川遊び

.08 2017 渓流釣り comment(0) trackback(0)
DSC_0907_convert_20170812144840.jpg

近くの川(赤池渓谷)へ突然、行ってみました。
といっても滝の方には行かず、橋を渡ったところの木陰に車を停めて、
支流に沿った山道を歩いて上流を目指します。

橋の上から、渓谷を見下ろすと川は台風の影響で濁って増水しています。
川遊びをするには甚だ間が悪いのですが、来てしまったものは
仕方ありません。

途中道を間違えて、倍くらいの時間がかかってしまいました。
山道は私の記憶よりもしっかりした道でしたが、道路上は
ご覧のように台風の時の強風で折れた枝や葉が散乱していて
台風の凄まじさを感じました。

DSC_0910_convert_20170812144903.jpg

しばらく歩くと目的地の滝が見えてきました。

DSC_0914_convert_20170812144938.jpg

滝の上流は小さな公園のようになっているのですが
少し荒れているようでした。浅い流れがこの日は
濁って水量が増えています。
緑の木々の影響か、川は濁っているのに
淡い翠色でこれはこれでなかなか魅惑的な色です。

DSC_0917_convert_20170812145000.jpg

DSC_0924_convert_20170812145021.jpg

ここでお弁当を開きお昼にしました。

DSC_0933_convert_20170812145048.jpg

DSC_0936_convert_20170812145125.jpg

その後、再び来た道を引き返し、今度は橋のたもとを
川に降りてみます。勿論、釣竿を抱えて。

川は濁って増水しています。ちょっと怖いくらい。
無茶はできません。(良い子はこんな状態の川には
近づかないようにしようね)

DSC_0938_convert_20170812145155.jpg

竿を取り出して餌を付け、とりあえず釣ってみます。
一匹目まずまずのハエがかかりました。があとが悪い。
小さなアブラメやハエがかかりますが、これは佃煮サイズ。

まあ、でもいいや。川は涼しくて、流れの音を聞いていると
とても癒されます。ああ、夏ってこんな感じだよな。と
なにか大切なことを思い出します。
ちょっと勇気を出して自然の中に踏み出してみれば、
暑いばかりの夏がちょっと違って見えるのでした。

DSC_0944_convert_20170812145218.jpg




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


スポンサーサイト

台風5号

.06 2017 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_3272_convert_20170809111825.jpg

台風5号は我々の台風に対する固定概念を
ことごとく覆して日本を縦断していった。

まずその生まれである。えっと思われるような
太平洋上の通常台風が発生する位置よりも北側に寄っていた。
その台風の発生を見た時、日本人の大半はそのコースが
まるで予想できなかったのではないだろうか。

DSC_3284_convert_20170809111918.jpg

台風5号はフラフラっと奄美大島あたりにゆっくりとというか
まるで酔っぱらいのようにフラフラと九州南部海上までやってくると
天気予報はこぞって以降のコースを九州北部を回って日本海を北上
と予想した。ところが台風は屋久島あたりに来て西に向かうと
見せかけて右にステップアウトした。
こりゃーラグビーの試合を見ているようだった。
種子島に上陸すると島を北上し始めた。
その進路方向には大隅半島がある。

DSC_3288_convert_20170809112002.jpg

天気予報は九州南部に上陸と報じた。
うわー、こりゃー、来るな。大隅半島に上陸すれば
コースは志布志→宮崎となるはずだ。

と思いきや突然右にステップアウト、志布志湾を
右に右に、見事な展開で天気予報の裏をかき、
一挙に太平洋上にでる。
わたしゃー感動しましたね。この見事な展開に
おかげで一時は串間市上陸と覚悟していたのに
見事な肩透かしを食わされました。(実際はよかった
よかったと胸をなでおろしていた)

DSC_3298_convert_20170809112031.jpg

ここで台風5号は進路を突然北に向け、今度は
一直線に近畿地方まで猛突進をします。
が速度は相変わらず自転車速度です。

DSC_3313_convert_20170809112100.jpg

DSC_3321_convert_20170809112137.jpg

といいますのも、いつも当たり前のように乗っかっていた
偏西風が北側に寄っていて、その影響を受けずに
ずっと自転車速度で迫る台風というのはユーモラスでは
あるのですが不気味ですね。なにせ、雨や風を
引き連れているのですから。

DSC_3332_convert_20170809112214.jpg

DSC_3342_convert_20170809112258.jpg

まあ、なんというか、せっかく近くにやってきた台風。
記念写真ではないのだけれど、怖いもの見たさで
志布志湾の波を撮影に行きました。

ダグリ岬のホテルの前に車を停めて、小径を
辿って先端まで行くと風は唸り、飛んできた枝や木の葉が
散乱し、倒れた木まであります。
岬の先端の展望台に立つと風で飛ばされそうで
カメラをまっすぐ構えられません。
まあ、早い話船の先端にいるようなものです。
足元に大きな波が打ち寄せ、波しぶきがドーンと
あがります。ちょっと怖いですね。
(良い子のみなさんは決して真似しないように)

DSC_3348_convert_20170809112326.jpg

DSC_3354_convert_20170809112411.jpg

ということで、台風は無事通過しましたが
翌日、野ざらしの愛車を見に行くと
なんじゃこりゃ!
木の葉がいっぱいこびりついています。
今の車の作りって結構、小さな隙間というか
ものとものとの接合部分が溝収まりになっています。
例えばガラスはグレージングで窓枠に留まっているのではなく
シールで押し付けて枠とは溝で縁切れしていて
その溝を雨水が流れるような仕組みに
なっています。つまりそうした細かな溝に
小さな葉の切れ端がいっぱい詰まっていました。
これを取り去るのに本当に大変でした。

DSC_3359_convert_20170809112441.jpg

DSC_3373_convert_20170809112515.jpg

おねがいだから
もう来ないで!




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


.04 2017 日記 comment(2) trackback(0)
DSC_3218_convert_20170808000024.jpg

少しずつ夏の形が違ってきているように思う。
働いていた頃の夏は、夏はただ暑くて、お盆を
挟んだ1週間ほどの夏休みだけに夏が凝縮していて
それが終わってしまうとなんとなく夏が終わり
もう秋が来るのだと心のどこかでそんなことを
感じていた。

DSC_3219_convert_20170808000049.jpg

DSC_3223_convert_20170808000112.jpg

仕事を辞め、田舎で暮らすようになり最初の年は
よく川に遊びに行って川エビを獲ったり、魚を釣ったりした。
なんだか夏休みが随分と拡散したようで嬉しくもあったのだが
翌年に不幸があり、以降、夏はなんとなくお盆を
静かに過ごす、そんな風に生きてきたように思う。

DSC_3226_convert_20170808000152.jpg

夏は変わらない。いつのまにか夏を生きる私の方が
なんだか夏から逃げて生きている。
夏がぼんやりとなって久しい。

もう少し夏には夏らしさがあっていいのだと
最近そんな事を考える。

最初の年は予定表は真っ白だった。
それが今では結構埋まるようになってきた。
何もない日はホッとしていて
ぼんやり過ごすことが多い。
そういえば自分で空白を埋めなくなったことに
気づいて、そういうことが積み重なって
結局、夏が夏らしくないのかなどと思ったりする。

DSC_3230_convert_20170808000215.jpg

DSC_3239_convert_20170808000245.jpg

8月になってあっという間に1週間が過ぎた。
台風5号に振り回された感がある。
自分のために少しは夏を演出してみようか
などと考えている。

働いていた頃の夏休み、私はいつも帰省して川で遊んでいた。
泳いだり、川エビやうなぎを突いたり、小魚を釣ったり
して少なくとも半日は遊んでいた。
数日後、都会のビルの窓辺で仕事の合間に
コーヒーを飲みながら遠く青空の中に沸き立つ
入道雲を見ていた。そんなギャップのある生活を
楽しんでいた。

DSC_3244_convert_20170808000314.jpg




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



母の誕生日

.02 2017 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_0855_convert_20170806171126.jpg

8月2日は母の96歳の誕生日です。
前日に、なずなと妹夫婦が帰ってきました。

DSC_0858_convert_20170806171229.jpg

DSC_0863_convert_20170806171428.jpg

2日母の誕生日は10時頃グループホームへ母を迎えに行き、
母の実家のある都井へ墓参りへ行きました。
現在の母の頭には私の今いるこの家の記憶は薄れていて
大人になるまで住んでいた実家のことしか頭にないようです。

DSC_0869_convert_20170806171457.jpg

都井の海岸に車を停めてしばらく景色を眺めました。
台風が近づいていて波が少し高いようです。

しかしどうでもいいけどこの車青い海と空を背景にすると
すごく映えますね。(自己満足)

DSC_0884_convert_20170806171530.jpg

昼食を4人で食べました。母は食欲があって、まだまだ
よく食べます。何よりです。

少し涼しい所に行こうと赤池渓谷に久しぶりに行きました。

DSC_0885_convert_20170806171602.jpg

観光客も遊んでいる子供もあまりいませんが
いいところです。今度、時間を見つけて魚釣りに
来ようと密かに思っています。

DSC_0890_convert_20170806171628.jpg

3日の朝、なずなと妹夫婦は福岡へ帰って行きました。

今日は小学生の絵日記みたいです。(手抜き?・・・うーん??)





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。






高松渚祭り

.30 2017 街づくり comment(0) trackback(0)
DSC_3094_convert_20170801062035.jpg

以前から海水浴場のある高松地区でこの時期
渚祭りが開かれることは知っていたのだが、
どうも億劫で行かないと決めていたのだが、
前日にTaさんから「車で迎えに行くから一緒に行こう」
と誘いがあった。河野さんも一緒に行くからという。
車で出迎えてくれるというのは非常にありがたい。
ビールが飲めるのである。
ということで初めて高松地区の渚祭りに出かけた。

DSC_3096_convert_20170801062250.jpg

海水浴場の浜辺に舞台が設えられている。ローカル感
満載であるけれど、楽しそうである。
Taさんによれば、夕陽を背景にしたフラダンスが最高との
ことであったのだが、この日、西の厚い雲に太陽は早めに
潜り込んでついぞ姿を現さなかった。

DSC_3098_convert_20170801062344.jpg

DSC_3106_convert_20170801062423.jpg

DSC_3116_convert_20170801062454.jpg

子供たちの歌やダンスで渚祭りが始まる。

DSC_3121_convert_20170801062533.jpg

DSC_3123_convert_20170801062608.jpg

視点というのは不思議なものでカメラが遠ざかると
祭りの会場は大自然の中にポツンとなって侘しくなってくる。

DSC_3128_convert_20170801062646.jpg

子供たちにとってはそれでも親に連れてこられた非日常空間が
いつになく楽しいようで夕方の穏やかな波打ち際で波と戯れている。
今回のメインイベントフラダンスに出場する少女の姿が絵になる。

フラダンスが始まる前におじさん4人は腹ごしらえをする。
店舗のテントは二つ。一つで焼きそばとポテトフライを買い、
もうひとつのテントでビールを買って、急いで掻き込む。

DSC_3134_convert_20170801062712.jpg

DSC_3140_convert_20170801062738.jpg

フラダンスが始まる。どうも志布志のグループのようだ。
ここに人工の照明でなく夕陽が欲しいところ。
背景が海でなかなかいい。
おじさんたちはうっとりしながらシャッターをきる。

DSC_3147_convert_20170801062801.jpg

うーん、いいですよ。
きっと乙女の気分で踊っておられるんでしょうね。
十分伝わってますから。
僕らだって心は少年なんです。(笑)

DSC_3152_convert_20170801062848.jpg

DSC_3163_convert_20170801062921.jpg

こりゃーうまいね。きっとフラダンスを指導されている
先生なんでしょうね。

DSC_3165_convert_20170801062955.jpg

そして最後に全員で踊ります。
いやーはまってますね。最高の舞台ですね。
ブラボー!

DSC_3184_convert_20170801063036.jpg

串間に赴任された地域おこし協力隊の女性の友達で
現在西米良村に赴任している地域おこし協力隊の女性
の旦那と子供。(ややこしい?よく読んでくださいね)

で奥さん(西米良の地域おこし協力隊)がご主人との
馴れ初めを紹介しているのですが、青島で知り合ったとか
私はあまり気がなかったんですよと仰るがどうだか
まあ、そんなことはどうでもよくてあとはこのご主人の
演奏会になりました。

DSC_3188_convert_20170801063107.jpg

DSC_3189_convert_20170801063136.jpg

ギターも歌もなかなか上手で、周りも少し暗くなってきて
大人の雰囲気でいい感じでしたね。

後ろの防波堤の上から声がするので見上げると
和史さんだ。仕事が終わって夫婦で見に来られた。
これで西米良に研修旅行に行った4人が勢ぞろいした。
この日も一見、不良老人が4人暇を持て余して
ビールを呑みながらグダグダしているように見えるが
皆、カメラを持ち実際には祭りを取材しているのです。
いやほんと・・・・

DSC_3196_convert_20170801063203.jpg

ということで・・・・・時間は夜の8時、さあこれからと
思いきや、渚祭りは終了しました。

「あー、あー、海で泳いでいる子供さんはすぐにあがりなさい」
放送が鳴り響きます。
子供さんは親の目を盗んでこれ幸いと海辺で遊んでいます。

DSC_3210_convert_20170801063231.jpg

少し遅れて車の近くに行くと他の3人が待っていて
「でどうする?」「なにが?」「いやー飲み足らんから
飲みん行こおもちかいよ」「うんだ帰る」「えー、じゃー
わしら行くわ」
ということで品行方正組のTaさん(勿論、お酒は飲んでいません)と
私はTaさんの車に乗せてもらい無事帰宅。
後のふたりの行状は知りません。どうでもいいですが・・・・・




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



 HOME