FC2ブログ

同窓会

.12 2018 街歩き comment(0) trackback(0)
DSC_5551_convert_20180817215837.jpg

木曜日に鹿児島市へ日帰りした翌日の金曜日、今度は
泊りがけで宮崎市へ行った。

私の行っていた中学高校は宮崎市にある日向学院という
ミッションスクールである。昨年まで9月に同窓会が開催され
ていて、日高くんからなんどもお誘いを受けていたのだが
何やかやあってこれまで一度も行ったことがなかった。
今年はお盆前にあるというので行く予定にしていたら
鹿児島の検査が遅れて、続き日となってしまった。

串間を出たのは午後3時過ぎ。
5時過ぎに橘通りにあるホテルにチェックイン。

DSC_5556_convert_20180817215910.jpg

DSC_5562_convert_20180817215931.jpg

DSC_5563_convert_20180817215953.jpg

DSC_5564_convert_20180817220013.jpg

会場は大淀川河畔の宮崎観光ホテル。
以前、紹介した賢島のホテル同様、ここもどういうわけか
私が以前働いていた建設会社の九州支店の設計施工
であった。ホテルを出て橘通りを南に向かい、大淀川河畔
に出、川沿いに少し歩くと件のホテルはある。

DSC_5567_convert_20180817220036.jpg

初めてなので要領が掴めない。受付で会費の7000円を
出して、宴会場に入る。えっ驚く程に会場は広い。

DSC_5579_convert_20180817220059.jpg

日高くんは橘通りにある「お菓子の日高」の社長。
今回のような催しがあったり、友達情報があると
すぐに連絡をくれる。右端のテーブルに座り
連絡を取るとやがて同期数人とやってきた。
毎年やってくるのは椎葉村の教育長。彼も同期だ。
卒業以来初めて会う顔が数名。

福岡からやってきた日高くんはずっとアメリカ暮らしだったが
最近、福岡の糸島に家を買って住み始めた。
地縁のないところに落下傘のように降下する。
アメリカ的である。「なんで最後は日本なの」
「アメリカは医療費が高くて、大変。これからが
大変と思って」とのこと。

話しながら、二人の日高くんとは学生時代ずいぶん
親しく付き合っていた記憶が蘇る。
私を含め3人とも、学生時代にカトリックの洗礼を
受けている。一緒に学校外の活動をした事が
色々と思い出される。

日向学院は私がいた当時は男子校だった。
十数年前から男女共学になった。だから同窓会にも
女性の姿が目立つが、当然ながら高齢者はいないことになる。

舞台上では卒業生だという女性たちがベリーダンスを披露。
下に降りて各テーブルの間を回りだして拍手喝采だった。

DSC_5589_convert_20180817220123.jpg

終わって、皆で西橘通りで2次会をやった。
この日、同期のLINEを作った。記念撮影をしても
パッと送れる。便利だ。

DSC_5590_convert_20180817220143.jpg

翌日は雨。その日、宮崎市で一日過ごす予定に
していたのだが、出がけに近所で不幸があり、
通夜には出れなかったが告別式には出たいと
朝早くにホテルをあとにして帰宅した。
着替えて葬儀場へ向かい、手伝った。

鹿児島、宮崎、同窓会、葬式・・・・・
突然に忙しさが群がってやってくる。

翌日には妹夫婦が帰ってくる。

そして母の新盆





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


スポンサーサイト

鹿児島

.10 2018 街歩き comment(0) trackback(0)
DSC_5539_convert_20180814230306.jpg

なぜか?突然鹿児島市にある「せごどん」の銅像の前にいる。

2か月前であったろうか。神戸の知り合いから突然電話が
かかってきて、神戸の設計事務所で鹿児島市の住宅を
頼まれてやっているがなにしろ遠いので監理をやってくれないか
という。そりゃ確かに大変だろうと思い、引き受けることにした。
当初7月の予定だったものが地盤が意外に弱く、地盤改良を
やるなどして工期が少し遅れた。8月の「ひこばえ」の合評会
の日と重なった。仕方ない。9日の夕方が配筋検査の予定だったが
前日施工会社に連絡を取ると配筋は8日で完了したので
9日はいつでもいいという。

DSC_5516_convert_20180814230343.jpg

9日の朝、8時半過ぎに家を出て、東九州道で
鹿児島へ向かう。高速を降りて、鹿児島市へ
向かう道路の途中を右に折れた住宅街になかに
現場はあった。到着は約束の11時5分前。
1時間ほどかけて検査を行う。しかし、住宅にしては
基礎がかなり重厚である。

検査の数日前に、設計事務所へ電話連絡した際、
「スマホ使っておられます?」「いや、ガラケーですが
なにか?」「いや、LINEを使っておられたら、連絡に
便利かなと思いまして」・・・・・
翌日、「知り合いがタブレットパソコンにLINEをセット
してくれた」と連絡があり、登録名を連絡してきたので
早速、私のスマホのLINEで検索、すぐに繋がった。

検査当日、検査中に疑問の箇所をスマホで撮り、すぐに
LINEで送るとすぐに返事が来た。便利この上ない。
私よりも設計事務所側が味をしめたのではなかろうか。

DSC_5530_convert_20180814230404.jpg

12時過ぎに終わったので昼食がてら、鹿児島市へ
行ってみる。天文館の前の中央広場下に駐車場が
ある。そこに車を停め、まずは鹿児島市立美術館へ
向かう。

DSC_5536_convert_20180814230427.jpg

陸橋の上から西の方を見る。左に見えるのが中央公園。
その左側一帯が天文館の繁華街。右が城山。
せごどんの銅像は右下、道路脇にある。

DSC_5540_convert_20180814230456.jpg

DSC_5542_convert_20180814230520.jpg

DSC_5544_convert_20180814230756.jpg

DSC_5546_convert_20180814230544.jpg

市立美術館では「ミュシャ展」をやっていた。
実は昨年だったか?東京で大々的に「ミュシャ展」があった。
ミュシャがなぜ大々的に?と疑問に思われる方はきっと
パリ時代のポスターを描いていた頃のミュシャしかご存知ない
かもしれないが、実は後年、故郷のチェコに帰り、チェコの
女性と結婚。「スラブ叙事詩」という大作を手がけている。
東京で大々的にやられた展示会にはその大作が並べられた
のである。その作品は縦6m・横8mの大きさでそれが
20点あり、約16年の歳月をかけて描かれた。

ひょっとしたらそんな大作が見れないかと思ったが
地方の美術館ではとてもそんな大作は展示不能なのだ。

展示の構成は
第1章  幼少期 芸術の始まり (001~013)
第2章  パリ 人生の絶頂期 (014~103)
第3章  アメリカ  新たなる道の発見 (104~110)
第4章  故郷への帰還と祖国に捧げた作品群 (111~147)

まあ、そこそこ見ごたえはありました。

DSC_5547_convert_20180814230612.jpg

見終わって、天文館へ行き、昼食を食べました。
天文館の繁華街はなかなかお店が揃っていて
迷路的で楽しいところです。
丸善を見つけたので本を3冊買いました。

鹿児島市内まで車で2時間半、都城まで1時間、
宮崎市まで1時間半。
ウーン、遠いようで近い。近いようで遠い。
微妙なり・・・・



写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


大阪にて

.30 2018 街歩き comment(0) trackback(0)
DSC_4763_convert_20180612122922.jpg

ちょっと間が空いてしまった。ごめんなさい。
ちょっと週末野暮用で忙しかったもので。

そろそろ大阪編も終えてしまい、早く串間へ帰らねば

大阪二日目、大阪の街に出てみました。
大阪駅を出ると目の前に、工事中の阪神百貨店が
見えます。

DSC_4766_convert_20180612174057.jpg

ちょっと近寄って、ふーん。
設計担当者を知っているものだから、つい、ふーん
こうきたか。
ディテールが見たくて近寄ってみる。
どうも外からの様子では、隣の新阪急ビルと阪神百貨店の
端部を合わせた一期工事の完成部分が引き渡されて
営業を開始したところであるらしい。中には入っていない。
とすれば2期工事は右側に残る、阪神百貨店を繋いで
一体にする工事がこれから始まるのだろう。
新築部分の右側屋上に飛び出した3層あまりの躯体が
気になった。そう言えばたしか百貨店の上部に超高層
オフィスが計画されていたはず。先に足元を作っておき
右側の2期工事の上部にも同じようなものが作られ、
下部がフルオープンした後、超高層部の工事が始まる。
そんなところかな。

向かいの阪急百貨店の設計が日建設計。これもそう言えば
同じスタイル。経営的には阪急と阪神はくっついてしまった
けれど未だ道を挟んで競い合っている。デザイン的には
真向かいの日建設計より、その道向かいに建つ
富国生命ビルのドミニク・ペローを意識しているように
思えるが、褒めすぎか。

DSC_4768_convert_20180612174139.jpg

一体外壁はどうなっているんだろうか。
アルミパネル? パンチング?模様?
パネルの後ろ側になんか見えるけど何?
ちょっと面白い形のパネルでコーナー部は
1枚抜くことで、パネルが可動で開いたように
見える。ここの変則が面白い。
梅ちゃんのデザインかな?
いいんじゃないこれ。

DSC_4770_convert_20180612174208.jpg

DSC_4771_convert_20180612174231.jpg

大阪行って時間があると立ち寄るのがここdisc union
中古のCD、レコードを取り扱っている。
でこちらがポップス、ロック、ジャズのお店。

時々思うのだが、若い人は今、何を聴くのだろう。
音楽情報がデジタル化された時点から音楽の世界は
時間の障壁を超えてしまったのではないだろうか。
つまり、古いも新しいもないのだ。ただ好みのものが
見つかれば、それがその人に対して正しいのであって、
新しいという価値観は非常に薄れているように思える。

最近、中古CDでクラシックとジャズがやたら増えてきた。
ポップスなんかも例えば数年前のヒット曲を集めた
中古CDを聴いてJames BluntのYou`re Beautifulを
聴いてその後この人のCDを2枚買ってしまった。
こんな聴き方もあっていいかな。

何を買ったかはまた後日紹介しよう。


DSC_4769_convert_20180612174300.jpg

DSC_4773_convert_20180612174328.jpg

DSC_4775_convert_20180612174352.jpg

こちらは向かいにあるクラシック專門館
今回は時間もあまりなかったのでレコードは
見なかった。CDはこれだけあると嬉しい。

DSC_4776_convert_20180612174415.jpg

DSC_4777_convert_20180612174448.jpg

最後に近くに在る、マルゼン・ジュンク堂に寄って
本を探した。
Nさんが勧めてくれた飲茶の「史上最強の哲学入門」
を購入。これは東洋編と西洋編の2冊あるのだが
今回は東洋編。この本についても後日お話しよう。

この日は夕方、高槻の東郷さん宅を訪問し
夕食をご馳走になる。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。

イルカランド

.17 2018 街歩き comment(0) trackback(0)
DSC_4421_convert_20180603231443.jpg

5月15日に埼玉に住む娘(妹)が孫娘を連れて
帰省しました。孫は今年の8月で2歳になります。
1年前、初めて帰ってきたとき、母のいるグループホームを
訪ねてくれました。母と曾孫の初対面の場面を
時々思い出します。その母もこの1月に亡くなりました。

翌日、孫も喜ぶだろうと近くのイルカランドへ
連れて行きました。

イルカランドは串間と志布志の市境(県境)の串間市側に
あります。車で志布志湾に沿って志布志に向かう
中間地点辺りにあるわけですが、いつも前を素通りするだけで
なかなか行くことの叶わなかった施設です。

少し早めに出て切符売り場で開門を待っていると
入口の方が騒がしい。見ると着ぐるみが2人
入場者を歓迎している。早速行って一緒に撮影。
でもなんだか怖そうなペンギン?で、孫は怯えています。

DSC_4424_convert_20180603231523.jpg

入ってまずは小動物のいる場所へ
ポニーやうさぎに孫がはしゃいでいました。

DSC_4432_convert_20180603231559.jpg

この日、朝から志布志湾は濃霧に包まれていて
そのことに高松あたりで気づきました。
海から霧が陸側に押し寄せる感じです。
イルカランドの中から海を眺めるとこんな感じで
少し晴れてきました。
海の風景を眺めるといい場所に作ったなという気がします。

DSC_4438_convert_20180603231627.jpg

イルカが曲芸をする観覧席付きプールの下の階では
こうして泳ぎ回る水中のイルカが見れます。
イルカもこちら側が見えているのか逆さまに泳いで
かまってくれているようです。

DSC_4444_convert_20180603231654.jpg

イルカのショーが始まるまでまだ時間があるので
外に出てみました。子ガメの水槽と親亀の水槽が
あります。子ガメは近寄るとわらわらと寄ってきて
ちょっと怖い。親亀はもっと怖い。

DSC_4453_convert_20180603231734.jpg

DSC_4462_convert_20180603231800.jpg

海岸線の突端に展望所があります。
歩いて階段を登ってそこに向かいます。
階段をどうしても登ると孫が頑張って
上り下りしました。

DSC_4463_convert_20180603231831.jpg

DSC_4465_convert_20180603231900.jpg

展望所はとても快適な場所で、木製のデッキで
できているのでちょっとツリーハウスに感じが
似ています。

振り返って施設の建家を見ると一番大きなイルカショーの
建家が一段低い場所に建てられていてこの建物は
道路側からは見えないようになっています。
そうですね、道路側から見るイルカランドは
平屋の道の駅といった感じで、実に上手く作られています。
中に入ってみると広々として別世界へ来たという
気がします。

DSC_4472_convert_20180603231927.jpg

イルカショーが始まるとアナウンスがあったので
屋内プールへ向かう途中、屋外のプールで
突然、イルカが水面から空中のボールめがけて
大ジャンプ。驚きです。どうも訓練士がイルカを
調教しているようです。それをそばからこうして
眺めている。貸切のショーですね。

DSC_4478_convert_20180603232005.jpg

屋内プールへ行くと志布志の幼稚園の子供たちが
団体で見に来ていました。
そこへ先ほどの着ぐるみがやってきます。
なんだなんだ、これはイルカ?かな。

DSC_4489_convert_20180603232054.jpg

DSC_4496_convert_20180603232506.jpg

DSC_4511_convert_20180603232541.jpg

DSC_4524_convert_20180603232617.jpg

イルカのショーはなかなか楽しい。
大人でも十分楽しめます。
聞く所によると一度行った人はリピーターに
なるのだそうです。私もそうなりそうです。

DSC_4533_convert_20180603232651.jpg

娘親子もすごく満足したようで串間に帰ってくる
楽しみが増えたのはいいことです。

娘と孫が今回のブログの主人公のように描きましたが
実は私が一番喜んでイルカランドを楽しみました。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


椎八重公園、シャクナゲの森

.11 2018 街歩き comment(0) trackback(0)
DSC_0788_convert_20180426120031.jpg

訳あって、急に椎葉に行くことにした。
出発の数日前になって、餌のミミズを買ってないことに
気づいた。都城の釣具屋まで買いに行くことにした。
その日はあまり天気が良くなく、グズグズしていたら
出発がお昼になってしまった。

数日前のテレビで三股のシャクナゲがきれいに咲き
ほこっていると報じていた。ついでだ行ってみるか。
そんな軽い気分だったのだ。

三股奥地の椎八重公園にもシャクナゲの森辺りにも
かつて何度か来たことはあったのだがいつも花の
最盛期を過ぎた頃でいつかいいタイミングで行って
みたいものだと思っていた。

DSC_0785_convert_20180426115830.jpg

椎八重公園について目を見張った。
素晴らしい光景である。
9分咲きくらいかな。ここは久留米ツツジの公園。
見事である。

DSC_0799_convert_20180426120059.jpg

DSC_0802_convert_20180426120128.jpg

DSC_0813_convert_20180426120201.jpg

DSC_0814_convert_20180426120225.jpg

DSC_3781_convert_20180426120738.jpg

今回はあまりおしゃべりするのは止そう。
撮ってきた写真をたくさん並べたから
どうぞその写真で癒されてください。

DSC_0828_convert_20180426120251.jpg

DSC_0835_convert_20180426120321.jpg

DSC_0840_convert_20180426120346.jpg

DSC_0842_convert_20180426120412.jpg

DSC_0844_convert_20180426120613.jpg

随分時間を費やしてしまった。
慌てて、更に奥にあるシャクナゲの森に走る。
入場料の500円を払う。
「お客さん、雨が降るかも知れないから傘をお貸し
しますから持って行きなさい」「うーん、降りだしたら
走って借りにきます」と先を急ぐ。

DSC_0845_convert_20180426121027.jpg

ここに入場料を払って入るのは初めてだった。
私は大きな誤解をしていた。シャクナゲという
低地では育ちにくい花、そんなにたくさんあるはずがない。
そう思い込んでいた。

DSC_0846_convert_20180426121105.jpg

DSC_0848_convert_20180426121134.jpg

DSC_0851_convert_20180426121201.jpg

DSC_0864_convert_20180426121230.jpg

DSC_0868_convert_20180426121256.jpg

最初のうちは花の一つ一つを丁寧に
写真に収めていたのだが、やがてとんでもなく
大きな赤い花が目立つようになってきて、
なんか今まで思い込んでいたシャクナゲの
イメージが吹き飛んでしまった。

しばらく進むと道が山道になり、山中へ
入るとある。空模様が気になるしポツポツと
雨の兆し。うーん、ここまで来たら進むしかない。

DSC_0875_convert_20180426121325.jpg

DSC_0878_convert_20180426121346.jpg

DSC_0879_convert_20180426121409.jpg

DSC_3790_convert_20180426121447.jpg

小高い丘の上から更に奥地を覗くと
なんだこりゃ、私の想像を遥かに超える
シャクナゲの群生地が目の前に広がっている。
雨が降り出した。少し先にお茶屋らしき小屋が
目に入った。カメラを仕舞、スマホに切り替え
それでも写真を撮りながら先に進む。

DSC_3792_convert_20180426121507.jpg

DSC_3793_convert_20180426121530.jpg

DSC_3795_convert_20180426121554.jpg

茶屋が見えたところで雨は本降りになった。
仕方ない、茶屋で雨宿りだ。
茶屋の女主人と先に居た二人の若い女性。
しばらく待つが止みそうにない。
茶屋の女性が入口料金所の女性に電話をしてくれ、
傘を持ってきてもらうことになった。
少し心が痛む。まさかこんなに広いとは
それにこのシャクナゲの種類の多さと大きさ、
全てが予想を遥かに超えている。
天気のいい午前中にもう一度撮影に来てみたい。

DSC_3796_convert_20180426121619.jpg

DSC_3807_convert_20180426121644.jpg

DSC_3810_convert_20180426121709.jpg

傘が届くとお礼を言って少し小降りになった中を
先を急ぐことにした。
少し行くと川に沿った道に出た。渓流ではヤマメを
養殖、放流釣り場もあり、それを食べさせてくれる
ところがある。どうもそちらがメインであるらしい。
しかしこのシャクナゲの森は只者じゃない。
とんでもなく凄いところだ。
天気のいい日にもう一度出直そう。

もう夕方近くになっている。
ああ俺は何をしているのだ。
釣りの餌を買いに来たのに。
慌てて都城の釣具屋さんを目指した。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。




 HOME