FC2ブログ

秋刀魚

.14 2018 読書 comment(0) trackback(0)
DSC_6086_convert_20181020051255.jpg

秋刀魚の歌
 
 あはれ
 秋風よ
 情(こころ)あらば伝えてよ
 ー 男ありて
 今日の夕餉に ひとり
 さんまを食ひて
 思いにふける と。

 さんま、さんま、
 そが上に青き蜜柑の酸をしたたらせて
 さんまを食ふはその男がふる里のならひなり。
 そのならひをあやしみなつかしみて女は
 いくたびか青き蜜柑をもぎ来て夕餉にむかひけむ。
 あはれ、人に捨てられんとする人妻と
 妻にそむかれたる男と食卓にむかへば、
 愛うすき父を持ちし女の児は
 小さき箸をあやつりなやみつつ
 父ならぬ男にさんまの腸をくれむと言ふにあらずや。

 あはれ
 秋風よ
 汝(なれ)こそは見つらめ
 世のつねならぬかの団欒(まどい)を。
 いかに
 秋風よ
 いとせめて
 証(あかし)せよ かの一ときの団欒ゆめに非ずと。

 あはれ
 秋風よ
 情(こころ)あらば伝えてよ、
 夫を失はざりし妻と
 父を失はざりし幼児とに伝えてよ
 ー 男ありて
 今日の夕餉に ひとり
 さんまを食ひて、
 涙をながす、と。

 さんま、さんま、
 さんま苦いか塩っぱいか。
 そが上に熱き涙をしたたらせて
 さんまを食ふはいづこの里のならひぞや。
 あはれ
 げにそは問はまほしくをかし。
                     ( 佐 藤 春 夫 )

DSC_6090_convert_20181020051326.jpg

今年はサンマが大漁でたくさん食べられそうですね。
都会生活をされている人にとって、さんまを炭火で焼いて
食べるなどというのは実に贅沢なことであるかもしれませんが
我が家ではその気になれば実に簡単なことです。
縁側に置いた七輪に炭を入れ、火を起こし、買ってきたサンマを
乗せれば、しばらくすると秋刀魚の油が炭に落ちて
炎が立ち上ります。香ばしい秋刀魚の油の匂いが食欲をそそります。
そうそう、大根おろしが欠かせませんね。

大阪で仕事をしていた頃、和歌山県の新宮でイオンの
ショッピングセンターを作っている間、毎週大阪から泊りがけで
通ったのですが、ある時南紀勝浦の旅館に泊まった朝、駅前に
石碑があるのに出くわしました。それがこの佐藤春夫の
「秋刀魚の歌」でした。

でもよく読むとこの詩、意味深ですね。一体どういう状況で
詠まれた詩なのでしょう。

最近、ノーベル賞の文学賞で川端康成に決まるまでの経緯が
ノーベル財団から公表されました。谷崎潤一郎と川端康成の
ダブル受賞の可能性が高かったという驚くべき事実があったと
ありました。

この詩はその谷崎潤一郎の私生活に触れた実に赤裸々な詩
なのです。谷崎と佐藤は親友でお互い親密な付き合いを重ねていました。
谷崎の夫人千代とその間にできた長女鮎子がこの詩の登場人物です。
谷崎が千代の妹に懸想して留守の間、訪ねてきた佐藤と婦人と子供が
秋刀魚を夕餉に食べている様子を歌ったのがこの詩なのです。
夫潤一郎の不実を嘆く千代、その千代に深く同情する佐藤。
なんとこのあと、谷崎は佐藤に「妻千代をお前にやる」と約束するのですが
千代の妹との再婚がままならず、その約束は守られませんでした。

佐藤はこのことを非常に怒り、谷崎との友情関係は壊れてしまいます。
数年後、谷崎は文藝春秋社の女性記者といい仲になり、結局千代と離婚します。
その時、谷崎は佐藤を呼び出して、千代をもらってくれと言って千代を
送り出すのです。結局、佐藤春夫は千代と子供の鮎子共々引き取って
新しく円満な家族を作ります。

谷崎はこの女性との関係は2年ほどで壊れ、次に当時人妻であった根津松子に
しつこく結婚を迫り、ついに再婚を果たす。「細雪」の4姉妹の二女幸子は松子を
モデルに書かれたものである。谷崎の恋愛遍歴はこのように多彩ではあるが
その都度真剣でそれはそのまま作品へと昇華している。それもまた見事である。

一方、詩人佐藤春夫の秋刀魚の歌は佐藤の代表作として今に残る。
こういう背景を理解しながら今一度この詩を味わってご覧なさい。
ここでは秋刀魚の温かさのみが際立って千代、鮎子、春夫の気持ちとは裏腹に
なんともならない現状にただ不安といらだちにおののく心が漂っています。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。




スポンサーサイト

ひこばえ

.12 2018 読書 comment(0) trackback(0)
DSC_6094_convert_20181020042243.jpg

久しぶりの「ひこばえ」合評会参加です。
8月は鹿児島へ配筋検査に行く日が重なり、9月は椎葉へ
行ってる日と重なり、2か月参加できませんでした。
5月あたりからの作品を投稿していないので、半年近く
新たな作品を投稿できなかったことになります。

DSC_6095_convert_20181020042321.jpg

DSC_6096_convert_20181020042344.jpg

気持ちの上でも少し、中だるみしていたのかもしれません。
もう少し「書く事が日常的である」というふうにしていきたいと
思うのですが、「書きたい」ということはそれだけ日常に対して
「気づき」のようなものを持たないと作品へと昇華していきません。
たぶん、出来事は日々起こっているわけですが、それを書いた時、
最後の数行で「はて?」と息詰まるのです。「で、それがなに?」と
問い詰められた時に返す言葉が出てこないとそれは作品足りえません。
落語でいうオチですね。

何が言いたいのか、書き始める前にぼんやり浮かんでいることもあるし
一度書いてみて、推敲を重ねるうちにあっと思い浮かぶこともあります。
もっとも、推敲は重ねすぎると最初の勢いみたいなものが失われることも
あるし、前後をひっくり返してことがうまく運ぶこともあります。
合評会で会員にいじられるのは実は非常に勉強になります。
意見の一つ一つにいろんなことを気付かされます。

DSC_6097_convert_20181020042412.jpg

毎朝、新聞のはがき随筆欄や他のエッセーなどを読むのですが
100人いれば100通りの書き方がありのだとそのばらつきの広さに
うんざりすることもありますが、これはすごいという文章に出会う
こともあります。

最近、書いたもののことが気になります。このブログにしても
そうですが、家族に残すには結局こういうものが一番いいのかもしれないと
思う事があるのです。写真は観る側の思いを喚起するだけですが
書かれたものは書いた者の思いが宿ります。思いが残るというのが
結局家族に残す一番いい置き土産かも知れないと思うのです。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


庭の手入れ

.10 2018 comment(0) trackback(0)
DSC_2692_convert_20181018114528.jpg

涼しくなったらと言い訳しながらほっておいた庭の荒れようが
ひどい。さすがにこれはまずかろうと天気のいい日は庭に出て
少しずつ雑草を抜いたり、蔓草を取り払ったり、落ち葉を履き
集めたりとやってはいるが庭は広く、少しも小奇麗にはならない。

正直に言って、イヤイヤやっているように見えるかもしれませんが
決してそういうことはなく、時間をかけて庭を設計しながら
庭づくりをしているのだと自分としてはそう信じているのであります。

DSC_2673_convert_20181018114024.jpg

DSC_2694_convert_20181018114059.jpg

夏のあいだ、あらゆる蔓草が庭を覆い尽くし、木々に取り付き
ひどい状態になっているので、最初の仕事はこの蔓草を取り払う
ことから始めねばなりません。庭木に這い上がった蔓草は木々の
梢の先まで巻きついていて、これをほどいてやらねばならず、
これが結構面倒くさいのです。が柔らかな梢の先がねじ曲がって
しまうので、丁寧にやらねばなりません。

DSC_2674_convert_20181018114128.jpg

夏野菜をたくさん供給してくれた畑もご覧のとおり、もっとも
この藪の中で未だにピーマンは実をつけてくれるのですが。
この畑に行くまでに、小径の整備。その前に蔓草取り。
まあ、焦らず、少しずつです。

DSC_2667_convert_20181018114157.jpg

DSC_2668_convert_20181018114226.jpg

DSC_2670_convert_20181018114253.jpg

DSC_2676_convert_20181018114320.jpg

DSC_2678_convert_20181018114348.jpg

庭にはいくつも小径ができました。落ち葉が降り積もっていて
今はなんとか道らしくあるのをもっと明確に径にするために
雑草を刈ったり、雑木の下枝を払ったりせねばなりません。
雑木の前に立って、ウーンこの枝、切るか残すかいつも悩んでいます。
それでもある時、えいやっと切ってしまうのですが。
雑木の剪定は難しい。

DSC_2680_convert_20181018114414.jpg

酔龍亭の東側にも坪庭があって、私はこの部屋でパソコンに向かって
ブログを書いています。だから雰囲気は山中の別荘に住んでる気分なんです。

DSC_2684_convert_20181018114438.jpg

酔龍亭の周りはご覧のように砂利敷です。これが落ち葉と雑草で
埋まってしまいます。今回、最初にやった庭仕事はこれです。
やっと小奇麗になりましたが、今度は窓の汚れが気になります。
窓の掃除もやらねばなりません。

DSC_2689_convert_20181018114553.jpg

DSC_2691_convert_20181018114502.jpg

DSC_2695_convert_20181018114619.jpg

さらに畑の奥に続く小径があるのですが、今はまだとても
ここまで手が回りません。がもうすぐ渋柿が熟れてくるので
それを摘みに入らねばなりません。

ああ、年内にどこまでできるのだろう。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


朗読ボランティア養成講座

.08 2018 読書 comment(0) trackback(0)
DSC_6084_convert_20181016070221.jpg

知り合いが最新号の市報に朗読ボランティア養成講座の
案内が出てると教えてくれた。3回だけだが、専門の先生が
宮崎から教えに来てくれるらしい。
小学生に一緒に絵本の読み聞かせボランティアをしている
Tさんに電話をすると「私もそれに参加しようと思っていた」と
言う。一緒に参加することにした。

主催はカナリア会。代表は以前、図書委員会でご一緒したことのある
Yさんで、毎月、市報が出ると、目の不自由な方々に届けるため
テープに会員が手分けして市報の内容を吹き込んでいる。
歴史のある会で素晴らしい仕事をされている。
毎月、関係者は飫肥で朗読の講習を受けているのだそうだ。

DSC_6085_convert_20181016070252.jpg

女性の参加者が多いので我々男二人の参加は感謝された。
Tさんが朗読ボランティアへの参加者を募る下心で参加してますと
いうとカナリア会からもうちも同じですという。
どの団体も若い人の参加を望んでいる。

ところがである。いざ講習が始まってみると先生が高齢にも
関わらず元気が良い。配られたテキストには佐野洋子さんの
「100万回生きたねこ」とレオ・バスカーリアの
「葉っぱのフレディ」と宮沢賢治の「注文の多い料理店」が載っている。
今回は「100万回生きたねこ」だ。
いきなり、一人ずつ文章を読まされる。アクセント、抑揚の違いを
その場でビシビシ指摘され、何度も何度も読み直しをされる。
久しぶりに厳しい場に立たされ緊張感が走る。

ああ、これは体に覚えこまさないとダメなんだとわかってくる。
ひとりひとりに対する指摘が実に勉強になる。なにげに読んでしまう。
方言の抑揚で言葉に力がないとたちまち指摘される。
連続して読むべきところ、切るところ、細かな指摘がビシビシ
飛んでくるがこの先生、相手を不快にさせない話術が実に冴えていて
すぐに笑いを取りながらてきぱきと進めていく。見事である。

DSC_6092_convert_20181016070436.jpg

翌週の木曜日は久しぶりに福島小学校の児童への読み聞かせだった。
今回の対象は1年生。ウワ━(。・ω・)ァァ━・゚・ー1年生か・・・・・
特に絵本を探すなどの準備をしていなかったが
そこはそれ、本棚から谷川俊太郎訳の「かみさまへのてがみ」を
引き出していき、それを朗読した。結構面白がってくれたし、
集中して聞いてくれた。

朗読の先生からも言われたが、絵本の選定が難しい。
特に小学生の場合、学年によってうまく使い分けしないといけない。
だけど若い子供たちにこうして朗読をすることは大いに楽しい。
毎回元気をもらう。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


日々のこと

.07 2018 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_6048_convert_20181014233304.jpg

DSC_6045_convert_20181014233334.jpg

夏に遠くの友人たちからぶどうや梨をいただいた。
お礼に何がいいかなと考えているうちに秋になってしまった。
串間でこの時期、何があるかと買い物の折、ふと
考える。やはり甘藷芋しかない。
はがき随筆を一緒にやっているSさん家が芋を作っているのを
思い出し、電話してみる。1週間ぐらい待ってくれたらという返事。
4箱お願いしておいたら、1週間後電話があった。
スーパーの駐車場で落ち合い、品物を受けとった。
店頭で買うより随分安くしてもらった。
ふた箱はぶどう、梨を送ってくれた友人にそれぞれ、
残り2箱は娘たちに送った。

埼玉に住む娘(妹)は孫娘が芋を両手に掴んで楽しみにしている様子を
写真で送ってくれた。量が多いかなとも思ったがいろいろ工夫して
食べている様子がラインで送られてきた。
娘(姉)はひたすら電子レンジでチンした焼き芋にして食べているとか。

Sさんは私にも別にビニル袋に入れて10数個をくれた。
私は芋が苦手だ。なかなか料理にうまく使えないでいる。
こうしてレンチンして焼き芋にしておやつ時に食べると
結構お腹が膨れる。今回はなにか工夫して料理使ってみたい。

DSC_0381_convert_20181015063408.jpg

DSC_0022_convert_20181014233612.jpg

梅干は土用干にかぎる。あのジリジリと照りつける太陽の下で
天日干しするのがいいのは分かっていたがその頃結構忙しくしていて
機会を逃した。今になって慌てて、漬けた梅干を干している。
紫蘇に浸かる時間が長かった分、いい色合いだ。
熟した梅を今年初めて漬けてみた。取り出すと大半は形が
崩れている。まあそれでもどんな味になるか楽しみである。
ここに広げているのが1瓶分である。これが4瓶ある。
あーあ、秋が終わるまでに終えたいものだ。

DSC_0020_convert_20181014233425.jpg

DSC_6071_convert_20181014233505.jpg

畑の夏野菜はいまだなり続けている。それでももう茄子は
小さなものしかならず、シシトウももう終わりかな。
最後まで大きな実をつけて頑張っているのがピーマンである。
もう十分元はとった。雑草の中でこの木のみがいまだ
頑張ってくれる。ピーマンは冷蔵庫にいつもいっぱい入っていて
見るたびにため息が出る。でも食べきらないとな。

DSC_0379_convert_20181015063430.jpg

最近、日本酒が出ないけど。どうなっているのか。
実は暑い時期の7月と8月は封を切らずにしまっておいた。
今年の夏は暑すぎて封を切ると傷みが早いかなと
思ったのと夏はやはり日本酒という気分にならない。
9月少し涼しくなったので左から順に飲み始めた。
今、真ん中の「手取川 吉田蔵」を呑んでいる。
涼しくなると日本料理にはやはり日本酒がいい。

DSC_2257_convert_20181014233646.jpg

DSC_2260_convert_20181014233713.jpg

DSC_2263_convert_20181014233750.jpg

今月は少し腰を落ち着けて庭や畑の手入れをしている。
春までになんか少しはいい感じの庭にしたいと思っている。
一旦やり始めるとなかなかやめられない。がその一旦始めるまでが
なかなか腰が重い。こうして朝早いうちにブログを書いてしまうと
昼の時間が自由になる気がして、その時間を庭仕事に
当てている。庭のこの5年間に植えた木々が少し成長して
雑木の庭らしくなってきた。小径に雑草対策でレンガを敷きたいのだが
重たいので買ってくるのが大変だが少しずつやるしかない。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。




 HOME