FC2ブログ

樫本大進スペシャルコンサート

.30 2019 音楽 comment(0) trackback(0)
DSC_9037_convert_20190801124406.jpg

えっ?   ドライブの続きは?
実はドライブの行先は霧島の「みやまコンセール」
霧島国際音楽祭の一つ「樫本大進スペシャルコンサート」
を聴きにやってきたのだ。

初夏の午後の森の中の涼やかな音楽会
今年は宮崎の宮崎国際音楽祭にひとつも行けなかった。
と思っていたら4月に串間で開催されたサテライト・コンサート
「時代を紡ぐ こころのうた」を聴きに行ったが、これは正直
つまらなかった。というよりメインの米良美一がもう歌えなく
なっているのが分かりとても残念だった。

7月に何か一つだけでも聴きたいと探したら、樫本大進が
目にとまった。日曜日で室内楽だが、まあいいかと急遽
予約したら、もう2階席しか空いていなかった。

DSC_9017_convert_20190801124829.jpg

DSC_9019_convert_20190801124908.jpg

あちこち、ドライブ?していたら開場時間を過ぎていて、
直近の駐車場はいっぱい。交差点先の臨時駐車場に車を
停める。暑い日差しを受けながら道脇を歩いていく。
やがて
緑に包まれたみやまコンセールの建物が見えてくる。

DSC_9021_convert_20190801125339.jpg

高原の緑に包まれたコンサートホールは「杜の舟」のように
森の中に静かに佇んでいる。木々の間から降り注ぐ初夏の
熱線が高原の涼やかな風の中で柔らかな光へと変わっていき
その透明で清浄な空気の中で、忙しない日常が少しずつ
剥がれ落ちていく。緩やかなスロープを上りながら
これから始まる演奏会への期待が徐々に湧いてくる。

DSC_9023_convert_20190801125602.jpg

バイオリニスト樫本大進についてちょっと調べてみました。
改めてその経歴を見ると凄すぎて仰天してしまいます。
こういう天才っているんですね。

父親の当時の勤務地であったロンドンで生まれる。
3歳からヴァイオリンを始め、恵藤久美子に師事。父親の転勤により、ニューヨークへ移り、7歳でジュリアード音楽院プレカレッジに入学し、田中直子に師事。

1990年、11歳の時にリューベック音楽院で教鞭を執っていたザハール・ブロンに招かれ、リューベックへ移り、ドイツのギムナジウ       ムに通いながら同音楽院の特待生としてブロンにヴァイオリンを師事した。
      第4回バッハ・ジュニア音楽コンクールで第1位を獲得。
1991年、リピンスキ・ヴィエニヤフスキ国際コンクール・ジュニア部門で第3位。
1993年、ユーディ・メニューイン国際コンクール・ジュニア部門で第1位。
1994年、第3回ケルン国際ヴァイオリン・コンクールで第1位。
1995年、日本でアリオン賞を受賞。
1996年、フリッツ・クライスラー国際コンクールで第1位、
      ロン=ティボー国際コンクールでは、史上最年少で第1位を獲得。
1997年10月、ギムナジウム高校課程を修了し、リューベック音楽院に正式に入学した。日本でモービル音楽賞(奨励賞)を受賞。
1998年、芸術選奨新人賞(音楽部門)受賞。
1999年、19歳までブロンに師事したが、フライブルク音楽大学に移り、ベルリン・フィルのコンサートマスターを務めていたライナー・      クスマウルに師事する。
      同年、ニューヨークのソニー・クラシカルとレコーディング契約を結び、デビューアルバムが発売された。
2002年、NHK大河ドラマ「利家とまつ〜加賀百万石物語〜」の音楽でヴァイオリンを担当した。
2004年、パリとウィーンでメンデルスゾーンのもう一つのヴァイオリン協奏曲であるニ短調を演奏して話題となった。
1996年12月、フォーバルスカラシップ・ストラディヴァリウス・コンクールで優勝し、1697年製ストラディヴァリウス「レインヴィル」の2       年間の貸与を受けた。
1998年、日本音楽財団から1722年製ストラディヴァリウス「ジュピター」の貸与を受けた。

2005年春に音楽院を修了し、本格的なプロ活動に入った。
      同年、日本でリサイタル・ツアーを行った。日本でのマネージメントはジャパン・アーツと契約している。使用楽器は、1674      年製アンドレア・グァルネリ。
2007年10月、幼少一時期を過ごした兵庫県赤穂市において、市民手づくりの赤穂国際音楽祭を開催、音楽監督を務める。
2008年3月、マリンバ奏者の出田りあと結婚。
2009年9月、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団第1コンサートマスターに内定。
2010年12月、試用期間を経て、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団第1コンサートマスターに、ベルリン・フィルで長くコンマスを務      めた安永徹よりも1歳若い31歳で正式就任。
2011年5月、CHANGEMAKERS OF THE YEAR 2011 クリエーター部門受賞。

DSC_9028_convert_20190801125659.jpg

DSC_9030_convert_20190801125939.jpg

コンサートホールはほぼ満席。席は舞台の右上、かなり近い。
直接音が届くのでいいかと思っていたが、やはり音楽ホールでは
真ん中がいい。要するに響きである。ちょっと残念。

プログラムは
・ドヴォルザーク:テルツェット三重奏 ハ長調 Op.74
・ブルッフ:弦楽八重奏曲 変ロ長調 遺作
・ドヴォルザーク:ノクターン ロ長調 Op.40
・ブラームス:弦楽六重奏曲第1番 変ロ長調 Op.18

どれもあまり耳慣れた曲ではなかったのでちょっと残念。
樫本大進のソロを聴いてみたかったが、仕方ない。
ただ共演者の顔ぶれがまた凄かった。
2002年チャイコフスキー国際コンクール最高位の
川久保賜紀を筆頭に日本の主な交響楽団のコンサート
マスターがずらりと顔を揃えている。
同業者の親睦会の感、大である。

DSC_9032_convert_20190801130101.jpg

DSC_9034_convert_20190801130215.jpg

DSC_9036_convert_20190801130421.jpg

終わって、外に出ると5時を回っていた。まだ強い日差しが
差し込んで見上げると青い空に白い雲が涼しげに流れている。
西日の当たった芝生の緑の中に木々の陰影が長く伸びている。
森の音楽会の余韻に浸りながら家路を急ぐ。

DSC_9039_convert_20190801130653.jpg

今、平野啓一郎の「マチネの終わりに」を読んでいて
マチネが「午後の演奏会」の意味であることを知った。
小説では人生の午後に訪れた貴重な時間を暗示している。
夏の夕方の演奏会の後の風景が演奏会で灯された
心の火種にそっと息を吹きかけてくれる。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。

スポンサーサイト



ラフマニノフ・ピアノ協奏曲第3番

.24 2019 音楽 comment(0) trackback(0)
DSC_7350_convert_20190320133531.jpg

昨日、鹿児島市のことを少し書いた。実はこの日、
桜島フェリーターミナル駐車場に車を停め、フェリーで
鹿児島市へ渡り、タクシーで鹿児島県歴史資料センター
黎明館で「華麗なる薩摩焼」展を見た。
これはなかなか見ごたえのあるものだった。
最初からじっくり見ていたら、なんか後半に行くにつれ
豪華絢爛になっていき、時間がなくなって慌ててしまった。
黎明館の1階レストランで食事をし、再びタクシーに乗り
今度は鹿児島市民文化ホールへと向かった。
この日のメインはこっちだ。

DSC_7351_convert_20190320133600.jpg

曲目は
・ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番二短調Op.30
      ピアノ:反田恭平
・ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調Op。95「新世界より」
指揮:佐渡裕
オーケストラ:日本センチュリー交響楽団

実はこれには経緯がある。前にも紹介したが宮崎市で
昨年9月反田恭平のベートーヴェンの演奏を聴いて
すっかり魅せられた私は又聴きたいと思ってコンサートを
探した。それで見つかったのが半年後のこのコンサートだった。
すぐに電話予約した。

ラフマニノフの有名なピアノ協奏曲第2番はLPレコードを
どういうわけか2枚持っている。1枚はワイセンベルク/カラヤン/
ベルリン・フィルでもう1枚がリヒテル/ワルシャワ国立フィル
である。最初はワイセンベルクで聴いていたがリヒテルを
聴くようになってすっかりこちらの方にはまってしまった。
リヒテルのピアノは雄大でテンポがゆったりしていてロシアの
大地を思わせる。作曲者のラフマニノフもきっとこう弾いたのではと
思わせる。

さて今回は第3番、前から気にはなっていたがあまり聴き込んで
いない。小説「蜜蜂と遠雷」の中ではあまり良く書かれていない。
そんな先入観がある。事前に聴いて臨んだが、2番ほどにメリハリ
がない。しかし実際に聴くとこれはピアノがとんでもない超絶技巧で
休む間がないほど忙しい。ピアノとオーケストラとの音の重ね合わせ
部分が多いのである。従ってピアニストに力がないとオーケストラと
張り合えず飲み込まれてしまう。
ピアニストにとっては難曲であろうと思われる。ピアニストのみに
聴衆の目と耳が集中し、終わったら割れんばかりの拍手だった。
1曲目でアンコールが来た。この曲では佐渡裕氏も影が薄い。

2曲目のドヴォルザークの「新世界」も素晴らしかったのだが
1曲目の反田恭平に食われてしまった感じで佐渡裕が心なしか
いつもの元気がない。

第3番はラフマニノフのアメリカへの演奏旅行前に書かれた。
2番で既に多大な評価を得ている。3番はアメリカという新たな
音楽市場への期待感もあり曲想が派手である。終局は
いかにも割れんばかりの拍手を期待した「どうだ」というふうに
終わる。ラフマニノフ自身が手の大きな高名なピアニスト
若いピアニストがこれを弾きこなすのは果たしてどうかと
思うのだが。

ところが調べてみると日本で最高に権威のある日本音楽
コンクールに18歳、高校3年で初参加の反田恭平は
ファイナルに選ばれる。ファイナルはピアノ協奏曲の競演
である。彼はこの時、この最難関曲のラフマニノフピアノ
協奏曲第3番を選択しみごと優勝を遂げたのである。

CDを1枚だけ買った。録音は最初の留学先のモスクワ
ロシアナショナル・オーケストラとの共演。
曲はラフマニノフのピアノ協奏曲第3番、ピアノソナタ
第2番、10の前奏曲作品23より

買ってしばらくは毎日聴いた。ようやく第3番が身近な
存在になった。

昨日、なにげにYouTubeを見ていて、1978年録音の
ホロビッツ/ズービン・メータ/ニューヨーク・フィルの演奏を
見つけた。ホロビッツの演奏はこのラフマニノフの
ピアノ協奏曲第3番を汗一つかかず軽々と弾きこなしていた。
上には上がいる。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


NHK-FM きらクラ公開収録

.10 2019 音楽 comment(0) trackback(0)
DSC_8095_convert_20190305120228.jpg

FMラジオで音楽を聴く人の中で、日曜日の午後の
「NHK-FM きらクラ」を聴く人は多い、・・そうだ。
私の友人がその一人で毎日曜日この放送を楽しみに
聴いている。私はというとその時間、Eテレで
NHK杯の囲碁の対局を見ている、・・・たぶん。
というのは大抵途中で寝てしまうからだ。それで、
必ず録画しておくのだが、その録画を再生中に
これまた、途中で寝てしまう。

先ほどの「NHK-FM きらクラ」に話を戻そう。
時々、公開録画をやるらしい。その公開録画が
都城であるというので、友人はそれにはがきで応募した。
無論、無料である。
それが当たったというので誘われて一緒に行ってきた。

場所は都城市総合文化ホール(中ホール)
開演時間は午後3時45分。

DSC_8033_convert_20190305120329.jpg

MCはタレントのふかわりょうとチェロ奏者の遠藤真里
そしてこの日のゲストがカウンターテナーの藤木大地、
N響オーボエ奏者の池田昭子。この方確か、Eテレの
「らららクラシック」のオーボエの時、出演されていたのを
思い出した。そしてピアノが加藤昌則。この方作曲家で
なかなか才能豊かな方である。

演奏曲は・・・・・いろいろ・・・・・眠くなるといけないので
止めときます。楽しいコンサート?でした。というか・・・
コンサートではないのです。あくまでFMラジオの番組の
収録なんですね。
驚いたのは、観客の中に多数おられたクラシックファン
というか、この番組のファン。全国から来られている。
何故?それが分かったかというと、音楽あてクイズみたい
なのがあって、触りを数秒流し、「はい、この曲なんでしょう?」
「えっ?えっ?なに?」なんて思っていると客席から手が
上がり、その作曲者名、曲名をズバリ言い当てる。こういう方々が
「・・・・から来ました。」というので観客席にどよめきが走る訳です。
面白いけど、かなり高度です。ウーン、恐るべし。

「で、なんだ。お前は楽しめたのか?」
「楽しめました」
「フーン・・・・・・・・」

翌週の日曜日の午後、この収録が放送されました。
友人から電話があり、「ラジオ聴いた?」「はっ?囲碁見てたけど・・
寝てしまった。」もう誘ってもらえないだろうな。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


ピアノの森

.03 2018 音楽 comment(0) trackback(0)
ピアノの森

「ピアノの森」、「のだめカンタービレ」どちらも大ヒットした
クラシック音楽をテーマにした漫画である。前者はアニメ、
後者はドラマ化され、それも大ヒットした。そうした世界に憧れ、
ピアニストを目指した若者がいる。
それが今日紹介する反田恭平である。

実はピアニスト反田恭平のことはあまりよく知らなかった。
おまけに曲目が全てベートーヴェンで曲目も有名なソナタで
知らぬ人はいないぐらい。普通なら敬遠する。でも逆を言うなら、
一度コンサートで真剣に聴いてみたいと思ったし、
反田恭平は最近音楽番組にもよく顔を出しており、
聞きかじりでロシアで本格的に学んでいるとも聞いた。
まあ、3000円と安かったし、案外いいかもといった
軽いノリでこのコンサートに行くことにした。

曲目は全てベートーヴェン作曲
・創作主題による32の変奏曲
・ピアノソナタ第8番 ハ短調 作品13 「悲愴」
・ピアノソナタ第14番 嬰ハ短調 作品27-2 「月光」
・ピアノソナタ第23番 へ短調 作品57 「熱情」
場所は
メディキット県民文化センター演劇ホール

このホールは初めてだった。少し小さいがいいホールだ。
本番は撮影ができないので、開演前の調律師が調律
しているところを一枚撮影した。本番は席は満席。

DSC_5826_convert_20180906172207.jpg

さて演奏は、1曲目から度肝を抜かれてしまった。
期待以上の演奏に感動したのは私ばかりではなかったようだ。
曲目、話題の新人ピアニストのリサイタルとあって、県内の
ピアノを学ぶ学生、教える先生、音楽ファン、そういう人たちで
客席はたちまちのうちに興奮状態になった。
どういったらいいのだろう。普通に流しているといったところが
まるでなく、自分の解釈で強弱や音色を確実にピアニストが
コントロールしている感覚が伝わるのである。
小説や映画や漫画に出てくる若きピアニストがピアノコンクールに
登場して弾く場面があるが、きっとこういう状況がそうなのだろうと
思った。

さて、帰宅して早速、経歴や年齢を調べてみた。
数年前のテレビ「情熱大陸」に出演していた。それをユーチューブで
みた。以下経歴を簡単に記す。

1994年北海道札幌市生まれ。(普通のサラリーマン家庭)
2012年 高校在学中に、第81回日本音楽コンクール第1位入賞。併せて聴衆賞を受賞。
2013年M.ヴォスクレセンスキー氏の推薦によりロシアへ留学。
2014年チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院に首席で入学。
2015年イタリアで行われている「チッタ・ディ・カントゥ国際ピアノ協奏曲コンクール」古典派部門で優勝。
 年末には「ロシア国際音楽祭」にてコンチェルト及びリサイタルにてマリインスキー劇場デビュー。
2016年のデビュー・リサイタルは、サントリーホール2000席が完売し、圧倒的な演奏で観客を惹きつけた。
 8月の3夜連続コンサートをすべて違うプログラムで行い、各日のコンサートの前半部分をライヴ録音し、
 その日のうちに持ち帰るというCD付プログラムも話題になる。
 3日間の追加公演も行い、新人ながら3,000人を超える動員を実現する。
2017年4月には佐渡裕指揮、東京シティフィル特別演奏会の全国12公演のソリストを務め全公演完売の中、
 各地でセンセーションを巻き起こす。

ざっくり見ただけでこんな具合である。日本音楽コンクールというのは
日本で一番権威のあるコンクールである。1932年に第1回が行われ、
現在は作曲、声楽、ピアノ、バイオリン、クラリネット、トランペットの
6部門からなる。ピアノ部門の出場資格は17歳から29歳まで。
反田恭平は2012年の第81回大会に初出場でいきなり優勝した。
現在24歳、わずか7年間でこの実績。恐るべき天才ピアニストである。

さて今回のブログのテーマに「ピアノの森」としたのには訳がある。
このアニメ、最近NHKで放映されたが、私はこういうのが好きで見ていた。
現在休止中で来年あたりからまた続きが始まるらしい。
このアニメがすごいのは、登場人物の弾くピアノが現在活躍中の世界の
若手ピアニストたちの演奏が採用されていることだ。そして反田恭平は
主人公一ノ瀬海の先生でかつて世界を驚かせた天才ピアニスト阿字野壮介の
ピアノを担当している。

かつて漫画が描くピアノの世界に憧れてピアノを弾き始めた少年が
いまや漫画の主人公を越えようとしている。
その瞬間をこの日、目の当たりにした。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


コンサート

.05 2018 音楽 comment(0) trackback(0)
DSC_4330_convert_20180519062212.jpg

今年初めてのクラシック音楽会に再び宮崎市に出向く。
第23回宮崎国際音楽祭の一環である。
場所は宮崎県立芸術劇場のアイザックスターンホール。
「アジアのヴィルトトゥオーソ~達人たちの饗演」
出演者が諏訪内晶子とチョーリャン・リン
そして楽しみの一つが二人の持つヴィオリン
諏訪内晶子が1714年製のストラディヴァリウス「ドルフィン」
チョーリャン・リンが1715年製のストラディヴァリウス「Titan」

DSC_4317_convert_20180519062314.jpg

DSC_4321_convert_20180519062349.jpg

DSC_4326_convert_20180519062420.jpg

曲目は
ブラームス 弦楽六重奏曲 第2番 ト長調 作品36
             休憩
ヴィヴァルディ 2つのヴァイオリンのための協奏曲 イ短調 作品3-8 RV522
J.S.バッハ   2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043
サラサーテ   ナヴァラ 作品33(弦楽合奏版)

共演は宮崎国際音楽弦楽合奏団

諏訪内さんは以前からCDで色々聴いていたが
チョーリャン・リンは初めて、台湾出身の方らしい。

圧巻は2挺のストラディヴァリウスの競演である。
第一ヴァイオリンの主旋律に僅かに音色の異なる
もう1挺のヴァイオリンが重なり合っていく、
誠に贅沢の極みである。

DSC_4334_convert_20180519062519.jpg

15時開演で17時近くに終了してもまだ日は高い。
翌日の日曜日(5月6日)でゴールデンウィークは
終わる。老後の一人暮らしでゴールデンウィーク
などあってもなくてもどうでもいいようなものだが
こうして街に出てみるとやはりそういう華やかな雰囲気が
街には漂っていて、わずかながらそういう空気を
吸ってみるのも悪くない。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。




 HOME