5月の読書会

.16 2017 読書 comment(0) trackback(0)
昨年、読書会では初めて1冊の本を指定するという方法をやってみたのですが
会員の中では好評で、今年もぜひやろうということになりました。
昨年はジョージ・オーウェルの「1984年」
これは重たかったが、ある意味こんな機会でもない限り読まないだろうということで
概ね賛同を得ました。
実はアメリカでは大統領選のあとこの本がよく読まれるようになったとか。

で、今年は? 昨年、あまりヒットはしませんでしたがちょっと話題になった
スコセッシ監督の映画「沈黙」がちょっと引っかかったので、
原作、遠藤周作の「沈黙」を今回のテーマにしたのです。
うーん、しかしこれも予想通り重たかった。思えば学生時代から読まねば読まねばと
思っていながら、なんか重そうだなと敬遠した作品でした。

DSC_2133_convert_20170623164701.jpg

j時代背景は江戸時代初期、キリスト教が禁教になって関係者は国外追放に
なった後のこと。それでも日本の信者たちのために残ったフェレイラ教父が
拷問の末、棄教したという情報がポルトガルのイエズス会本部に入る。
事の真相を究明するためと残された信者のために二人の若い神父
ロドリゴとガルペが九州のある田舎に潜入します。

二人は最終的には捉えられます。ガルペは処刑される農民を助けようと
溺れて死にます。ロドリゴは覚悟を決めて自分がどんな拷問に遭おうと
耐えて信仰を守ってみせると固く誓います。
そこへ今では日本人名をもらい妻帯までしているかのフェレイラ教父が
ロドリゴの前に現れ、棄教を勧めるのです。

フェレイラはロドリゴに言います。「日本人が信じていたのはキリスト教の神
ではない。日本人は今日まで神の概念は持たなかったし、これからも
もてないだろう。」

ロドリゴは結局、拷問されなかった。だが、一緒に捉えられた農民が踏み絵
を踏んだにもかかわらず、拷問に遭う。そのうめき声がロドリゴを苦しめる。
ロドリゴは祈る。「神よ、なぜ沈黙されているのですか」
この時、ロドリゴは踏み絵の前に引き立てられる。「踏めば、拷問を中止して
農民を助けてやろう」
フェレイラが耳元で囁く、「踏まずに信仰を守るという行為は、農民を見捨て
自分の救いが大切だからだろう」さらに「キリストは転んだだろう。愛のために。
自分の全てを犠牲にしても」

ロドリゴは最終的に踏み絵を踏む。その時、踏むがいいと踏み絵のあの人は
ロドリゴに向かって言った。踏むがいい。お前の足の痛さをこの私が一番よく
知っている。踏むがいい。私はお前たちに踏まれるため、この世に生まれ、
お前たちの痛さを分かつため十字架を背負ったのだ。

ロドリゴはフェレイラ同様、日本人名をもらい処刑になった者の妻をもらい
監視の下、日本人として生きながらえる。

このもっとも考えさせられる場面で昨年の1984年を思い出した。
こちらは権力に屈して最終的に権力者のいいなりに白いものを黒いと
言わされる。恐怖によって転向させられるわけだが、今回の沈黙では
キリスト教の信仰と隣人愛との板挟みに苦悩する神父の姿が痛ましい。
自分への拷問であれば耐えられたものを、愛の宗教と言われる
隣人への愛が転ぶことにつながるというなんとも皮肉な結果に終わる。

この時期、世界の動きはカトリック(旧教)からプロテスタント(新教)へ移行する
時期に当たる。宣教師を送り込んで住民を懐柔し、後に武力で制圧する手法は
曲がり角を迎える。ポルトガル、スペイン、イタリアなどの勢力が衰え、
イギリス、オランダなどが宗教と貿易を切り離した形で世界を席巻していく。

世界の辺境の地で即断即決できないカトリック国は次第に力を落としていき、
個人の国家や組織への忠誠心を前提としたプロテスタント国が勢いを
増していくのである。

作者の遠藤周作氏は幼児洗礼受けたクリスチャンである。ただ長いあいだ
信仰の日本人として違和感を覚える。そのためフランスに留学してまで
信仰を深く学ぶのだがその違和感は消えない。そうした作者自身の
悩みも見え隠れする。

1991年アメリカ旅行中にスコセッシと「沈黙」の映画化について話し合われている。
実現までに随分年月が経ち、遠藤周作自身も過去の人となった。この時期になぜ?
「沈黙」なのか? 日本人に見せたかったのか? あるいは欧米人に見せたかったのか?
映画は残念ながら、気づいたときにはもう終了していた。ぜひ見てみたいと思う。

重たい作品だったが心に残る作品である。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。



スポンサーサイト

霧島

.14 2017 山歩き comment(0) trackback(0)
DSC_1852_convert_20170621062454.jpg

天気はイマイチだが、久しぶりに霧島に行った。
Taさんから高千穂牧場からの眺めがいいと聞いていたので
立ち寄ることにした。いつもは国道223号線をまっすぐ
霧島神宮、霧島温泉と行ってしまうのである。

初めて訪れたが、曇天にもかかわらず霧島連山を一同に
眺められるいい場所だ。

DSC_1860_convert_20170621062528.jpg

晴天であればはっきりと見える霊峰高千穂峰に
綿雲のような雲が上から覆いかぶさっている。

DSC_1877_convert_20170621062600.jpg

坂道を登り丘の上の施設が立ち並ぶところに
展望広場があった。ここからの眺めは絶品である。
左の方から大浪池、韓国岳、新燃岳、中岳、高千穂峰
と大パノラマのはずがこの日は厚い雲に覆われて
全貌が見えない。

DSC_1882_convert_20170621062655.jpg

それでも帰り際、高千穂峰はその全貌を現した。
綺麗な山である。高さは1574m。
都城側から見るとこの山が真正面に見える。

いつか登りたいものだと思っていながら
なかなか実行できないでいる。
今回、その登山口、高千穂河原にも
立ち寄ってみた。案内によると登り1時間30分と
ある。手前の段が噴火口のようで、一番高いところに
天の逆鉾が立っている。(年を取らない近いうちに
登ろうと思う。)

DSC_1886_convert_20170621062948.jpg

223号線を西方向に進むと道の駅霧島がある。
ここから振り返ると背後に高千穂峰が雲に
覆われた姿で迫ってくる。

DSC_1887_convert_20170621063026.jpg

遥か南の方を見下ろすと今日は桜島がくっきりと
見える。こんなにはっきり見えるのは珍しい。
いつも靄の中にぼんやりしている。
最近、桜島はよく噴火する。この日も山頂は噴煙に
覆われていた。

DSC_1967_convert_20170621063253.jpg

えびの高原は現在、韓国岳の足元にある硫黄山が
火山活動をしていて、噴煙を上げているため、
硫黄山から半径1Kmの範囲は立ち入り禁止になっている。
そのため、観光客はなく、閑散としている。
小林の方へは下りれないが、えびのの方へは
下りれそうだとふんで、えびの高原へ行ってみた。

DSC_1972_convert_20170621063327.jpg

えびの高原のえびのエコミュージアムセンターへ
行く手前で車が数台停まっている。
なんだろうと左右を見るとミヤマキリシマが
咲いている。

DSC_1977_convert_20170621063400.jpg

DSC_1978_convert_20170621063433.jpg

えびのエコミュージアムセンターの駐車場に
車を停め、歩いてその場所まで戻った。

DSC_1981_convert_20170621063556.jpg

道脇にちょっと咲いているだけかと思いきや
奥にずっとミヤマキリシマが群生している。
これは予想しない展開である。
小径を先に先に進んでいくと見事なミヤマキリシマの
お花畑である。なんだか得した気分になる。

DSC_1984_convert_20170621063631.jpg

DSC_1992_convert_20170621063709.jpg

DSC_1996_convert_20170621063853.jpg

DSC_1999_convert_20170621063936.jpg

入山規制の悪い情報のみが流されていて、こうした
山本来の持つ魅力の情報は流れていない。
ここだけでも充分見る価値があるのに
と残念である。

がしかし、偶然通りがかりに見つけたミヤマキリシマの
群生地、私は幸運であったとしか言い様がない。

DSC_2001_convert_20170621064026.jpg

さらに小径を奥へ進むと賽の河原に出た。
その先は小径にも入山規制、立ち入り禁止の
看板が道をふさいでいた。

いつもはえびの高原を車で硫黄山直下の不動池
まで登るのだが今回は仕方ないが、その分
いつもなら通り過ぎる場所にそれに代わる場所を
見つけることができ、いい気分で山を降りた。

DSC_1941_convert_20170621064110.jpg

霧島は自然が豊富である。
歩いているといろんなところでいろんな植物を見つける。
これは道脇にあった野いちご。つまむとなかなか
美味しい。

DSC_1960_convert_20170621064137.jpg

これは桑の実。道脇の大きな木だったが、よく見ると
葉に見覚えが有る。熟した実をつまむと葡萄色の濃い
汁がでる。口に含むと甘い。
子供の頃よく食べて舌を真っ赤にしたものだ。

DSC_1963_convert_20170621064425.jpg

道脇に不思議な葉の植物を見つけた。なんだろうと
気にかかっていた。帰って調べてみると
ミズキ科のハナイカダ(花筏)という植物。
5,6月に葉の中央に花が咲く、それが実になり(写真)
秋に熟す。
花の時期に葉を一枚取って、水に浮かべてみたい。
その姿がきっと花筏という名前を生んだのかなと
思いますが、命名者はなかなか詩心のある人のようです。

DSC_2007_convert_20170621064501.jpg

馬酔木の花が咲いていました。寒いから遅いのか
あるいは似ている他の樹木なのかよくわかりません。
が高地のアセビは樹形も綺麗でした。

追記
福岡の妹からはがきが届きました。
はがきには夫婦+なずなで久住登山をしテント泊をしたとあり、
見事なミヤマキリシマの写真が添えられていました。
前々から一緒に久住にミヤマキリシマを見に行こうと
言っていたのですが、現地は人気のスポットで行くタイミングを
計るのが難しく、今回は私には案内しなかったとありました。
偶然にも今回、こうしてミヤマキリシマを見ることができ
良かったかなと思いました。
ただきっと登山をする人たちにとっては山中にもっともっと
素晴らしい絶景ポイントがあって、それは登るという代償を
払わなければ手に入れることのできない場所なのかもしれません。
次はそういう場所に出向きたいと思いました。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


4月の読書会

.12 2017 読書 comment(0) trackback(0)
DSC_1730_convert_20170619062551.jpg

女性作家が続く。3月の恩田陸に続いて
4月は宮下奈都。

串間に帰ってくる1,2年前ではなかったか、
唯一の津曲書店で夫婦揃って読む本を探したことがあった。
お互い、好きな本を買い。後で同じ本を買っていたことが
わかり大笑いしたことがあった。
その本が宮下奈都のデビューしてまもない頃に書かれた
「スコーレ No.4」だった。

それからだいぶ経つので詳しい内容は忘れたのだが、
いい本だったなという印象のみが残った。

その後、「太陽のパスタ、豆のスープ」、
「田舎の紳士服店のモデルの妻」などを読んだ。

彼女の各作品には共通するひとつの流れがある。
最初に主人公の青春や人生におけるつまずきや
負の面、失敗などがあり、そのあとに青春や人生、
周囲の人々への様々な気づきがあり、やがて
自分の本質的なことが前向きに変化していき、
最終的には精神的にたくましく立ち直る。
といった流れである。

最近、テレビのインタビューをなにげに見て知ったことだが
37歳とデビューが遅い。なぜ?
彼女は結婚をして主婦をしていたのである。ところが
3人目の子供を妊娠中に執筆した「静かな雨」が
第98回文學界新人賞佳作に入選し、突然の小説家デビュー。

そして彼女が一躍表舞台に登場するのが
2016年、「羊と鋼の森」で直木賞候補に選ばれ、さらに
その年の本屋大賞を受賞する。

「羊と鋼の森」????なんのことか?
これはピアノの中身なんですね。鋼はピアノ線で
これを叩くのがウールのフェルト。つまりピアノの
調律のことをテーマにしてるんです。

DSC_1725_convert_20170619062528.jpg

身近なテーマで毎回変わった構成というアプローチも
あるのだろうが宮下奈都さんの構成はあまりぶれずに
人生を深く掘り下げていく。
彼女は上智大学文学部哲学科を卒業している。
主婦、子育てという永遠に続くかと思われる日常を
大切にしているという安定感がありながら深いのは
こういう経歴の成せる技かあるいは生来のものか
よくわからないが安心して読める作品が多い。

読書会のあと仲間に一冊の本を借りて読んだ。
「よろこびの歌」高校の合唱部の話。少し物足りなかったが
構成は同じ、同僚に公平に目を向けて仲間の一人一人が
深く掘り下げてあるのが面白かった。

彼女の作品に感じるのは「日常と哲学」
何でもない日常を今日は少しだけ深く生きてみたら
作品はそう呼びかけているようだ。





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


近隣の清掃

.10 2017 日記 comment(0) trackback(0)
DSC_1740_convert_20170617055452.jpg

毎年この時期になると市から近隣の清掃をしなさいと
言ってくる。ここ2,3年、指定された日はことごとく
雨で一斉清掃は中止となった。
だからといってそれを喜ぶような我が班ではない。
前回の花見の際に、清掃の日はみんなの都合のいい日を
選んでやろう。とか、雨で予定日が潰れても
日を代えてやろうとか、結構自分たちのことでもあるし
熱心なのである。
一番気になっていたのは、我が家の前の三叉路にある
2つの会所である。相当泥が溜まっているはずと
皆で心配している。というのは梅雨時の雨で
集中豪雨の時、雨水が道路に溢れるのだ。高台にあるので
水はやがて引くのだが、こうしたことは自分たちで
改善したいとの気持ちは皆で共有していた。

DSC_1741_convert_20170617055520.jpg

今回は朝から晴天だった。
8時から始めようとの連絡だったが、その前から
外が賑やかである。出てみるともう皆さん揃って
作業を始めている。
私も気になる家の前の会所蓋を開けてスコップで
泥をかい出す。

DSC_1743_convert_20170617055548.jpg

DSC_1744_convert_20170617055620.jpg

DSC_1746_convert_20170617055650.jpg

赤ちゃんもそのお母さんも、一家総出である。

DSC_1749_convert_20170617055719.jpg

DSC_1759_convert_20170617055800.jpg

終わったらこうしてコンテナを椅子にして日陰に
集まり、お茶を飲みながら、とりとめもない話を

「夫婦のたぬきがあんたんとこの玄関から敷地に
入っていったよ」
「いやー、私もこの間庭先で見ましたよ」
「最初、猫かと思ったら、もっと大きくて、それに
人間を恐れる風もなく、なにか?といった顔で
こっちをじっと見てました」
夜、道に出てるとこを見たよ」

「うちの花を摘んでいきゃー女がおいやっとよな」
「あんまり、堂々としてるからこっちが気後れすっとよな」

「金曜日のプラスチックゴミ、いつもひとつだけ残るな」
「袋ん名前書こか」
「名前は露骨やから、番号にすいや」
「うん、それがよか」

などなど、なかなかおもしろい話題ですね。

DSC_1762_convert_20170617055831.jpg

実に、楽しい近隣さんです。もっとも半数以上は
生まれた時からの付き合いですから




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。





ジャカランダ

.08 2017 街歩き comment(2) trackback(0)
DSC_1637_convert_20170616063028.jpg

道の駅なんごうでジャカランダの花が満開だという。
久しぶりに行ってみることにした。
昼前には雨が降り出すという予報。
朝から出かけた。

DSC_1647_convert_20170616063049.jpg

道の駅の駐車場に車を停めた。まだすいていたが
帰る頃には満車状態だった。
道の駅の裏手を歩いて登ることにした。

景色の良いところだ。晴天なら文句ないところだが
こうした曇天でも景色の綺麗なところだ。

DSC_1652_convert_20170616063118.jpg

海紅豆の花が満開である。

DSC_1654_convert_20170616063140.jpg

遊歩道を歩いて登り、山の中腹の車道に出た。
遥か下方に南郷の漁港が見える。

DSC_1655_convert_20170616063212.jpg

ここらがジャカランダの森のはずとしばらく道なりに
登っていくと道脇にジャカランダの花が咲いている。

DSC_1657_convert_20170616063244.jpg

DSC_1661_convert_20170616063314.jpg

淡くて華奢な感じ。満開というほどでもない。

DSC_1662_convert_20170616063346.jpg

おっと、上から観光客がどっと降りてくる。
「どちらからですか?」「東京からです。」
ちょっとびっくりである。
この地のジャカランダは最早全国版であるらしい。

団体客は観光バスで来て、山の上で降ろしてもらい、
歩いてジャカランダを見て、下で再びバスに拾ってもらうらしい。

DSC_1664_convert_20170616063416.jpg

DSC_1673_convert_20170616063454.jpg

DSC_1676_convert_20170616063528.jpg

DSC_1682_convert_20170616063557.jpg

ジャカランダがここで育った経緯をインターネットで調べてみると
下記のような記事がありました。

1964年(昭和39年)の東京オリンピックの年にブラジル宮崎県人会から
県に譲渡されました。ブラジルのジャカランダが、遠い故郷である宮崎で
花を咲かせ、観光資源として故郷の役に立てばと。そんな望郷の想いから
ジャカランダの種は贈られたそうです。種は宮崎県総合農業試験場
宮崎県亜熱帯作物支場に託され、試験栽培が始まりました。
昭和48年に敷地内に植栽。宮崎の気候に適応するかどうか試されました。
そして、昭和53年に花を咲かせ、ブラジルからやって来たジャカランダは、
宮崎の地に根を下ろしました。ジャカランダの苗木は南郷だけでなく、
青島の宮崎県立亜熱帯植物園や堀切峠にも植栽され、大きく育った木は
見事な花を咲かせています。

はじめは、約300本のジャカランダでした。しかし、花が咲き始めると
それを見にくる観光客が増えて、僅かですが経済効果がうまれました。
それなら、もっと数を増やしてジャカランダの森を作り、町おこしに
繋げようということになりました。それから、宮崎県亜熱帯作物支場や、
いろいろな関係機関への働きかけ、その結果、平成23年には
約400本のジャカランダが植栽され、現在約700本。
日本一のジャカランダの群生地になっています。

DSC_1691_convert_20170616063625.jpg

お昼近く、下の道の駅なんごうに下りるとたくさんの人で
賑わっています。ここでの昼食は諦め、南郷にある
南郷プリンスホテルのレストランのランチを当てにして
立ち寄ってみることにしました。

DSC_1700_convert_20170616063655.jpg

これは大当たりでした。人は少ないけれど、
抜群の景色。ランチはパスタや定食が1300円
程度からあり、味はなかなか美味でした。

DSC_1703_convert_20170616063735.jpg

このホテル前から気になっていたんですが来たのは
初めて。1本の道路で山を抜け静かな入り江には
このホテルのみが建っていて、目の前はまさに
プライベートビーチです。
気分としてはリゾートホテルでランチといったところでしょうか。

帰りに、目井津の道の駅に立ち寄ったら休み。
あれー月曜日でもないのになんで?

先日も娘たちと立ち寄ったら休み。もー



写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。


 HOME