一緒に食べる。

また、一緒に行こうかという話になった。
インドはどうかなという。「ウーン」
ちょっと引きそうになったが、元気のある今のうちに行かないと
もういけないねと言われ、思わず「そうやね」と頷いてしまった。
昨夜、東郷さんからもらった「東アフリカ・ルワンダ15日間の旅」が
頭の隅をよぎる。
とりあえずは季節はいつがいいのか、場所はどこがいいのか
検討しようかとなった。


DSCN2536_convert_20170331064550.jpg

食後、別れてヨドバシカメラでカメラのコーナーなどを見て歩く。
現在使用している Nikon COOLPIX P7000 の後継機を
探したが生産中止しているとのこと。


DSCN2538_convert_20170331064609.jpg

クレーンが林立している風景。思わず目が行く。
クレーンに懐かしいマークを見る。
上さんもここの現場の設計室にいたがこの日で辞めるのだそうだ。
設計室のマネージャーもグループリーダーもよく知っている後輩たち
設計室を覗きたい気もしたが、またの機会にしよう。


DSCN2542_convert_20170331064630.jpg 

DSCN2544_convert_20170331064649.jpg

梅田界隈を少しブラついて3時に本町の竹中工務店大阪本店を
辞めて以来始めて訪れる。清水さんと3時にお茶でも飲もうと
約束していたのだ。
B1のEVホールで待っていると、設計監理の知った顔に出会う。
「丁子さん、今月で辞めるらしいわ」「えっ、まだおったん。一体何歳や?」
「73歳」思わずため息が出る。

B1階も前はお店がたくさん入っていたのに、入ってすぐの部屋が
会議室になっている。やってきた清水さんと喫茶店に入り、1時間くらい
話をした。途中、私と同期の生産本部の古野くんを呼び出す。
「今月で終わりや」というが「どうすんの」ときくと
「週3日というか1ヶ月15日未満継続して働く」という。
「なんかすることないんか?」「ウーン」

みんな、仕事が好きというか、都会で生活していたら
それも自然なのかもしれない。
私の方はもうすっかり価値観が変わってしまった。
私のほうが少数派で、珍種なのだ。
だからどうということもない。比較するようなものでもない。


DSCN2551_convert_20170331064712.jpg

夕方までまだ時間がある。久しぶりに一駅先の心斎橋に
行ってみる。
地下鉄を出てすぐのところにアクタスがあったので
中に入る。娘夫婦が最近マンションを契約した。
つい調子に乗ってダイニングテーブルを買ってやると
言ってしまった。ウーンやはりいいのは高いな。

都会に出てこうした街歩きが楽しいのは
いろんな雑貨が見れることだ。
見ていて飽きない。あれもいいな、これもいいな。


DSCN2554_convert_20170331064735.jpg

DSCN2558_convert_20170331064757.jpg

DSC_0029_convert_20170331064831.jpg

向かい側に渡ると大丸デパートが建て替え工事をしていた。
竹中の看板が上がっている。完成予想図を見ると
外壁保存でバックさせて高層棟を建てるようだ。
誰の担当だろう。

その近くに大丸家具がやっているお店があり、家具を見ようと
入ったら中古のオーディオ、中古のレコードを売っている店が
あった。入るとなんだか商売っけのない雰囲気。
レコードも量は少ないが、クラシック、ジャズ欲しいのが
何枚か見つかった。

オスカー・ピーターソンとジョン・コルトレーンの2枚を買った。


DSCN2563_convert_20170331064900.jpg

夕刻、本町まで行って会場へ行く

DSCN2566_convert_20170331064921.jpg

5年ぶりに制作グループの卒業式に出た。
今年の卒業(定年退職)は菅くん。
来年は卒業生がいないので同窓会にしようということになった。

菅くんの挨拶・・・・・まだ下の子が中学3年生なので頑張ります。
あと10年は頑張らねばならない。


DSCN2571_convert_20170331064944.jpg

元の上司もいれば、元の部下もいる。
近況を報告しあう。田中さんの訃報もあった。

昨年、電話でお話した森川さんは今年、もう
仕事も辞められ、欠席だった。

昔の強者も今では好々爺になっている。

帰りに、数名で2次会に行った。
二日続けて楽しい夜になった。

明日はもう宮崎に帰らねばならない。
自分が生きる場所はここではない。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。




スポンサーサイト

京都散策

.28 2017 街歩き comment(0) trackback(0)
DSCN2498_convert_20170329093921.jpg

月曜日昼過ぎに家を出た。娘に土産を買おうと目井津の道の駅に
立ち寄ったのだがあいにく休みだった。

少し早めに着いたので軽めの夕食を摂ることにした。
ビールを頼むと少し旅の気分がした。
飛行機は5時25分


DSCN2499_convert_20170329093953.jpg

空港の催し場では様々な手作りの品を販売していた。
2階の土産物店で少し娘へのみやげを買った。
空港は春休みのこともあり随分賑やかだった。


DSCN2501_convert_20170329094018.jpg

DSCN2503_convert_20170329094042.jpg

今回初めてピーチを利用する。切符は1か月前にネットで
注文した。大阪が関空なのが嫌で今まで利用してこなかったのだが
急ぐ旅でもないので、安さ優先とした。


DSCN2505_convert_20170329094110.jpg

飛行機は少し遅れて宮崎を飛び立った。
機内は左右3席ずつ、座ると灯りを点けて持参の
塩野七海の「海の都の物語」を読み始めたが、
ビールのせいもありすぐに寝入ってしまった。

関空第2ターミナルに到着。


DSCN2507_convert_20170329094143.jpg

このビルは会社で働いている頃、審査会で図面を見た記憶が
あった。やたらスロープが多いプランだったと記憶していたが、
建屋に入ると長いスロープを上り、あっち曲がりこっち曲がり
しがら、最後にまた長いスロープを下って荷物受取場所に出た。
何のことはないエスカレーターやエレベーターを節約しているのである。
建屋内は内張りの仕上げがなく、工場のような仕様になっている。

ロビーはお店も数軒あるがひっそりとしていた。満員の乗客が
散ってしまうとひっそりとなってしまった。

30分ほど待って茨木行きのリムジンバスに乗った。


DSCN2511_convert_20170329094211.jpg

DSCN2513_convert_20170329094241.jpg

翌日、昼に京都駅でN君と待ち合わせる。
京都駅は多くの観光客で賑わっていた。
世間は春休みなのだ。
頼まれていた久留米市美術館で買った吉田博の図録を渡す。
駅前でバスの一日乗車券を購入し河原町三条へ向かう。
目的地は三条通りの京都文化博物館


DSCN2518_convert_20170329094323.jpg

DSCN2521_convert_20170329094348.jpg

DSCN2523_convert_20170329094410.jpg

DSCN2524_convert_20170329094434.jpg

三条通は昔からよく行ったところでどこのどんな店があるか
N君より私の方が詳しかった。あっちの店、こっちの店と
寄り道しながら博物館を目指す。


DSCN2526_convert_20170329094500.jpg

現在、京都文化博物館で開催されているのは「戦国時代展」
そうたいした催しではないが、驚いたのは狩野永徳の
「洛中洛外図屏風」を見れたことだ。これは織田信長が上杉謙信に
贈ったもので、おかげで焼失を免れた。展示会の前期には本物が
展示されていたのだそうだが今回の後期はレプリカだったが
それでも手描きで模写されたもので迫力に遜色はなかった。
以前このブログで紹介した山本兼一の「花鳥の夢」の初期に
登場する。


DSCN2528_convert_20170329094524.jpg

この後,泉涌寺に行こうと言っていたのだが、
寒い中庭でコーヒーを飲みながら話し込んでいたら
時間がなくなってしまった。


DSCN2530_convert_20170329094548.jpg

1階にある楽紙館で和紙を買うというので一緒に
立ち寄る。店内には沢山の和紙があり見ていて楽しい。


DSCN2531_convert_20170329094615.jpg

5時過ぎに京都を発ち、大阪に6時着。ここでN君と別れ、
西九条へ行く。駅で娘と落ち合い、さらに6時半谷山さん行きつけの
店「大黒」前で東郷夫妻と落ち合い店内へ入る。
このお店人気があってなかなか予約がとれない。
1か月前に谷山さんに予約してもらっていた。


DSCN2533_convert_20170329094637.jpg

店に入ると中は我々に席を除いて満席。
ここは魚料理が量が多く美味しい。日本酒も
種類が多く、結局3時間ぐらい飲み食いして
大いに盛り上がった。
東郷さんからは先日、1月に15日間ほど行っていた
東アフリカ.ルワンダ旅行記を頂いた。

家に帰り娘と3時ごろまでしゃべって寝た。



写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



雨上がりの朝

.27 2017 街歩き comment(0) trackback(0)
DSC_9853_convert_20170327121130.jpg

朝、暗いうちに目が覚めた。意識はどこかで傍らの
読みかけの本を読もうとしているのだが数日来、頭を
占めているもやもやとした事柄が頭の中をかき乱す。
暫くそうしていたが、やおら起き出し、顔を洗って
ブラインド越しに空を見る。薄い雲の上にかすかに
青空があるのを見て、カメラを抱えて久しぶりに朝の風景を
撮ろうと思い立った。

いつもなら西の運動公園の方に行くのだが久しぶりに
東の方に向かう。元営林署の横の道に入ると見事な
モクレンが満開である。昨日の雨が上がり、今朝は少し
暖かい。そのせいか、行く先に朝霧が出ているようだ。


DSC_9862_convert_20170327121154.jpg

踏切を渡り、わだがわらへ至る直線道路に出ると正面の山並みが
すっぽり朝霧に覆われている。


DSC_9865_convert_20170327121220.jpg

DSC_9867_convert_20170327121244.jpg

DSC_9868_convert_20170327121320.jpg

水田は田植えの真っ最中で、既に終わった水田には小さな苗が
朝の微風に揺れていた。その水田に東の山々とそこを北から南の海に
向かって流れる朝霧が写り込んでえもいわれぬ光景が現出している。


DSC_9877_convert_20170327121349.jpg

DSC_9881_convert_20170327121416.jpg

DSC_9884_convert_20170327121439.jpg

東の空は薄い雲だか,霧だか分からぬ中に朝日が包まれていて、
なかなか顔を出せないでいる。


DSC_9889_convert_20170327121507.jpg

DSC_9894_convert_20170327121532.jpg

雲の隙間から一瞬光が差した。眼の前の景色が変わる。

悩んでいたことの答えが垣間見えた気がした。
成り行きでは駄目なのだ。時間をかけて最適解を探さねば、
急ぐなと心の声がする。


DSC_9900_convert_20170327121559.jpg

DSC_9901_convert_20170327121628.jpg

DSC_9904_convert_20170327121655.jpg

わだがわら橋のたもとに立って福島川を眺める。
川は青い空を写している時が一番美しい。


DSC_9907_convert_20170327121723.jpg

DSC_9914_convert_20170327121752.jpg

水田の近くへ行くとカエルの声がする。豚小屋では朝食なのであろうか
大きな声が不気味なくらい響いている。


DSC_9925_convert_20170327121815.jpg

DSC_9926_convert_20170327121844.jpg

DSC_9930_convert_20170327121913.jpg

DSC_9939_convert_20170327121943.jpg

DSC_9969_convert_20170327122012.jpg

堤防沿いの道脇の菜の花、足元を見るとつくしが顔を出している。
穏やかな川の畔に立つと野鳥たちの声が様々な方角から聞こえてくる。
気温が上がらず中途半端な気持ちで日々を送っていたが
こうして自然の中に身を置くともう確実に春なのだと確信できるのである。

新しい気持ちで新しく何かが始まる。それこそが春の秘めた力なのだ。


DSC_9953_convert_20170327123724.jpg

DSC_9972_convert_20170327122055.jpg

DSC_9983_convert_20170327122128.jpg

気が付くと太陽が大分高く昇っていた。わずかな時間だったのだ。
わずかな時間に垣間見たいつもと違う風景。

明日からは大阪。
近づきすぎたものから少しだけ距離を置き、
遠くにあったものに近づく。
意識を少し入れ替えて数日後にはまた還っていく。
大阪に行くと串間という小さな世界が少しは俯瞰できる気がする。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



福岡県福津市散策

.08 2017 街歩き comment(0) trackback(0)
DSC_9265_convert_20170311055002.jpg

妹夫婦とこたつで夕食、お酒を飲みながら
テレビでワールドベースボールの試合を見ていたら
そのまま寝てしまった。夜中に起こされて
布団に寝直す。

夜半、風が雨戸をガタガタ叩く。


DSC_9271_convert_20170311055048.jpg

翌朝、外は寒い。いつものように3人と1匹で
散歩に出る。ここは福岡県の古賀市、JRの千鳥という駅で
降りる。駅前には戸建ての住宅街が広がる。


DSC_9292_convert_20170311055123.jpg

近くに千鳥池があって、そこを一周して帰ってくるのが
いつものコース。いつもは歩きたがらないナズナがこの朝は
珍しくよく歩いた。

池には渡り鳥がたくさんいて、散歩しているとついてくる。
この池には綺麗な羽の翡翠がいて今回はなんとか撮影しようと
思っていたのだが、なかなか現れない。最後の最後に
「あっ、いた」ちょっと遠い。撮っては見たが茅の幹にとまった
翡翠の胸は茶色、羽を広げないとあの綺麗な青は見えない。
近寄ろうとしたら、飛び去ってしまった。
また次回頑張ろう。


DSC_9307_convert_20170311055148.jpg

朝食を食べていたら、「あっ、雪」
この時期に雪に出会うとは

さてこれからどうしようか。
昨日、実はここへ来る前に近くのイオンに
立寄り、腕時計の電池を替え、金卸と焼酎を1本買った。
このイオンのシネマの見たい映画の時間帯も
妹に調べてもらっていたのだが、映画を見て帰るというのも
なにかさみしい。

この辺りで面白そうなところをぶらつこうということになり
私の車で3人と1匹で出かけることになった。


DSC_9313_convert_20170311055212.jpg

DSC_9318_convert_20170311055448.jpg

DSC_9319_convert_20170311055520.jpg

宗像大社には何度も行ったのに近くの宮地嶽神社には
一度も行っていなかった。今回初めて行く。
実はこの海から続く軸線とこの階段が今、超有名な場所で
春分の日が近くなると多くの人が前日から席とりに並んで
大変なことになっているのです。
この写真にあるように春秋分にはこの参道(海まで続いている)
の先の海に太陽が沈むのです。
以前は地元の人達の楽しみの場所だったものがJALのCMで光の道として
全国版の有名処ろとなったため大変な人出になってしまったというわけなのです。


DSC_9321_convert_20170311055547.jpg

DSC_9324_convert_20170311055618.jpg

DSC_9327_convert_20170311055647.jpg

DSC_9329_convert_20170311055717.jpg

本殿の大注連縄(おおしめなわ)幅が11m、重量3tという
とんでもない大きさです。


DSC_9335_convert_20170311055744.jpg

境内に桜が咲いていました。昔はもっと勢いがあったらしいのですが
最近少し枯れて元気がありません。


DSC_9354_convert_20170311055822.jpg

この神社はとても広いのです。それに高低差もあって
いろんなものがあります。
今度は天気の良い日に来たいものです。
奥に朱鳥居が有りお稲荷さんでこんなものを
見つけました。
太宰府の近くの竈門神社なども若い女性向けに
いろいろ工夫しているようです。


DSC_9356_convert_20170311055851.jpg

DSC_9357_convert_20170311055920.jpg

ここは前から一度見たいと思っていた場所です。
この奥の神社、実は古墳の玄室を利用しているのです。
この石組みを見ればなかなかの人物のお墓だったんでしょうね。


DSC_9402_convert_20170311055957.jpg

近くの津屋崎に家具工房があって一般のお客が出入りして家具を
作っているという。興味があるので案内してもらう。
ところがこの日はあいにくの休み。
でも中に3人ほどが働いている。挨拶をして見学させてもらう。


DSC_9396_convert_20170311060028.jpg

DSC_9383_convert_20170311060056.jpg

ここの案内パンフレットをもらいました。
「みんなの木工房 テノ森」というのだそうです。
とてもいいことが書いてありますから紹介します。

ここでは、家具やおもちゃ、カトラリーなど、暮らしの中で必要なものや
大切な人への贈り物を作ることができます。黙々と手を動かしていると、
様々なことが頭に浮かびます。使う人のこと、手触りのこと、強さのこと、
誠意のこと。自分で作ると、作る時に心がどう動くか、家族が使う時に
何を思うか、ということの大切さに思いが届きます。
この場を開くことで、モノを消費するのではなく、時間をかけて作られたモノ
を大切にできる仲間を増やしていきたい。そして、「お金がないから、
高い物を買う」ということが当たり前の社会となるように、モノづくりを
通して今できることに向き合える場所でありたいと思います。


DSC_9382_convert_20170311060125.jpg

DSC_9388_convert_20170311060152.jpg

ウーン、無性になにか自分の手で作りたくなりました。
一息ついたら、なにかというかやりかけのものを完成させよう。


DSC_9420_convert_20170311060221.jpg

前に一度来たことのある漁港津屋崎の街を散策する。
雑貨屋さんや革細工屋さんを見て、お昼になったので
街中のお店に入る。


DSC_9426_convert_20170311060255.jpg
DSC_9425_convert_20170311060328.jpg

民家を改修した食堂で麺類を注文

一旦、妹宅へ帰り、二人と1匹を下ろし、私の荷物を
積み込んでいざ串間へ出発。

道中、人吉辺りまで雨、わずか二日間の旅は終了。

帰宅してTO DO LISTを作成。
この1週間でやっておかねばならないことが山積み。
一つ一つ片付けるしかない。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



ロケット打ち上げ

.25 2017 街歩き comment(0) trackback(0)
DSC_7223_convert_20170129225931.jpg

DSC_7230_convert_20170129230005.jpg

昼から図書館の会議室を使って
ひこばえの串間のメンバーで作品集を11部
作る予定になっていた。集まったのは5人
最初はどうなるかと思ったが、慣れてきて
少しは手際よくできるようになった。

終わって、あとはいつものごとくおしゃべり
お菓子や飴を食べながら・・・・
こういうパターンもだいぶ慣れてきた。
おしゃべりも聞いていると
「あーそれはこうしてあーして・・・」
とか「結局、こうちゃうか・・・・」
とか男はどうしても解決策をスパッと言ってしまうのだが
どうもこういうのは良くないらしい。
「はいはい」とか「そうやね」とか
相槌を打っておくに限るらしい。

終わって片付けをして1階カウンターで
「ねー、今日はロケットの打ち上げだよね。
何時?」すぐにインターネットで
調べてくれた。「16時40分」

間に合いそうだ。
「うーん、種子島は位置的には大隅半島の左側辺りかな」
と見当をつけていつもとは違う海岸に行ってみる。

誰もいない小さな砂浜に冬の海が広がっている。
風が冷たい。


DSC_7233_convert_20170129230045.jpg

40分を過ぎた。ここらかな思われる辺りを
カメラを構えて凝視する。

「あれ?」水平線上に浮かぶ雲の下に白いものが
赤い炎を後に一直線に昇ってくる。


DSC_7234_convert_20170129230112.jpg

DSC_7235_convert_20170129230139.jpg

それは雲を突き抜けると角度を少し変え
ぐんぐん上昇する。


DSC_7237_convert_20170129230210.jpg

DSC_7238_convert_20170129230236.jpg

DSC_7240_convert_20170129230303.jpg

そうして上空の青い空へと消えていった。

この日打ち上げられたのはH-ⅡAロケット32号機、
搭載されたのはXバンド防衛通信衛星2号機
「きらめき2号」


DSC_7244_convert_20170129230333.jpg

青い空にロケットが打ち上がる光景というものは
甚だ非日常的です。今回は残念ながら音が
全く聞こえませんでした。一度近くで見てみたいものです。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



 HOME