FC2ブログ

常滑

.19 2019 comment(0) trackback(0)
DSC_9947_convert_20191021114129.jpg

今年の旅は台風にたたられている。ならば旅が全然駄目で
あったかというとそういうことはない。前向きに対処すれば、それは
それで異なる趣旨の楽しい旅になった。まるで人生そのものだ。

木曽駒高原最後の日は雨になった。ふと、ここに来れなかった家族
に木曽のお土産を送ろうと思い立った。それぞれに電話して、何が
欲しいか聞いて、ワインやお菓子やジャムや漬物やつまみや、それ
ぞれに異なるものを箱に詰めた。私自身も岡野さんにいただいた
日本酒やリンゴ、別に買っておいたリンゴなどを箱に詰めて近くの
店で宅配便にして送った。お昼にカレーを食べて片付けをしていたら
いい時間になった。岡野さんは残ってもうしばらく片付けるという。
私は夕方7時までに中部国際空港へレンタカーを返さねばならない。
午後2時過ぎに岡野さんにお礼をいい別れを告げ、一人車で名古屋へ
向けて出発した。途中眠くてふらふらしながら適度に休憩を取り、
夕方6時過ぎ、常滑で下りてガソリンスタンドでガソリンを満タンにする。
結構走ったのにガソリンは21リットルほど、ハイブリットは燃費がいい。
予約しておいた駅前のビジネスホテルでチェックインし、荷物を
預かってもらう。再び高速に上がり、空港へ、そしてレンタカー会社へ
到着したのは7時10分ほど前。空港ターミナルの最上階の店舗で
夕食を食べた。そして電車で常滑へ行き、駅前のホテルに到着した。

翌朝、飛行機は11時25分発。朝食後、フロントで常滑の町の
散策コースの地図をもらい、2時間ほどの散策を楽しんだ。

歩いて10分ほど行ったところに陶磁器会館があり、そこから
幅200m、奥行き500mのゾーンが常滑焼の古い窯元の立ち並ぶ
場所で、ホテルでもらった「やきもの散歩道マップ」を見ながら散策を
楽しんだ。


DSC_9881_convert_20191021113146.jpg

DSC_9865_convert_20191021120330.jpg

DSC_9876_convert_20191021113255.jpg

陶磁器会館へ至る大きな道路沿いの擁壁に「とこなめ招き猫通り」が
ある。様々な陶芸家や彫刻家の作品がコンクリートの壁にその作品名
とともに展示されている。出産まじかの娘に「安産」と「子育て」の写真
をLINEで送る。 


DSC_9884_convert_20191021113323.jpg

DSC_9888_convert_20191021113355.jpg

DSC_9892_convert_20191021113432.jpg

DSC_9901_convert_20191021113515.jpg

DSC_9905_convert_20191021113551.jpg

DSC_9906_convert_20191021113629.jpg

DSC_9911_convert_20191021113659.jpg

散策路は細い小径が曲がりくねっていて車も通れないような道が
続いている。その並びに土管で作った擁壁や、焼き物で固めた
道や、壊れかけの窯の煙突、あばら家に並べられた大型の焼き物
など景色が次々に変わり、歩いていて楽しかった。焼き物を販売
しているお店や窯元もあったが、時間が早くまだ開いていなかった。
秋晴れの少しひんやりした空気の中を見知らぬ街の曲がりくねった
迷路のような場所を歩いている自分が異国をさまよっているような
気分になってくるのである。異邦人は何者でもない。自分が何者
でもないという感覚が旅のだいご味かもしれない。

DSC_9919_convert_20191021113734.jpg

DSC_9921_convert_20191021113802.jpg

DSC_9927_convert_20191021113842.jpg

DSC_9928_convert_20191021113913.jpg

見たかった風景がある。登り窯と10本の煙突である。今は使われ
ていないようであるが、幅の広い登り窯である。鹿児島の沈壽官窯
も沖縄の読谷村焼きの里で見た登り窯も一列で登っているが、
ここの登り窯は数列横並びの幅の広い登り窯で登った先に10本の
レンガ煙突が立っていてちょっと変わった登り窯だ。


DSC_9934_convert_20191021113948.jpg

DSC_9940_convert_20191021114019.jpg

DSC_9943_convert_20191021114056.jpg

DSC_9995_convert_20191021114342.jpg

DSC_9997_convert_20191021114402.jpg

ここから引き返して陶磁器会館へ入ると中国人の観光客がたくさん
いた。中を見て回り、常滑と云えばなんだろう。急須が有名だよな。
そこでこじゃれた急須を一つ旅の思い出に買った。


DSC_9955_convert_20191021114158.jpg

DSC_9958_convert_20191021114227.jpg

ホテルへ帰り荷物をまとめチェックアウト。歩いて駅に行き、電車で
中部国際空港セントレアに行く。電車からのアクセスが短くて
飛行場内のアクセスが実に明快で分かりやすい。中に入ると
搭乗口まで結構歩かされた。待合が1階で、待っていると
スーツケース持ち込み予定の私のところに係の女性が来て
「飛行機が小さいので、収納が狭い、ついてはスーツケースは
預けてくれないか」という。やれやれだ。バスに乗って連れていかれた
先に待っていたのはプロペラ機だった。道理で昼の便が安かった
わけだ。


DSC_9973_convert_20191021114258.jpg

長い旅もようやく終わった。旅での日々を急遽綴ってみたが、
計画とはまるで違う旅になったけれど、それはそれで楽しい旅に
なった。今回、お世話になった岡野夫妻ありがとうございました。

昨夜、メールを開くと大阪のTさんからメールが来ていた。
私が木曽駒高原にいる間、蓼科の別荘にいたようで、そちらは
停電で大変だったとあった。「今度は自分の車で蓼科へ寄ってください。
泊れるようにしますので」とあった。川の流域のことで本を出版した
O君へはブログを書いてる最中に電話した。「霧ヶ峰に行ったんだったら
八島ヶ原湿原の向こうにあるブランシェたかやまスキーリゾートに
親戚のヒュッテがあり、そこによくスキーをしに行く」と言っていた。
二人とも我が家に来たことがある。が二人とも今、親の介護で大変だと
云っていた。そういう年齢なのである。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
スポンサーサイト



奈良井宿、白樺湖、霧ヶ峰高原、高遠城

.18 2019 ドライブ comment(0) trackback(0)
DSC_9737_convert_20191020063436.jpg

DSC_9735_convert_20191020063344.jpg

台風一過、一夜明けて、窓の障子を引くとアカマツ林の梢の奥に
青空が見えている。木の間から日が差し込んでいる。森が
生き返ったように生気にあふれている。風景が本来の高原の秋を
取り戻したかのようだ。小鳥の声、別荘の前を流れるせせらぎの音、
昨日までの憂鬱を吹き飛ばしてくれた。

岡野さんがどこへ行きたいか問うので、私はすかさず、「白樺湖、
蓼科近辺」と答える。ここにはビーナスラインという有名なドライブ
コースがある。依然来た時にはこのビーナスラインの西の端、
美ヶ原へ行ったことがある。5月とはいえ、頂上付近は雪で、
途中も霧が深く風が強かった。今回はその続きと云える東側の
コースをたどってみたかった。「とりあえずは国道19号線を北上し
奈良井宿に立ち寄り、諏訪湖の北岸を目指しましょう。そこから
まず白樺湖へ行ってみましょう」


DSC_9770_convert_20191020063812.jpg

途中、木祖村の道の駅に立ち寄った時に不思議なことに気付いた。
看板があり、「木曽川源流の町」とある。そういえばトンネルを抜けた
奈良井宿の前の川は北方向へ流れていた。山の向こう側の川は
一体どこへ流れているんだろう。調べてみると川は名前を変えて
犀川→千曲川→信濃川となって日本海へ注いでいた。日本最長の
河川である。実はこの信濃川の流域面積は12,340K㎡と異様に広い。
長野県に降った雨は新潟まで流れていく。今回この川の上流部に降った
雨が実は中流域で容量を超えてあふれ出していたのである。
長野県に源流を持つ大河は木曽川、天竜川とあるが、長野県自身の
面積が13,585K㎡であるから、この信濃川の流域面積が如何に広いか
理解できると思う。

さてそういうことはつゆ知らず、我々は台風被害のあった松本市や
上田市、長野市などを知らないうちに避けてドライブを決行している。


DSC_9744_convert_20191020063514.jpg

DSC_9746_convert_20191020063538.jpg

DSC_9748_convert_20191020063603.jpg

DSC_9756_convert_20191020063634.jpg

DSC_9762_convert_20191020063705.jpg

DSC_9765_convert_20191020063734.jpg

美濃路から中山道に入ると木曽十一宿があり、中でも馬籠宿や
妻籠宿は有名である。奈良井宿は現在塩尻市でかつては難所・
鳥居峠のふもとにあって、江戸時代には「奈良井千軒」と謳われ
栄えた宿場である。妻籠宿とともに国の重要伝統的建造物群保存
地区に選定される宿場である。
台風明けの翌日ということで客はまばら。本来なら秋の3連休と
いうことで観光バスがたくさん押し寄せたことだろう。ついてると
いうか、なんか少し寂しい。


DSC_9773_convert_20191020063851.jpg

DSC_9777_convert_20191020063919.jpg

途中、岡谷でガソリンを補給。そこで道を尋ねると高速で諏訪IC
まで行き茅野市から152号線を上るのがいいという。高速に上がり
甲府方面を目指す。諏訪湖SAで休憩。諏訪湖は雨で濁っている。
この諏訪湖は天竜川の源流で遠州灘に注いでいる。

茅野の市街地で昼食にお蕎麦を食べ、緩やかな坂を上っていく。
坂が急になり、植生が少し変わってきたところで白樺湖に到着。


DSC_9779_convert_20191020063945.jpg

DSC_9790_convert_20191020064211.jpg

DSC_9795_convert_20191020064536.jpg

DSC_9796_convert_20191020064614.jpg

DSC_9801_convert_20191020064649.jpg

DSC_9806_convert_20191020064720.jpg

DSC_9807_convert_20191020064747.jpg

きれいな湖の周りにホテルやスキー場が点在している。少し
古めかしい観光地といったところ、先に行こうと左折して坂道を
上っていくとあっという間に白樺湖が下の方に更に東側に、高い
山々が見えてきた八ヶ岳連峰である。何度も車を停め、景色の
移り変わりを眺めた。「富士山はどこですかね」八ヶ岳の右端
赤岳の右側に富士山が見えた。最初はっきり見えていた山頂は
やがて雲に隠れてぱっと見富士山とわからなくなってしまった。
車山高原を過ぎ、霧ヶ峰の富士見台で小休止。たくさんの車が
停まっている。八ヶ岳の斜面を下りた窪地に沿って中央道、
甲州街道が走っている。絶景である。この窪地は甲府へと
繋がり、その先に富士山がある。
このドライブコース、私も少し運転を代わってもらい、運転して
走ってみました。BMWはハンドルが重くてがっちりしています。
なれると運転しやすい車でしたが、右折左折のランプが
左側、右がワイパーと日本車と反対なので、どうにもこれが・・・
やはり自分の車でもう一度走ってみたいものです。/span>

DSC_9808_convert_20191020064816.jpg

DSC_9809_convert_20191020064841.jpg

DSC_9810_convert_20191020064904.jpg

富士見台を少し過ぎたところに車山のレーダー観測所への
上り路があった。ここで下りて、西側の展望を見ようと
ドライブインの裏の小高い場所へ行ってみた。少し下方に
八島ヶ原湿原が見えた。松本盆地の向こうにそびえる
北アルプスはこの日たなびく雲に隠れて見えなかった。
霧ヶ峰スキー場から諏訪湖へ降りていくことにした。
山を越えて伊那谷に出ようという計画である。


DSC_9812_convert_20191020064925.jpg

ところが諏訪湖を過ぎて152号線の登り口に左側車線が
通行止めになっている。台風で被害があったようだ。スマホで
調べると電柱が峠近くで倒れているという。だが反対車線は
オープンで車が数台下りてきた。これはいけると勝手に
判断して坂道を登り始める。峠付近で撤去作業をしていたが
難なく通過できた。峠を越えて伊那谷を下っていく。


DSC_9814_convert_20191020064952.jpg

DSC_9820_convert_20191020065029.jpg

DSC_9827_convert_20191020065112.jpg

やがて目の前に高遠城が見えてきた。山の向こうに日が
沈みかけているが、せっかくなので高遠城を見に行く。
高遠城は桜の名所である。桜は明治9年旧藩士の手により
植えられ、現在1500本を数える。葉がソメイヨシノに比べると
小さいし、木の姿というか枝ぶりがまるで違う。タカトウコヒガン
ザクラという固有種で花びらの赤みが強いのが特徴です。
桜の咲く季節には多くの観光客が押し寄せ、見るのも大変らしい。
城は山城といった感じで一部が石垣だが他は土塁。空堀が
ほとんどだ。戦国時代の城がそのまま残った様相をしている。
武田と織田、徳川の戦いで攻防を繰り返した城である。
地理的に見ても我々が通過した峠の北側に諏訪があり、
諏訪を手に入れた武田信玄が峠を越えたこの高遠城を
駿河、遠江への進出拠点にしたのがよくわかります。


DSC_9828_convert_20191020065149.jpg

とても長い一日でした。伊那から権兵衛トンネルを抜けて
木曽谷に入り木曽駒高原の別荘に帰り着いた頃はすっかり
暗くなっていました。夕食を作り、食卓に並べてビールで乾杯し
テレビをつけラグビーワールドカップ 日本ースコットランド戦を
観戦。結果はご存じの通り。最高の一日になりました。

明日はいよいよこの別荘とお別れです。






写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。

木曽駒高原

.17 2019 comment(0) trackback(0)
DSC_9724_convert_20191019053949.jpg

岡野さんと二人して今後のことを話し合う。
二人の意見はこうである。
台風の進路は浜松の手前を迂回して伊豆半島の方へ
向かっている。木曽駒高原と浜松ではどちらが台風の影響が
強いかというと浜松だろう。木曽駒高原の東側には2000m級の
山々がそびえていて木曽谷はあまり風の影響を受けな
いだろう。
台風の進路からいくと吹く風は北風である。
まあ、色々検討したが要は男どもはやはり木曽駒高原へ
行きたいのである。


DSC_9698_convert_20191019054019.jpg

DSC_9700_convert_20191019054050.jpg

昼過ぎに岡野さんのBMW、それを追いかける形で私の
レンタカー(トヨタのアクア)2台で出発した。走行中の連絡は
トランシーバーで連絡しあい走った。浜名湖SAで昼食を
摂り、東名高速を名古屋方面へ下り、トヨタJCTで東海環状
自動車道を通り、土岐JCTで中央自動車道を北上し中津川ICで
下りて、国道19号線を北上し、ようやく夕方木曽福島の町に到着。
イオンでその日の夕食と次の日一日分の食料を買い込み、
暗い中、木曽駒高原を上って行った。


DSC_9701_convert_20191019054130.jpg

DSC_9704_convert_20191019054159.jpg

DSC_9705_convert_20191019054226.jpg

DSC_9702_convert_20191019054256.jpg

DSC_9706_convert_20191019054340.jpg

DSC_9707_convert_20191019054412.jpg

DSC_9732_convert_20191019054537.jpg

木曽駒高原の別荘地の一番奥であるようだ。が暗くて
何もわからない。別荘の前庭に車を停め、とにかく中に入る。
明かりを点け、中を案内してもらう。広いリビング、設備の整った
キッチン。大きな窓のあるお風呂。1階には6畳と8畳の和室。
2階には麻雀部屋、広い洋間に奥に和室とかなり広い。


DSC_9712_convert_20191019054644.jpg

DSC_9713_convert_20191019054448.jpg

私は買ってきた材料で夕食を作る。岡野さんは床暖房のセットし、
薪ストーブに火を入れる。薪ストーブは煙突が2階の大部屋を
貫通しているため、2階も同時に温かくなるようになっている。


DSC_9714_convert_20191019054619.jpg

外は雨が少し降ってきたが、風は全くない。娘たちにLINEで
別荘の中の様子を知らせる。予想していたよりもずっと豪華で
広い。庭には屋根付きのバーベキューコーナーが作られていて
至れり尽くせりである。


DSC_9727_convert_20191019054721.jpg

翌日、朝食を済ませて、台風の本土上陸は夕方だというから
午前中ぐらい外に出てみようと岡野さんの車で別荘を出た。


DSC_9721_convert_20191019054823.jpg

退職する1年前の5月の連休、家内とこの辺りを旅行した時
宿泊したホテルがあるはずとさらに奥の方へ登っていくと
それは見つかった。今も営業している様子。ここはもとスキー場
だった場所でそれらの建物は当時から廃墟と化していた。

木曽駒高原を下っていくとゴルフ場がある辺りに私の勤めていた
会社の保養所があった。一度だけ名古屋支店での会議の後、
利用したことがある。その建物はたしか社内公募で欲しい人に
払い下げるからと話題になったことがある。
多分、名古屋支店の人が譲り受けたのだと思う。建物は今でも
立派に立っていた。こんな風に意外なところで岡野さんとは過去に
木曽駒高原という接点があったのである。不思議な縁である。


DSC_9723_convert_20191019054857.jpg

松本辺りまで行ってみようと国道19号線を北上し、奈良井宿に
着いた頃雨がひどくなってきたので引き返す。伊那谷の方へ
行ってみようというので今度は権兵衛トンネルを通って伊那市へ
出た。少しうろついてスーパーで買い物をし、同じ道を引き返し
木曽駒高原の入り口にある蕎麦屋で昼食を食べ、別荘へ帰った。

午後はテレビで台風情報を見ながら、私は別荘に置いてある
漫画本を読んで過ごした。外は昼でも暗く、長い午後を過ごすが
台風が上陸する夕方6時ごろは雨は降っているが集中豪雨と
いうほど降ってはおらず、風は全く感じない。浜松近辺にいるより
は木曽駒高原へ思い切って来てよかったと思う。


DSC_9730_convert_20191019054921.jpg

きっと明日は晴れるに違いない。
台風一過は晴れに決まっている。  -明日に続くー





写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。

スズキ歴史館、楽器の博物館

.16 2019 街歩き comment(0) trackback(0)
DSC_9651_convert_20191018061359.jpg

家族旅行や台風の進行具合とは別に興味あるものは
貪欲に見て歩きます。到着した日の午後、前回紹介したように
「スズキ歴史館」へ行きました。ここは予約制のため事前に
岡野さんが予約を入れていました。建物はSUZUKIの本社前
入って1階には最近の自動車やバイクが展示されています。


DSC_9605_convert_20191018061459.jpg

DSC_9613_convert_20191018061632.jpg

DSC_9614_convert_20191018061909.jpg

DSC_9616_convert_20191018062118.jpg

DSC_9617_convert_20191018062325.jpg

DSC_9619_convert_20191018062554.jpg

DSC_9630_convert_20191018063056.jpg

スズキは1909年創業、1920年に織機メーカーとしてスタート
しています。現在ではご存じのように二輪車、四輪車、船外機
など様々な製品を国内はもとより世界各国に生産・販売しています。
その歴史に沿って館内を見て回るとやはり面白いし、興味を引く
ものがたくさんあります。また過去にどこかで見た車やバイクも
展示されていて実に面白い。昔の車って小ぶりでカワイイ。
過去に先走ったデザインで登場したものもある。
どちらも言えることですが、二輪車も四輪車もとにかくでかくなって
いたり、電子部品が増えて機械のブラックボックス化が進んでいたり
といつの間にか高度で高級なものになってしまっています。

さて、一夜明けて、岡野さんと「どうしよう?」などと云っていると
奥さんから「台風が来てるんだから、山に行くのをあきらめて
近くの景色のいいところにでも泊りがけで行って来たら」と勧められる。
我が家の方は長女からは「あぶないから行かない」と言ってくるし
福岡の妹からは「新幹線も計画運休になりそうだから切符キャンセルした」
でもって埼玉の次女からも「仕方ないね。だって台風がこっちに
向かってきてるんだもん」とこちらもお手上げ。私は浜松にいて
孤立状態。天気は曇りでまだ雨も降っていない。
「なんなんだ一体。情報の過剰反応だ。おれは自分の目と耳で
判断するぞ」・・・・・・・
「岡野さん、まあとりあえず楽器の博物館行きましょうか」と
せっかくヤマハやカワイなどの楽器メーカーの中心地にいるんだし
これだけはしっかり見ておかなくちゃと朝から二人で出かけました。

正式には「浜松市 楽器博物館」というらしい。アクトシティのすぐ
近くにあります。世界中の楽器が並んでいて、サーっと見ると
いうわけにはいきません。ついついじっくり見てしまいます。
とにかく量がすごい。大阪の民博に似てますが楽器を中心に
収集されていますので、見ごたえがあります。展示内容を
簡単に紹介します。


DSC_9649_convert_20191018063507.jpg

DSC_9654_convert_20191018063701.jpg

DSC_9655_convert_20191018063852.jpg

DSC_9656_convert_20191018064026.jpg

DSC_9657_convert_20191018064342.jpg

DSC_9658_convert_20191018064420.jpg

DSC_9659_convert_20191018064445.jpg

第1展示室
  アジア    420点   
  日本     200点


DSC_9675_convert_20191018064636.jpg

DSC_9678_convert_20191018064659.jpg

DSC_9680_convert_20191018064724.jpg

DSC_9683_convert_20191018064751.jpg

第2展示室
  オセアニア  60点
  アフリカ    130点
  アメリカ    150点
  ヨーロッパ  290点

第3展示室
  鍵盤楽器   70点


DSC_9673_convert_20191018064507.jpg

DSC_9664_convert_20191018064533.jpg

DSC_9671_convert_20191018064604.jpg

第4展示室
  電子楽器   80点
  国産洋楽器 100点
  体験ルーム


DSC_9685_convert_20191018064822.jpg

DSC_9687_convert_20191018064847.jpg

DSC_9689_convert_20191018064912.jpg

DSC_9691_convert_20191018064952.jpg

DSC_9693_convert_20191018065014.jpg

DSC_9697_convert_20191018065038.jpg

面白かったのは鍵盤楽器。現在のピアノに行きつくまでの
歴史が見れるのが興味深かった。ピアノ線をキーでたたく
事で音を出す。その仕組みがメカニックで岡野さんと二人して
ここをたたくとあそこがこうなってこうなる。フムフム。
結構、時間かけてみてしまいました。

体験ルームに行ったら壁際にアップライトピアノが置いてありました。
片手でちょっと弾いてみる。えっ?なにこの音の響き。びっくりするくらい
クリアーな音が低音から高音までスムーズに出ます。こういう場所の
ものはたいてい手入れがよくないのにさすが浜松。びっくりでした。

おい、遊んでないで、どうするんだよ?
台風来てるよ。明日上陸するよ。
どうするんだよ?    ー続きは明日ー




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。

浜松へ

.10 2019 comment(0) trackback(0)
DSC_9583_convert_20191017123753.jpg

半年ほど前から、埼玉の娘と計画を練ってきた第2回家族旅行の
実施日が近づいてきた。計画はこうである。

10月12日(土)   12:00 木曽福島駅 集合
            12:30 昼食、スーパーにて食材の買い出し
            13:30 山荘到着
            14:00 自由行動
            18:00 夕食

10月13日(日)    7:00 起床
             7:30 朝食
             8:30 自由行動(観光)
                 上田市(上田城)、諏訪市(諏訪大社)、松本市(松本城)
                 木曽駒ヶ岳千畳敷カール登山(ロープウェイ利用)
                 安曇野(わさび田、碌山美術館、ちひろ美術館)
                 上高地、奈良井宿、開田高原
                 美ヶ原、霧ヶ峰高原、白樺高原
            18:00 夕食
            
10月14日(月)    7:00 起床
             7:30 朝食
             8:00 山荘片付け清掃
             9:00 自由行動(観光)
            15:00 解散

メンバーは私、長女(大阪)、次女家族3人(埼玉)、妹夫婦(福岡)
それに今回山荘をお世話くださった岡野夫妻(浜松) 計9名

岡野さんは串間大好き人間でよく車で遊びに来られる。もともとは
市木の時任さんと知り合いになり、その後私のブログを通して私と
縁ができ、昨年秋は私の家に3泊ほどして一緒に遊んだ。その時
岡野さんの友人が木曽駒高原に別荘を持っていて毎年そこで
大学時代の仲間が集まるという話をされたので、そこを利用させて
もらえないかとお願いしたところ、快く持主の方からご了解戴いた。

前々から岡野さんには浜松に遊びに来るよう言われていたのだが
なかなかその機会がなかった。今回の旅にくっつけて前二日を
浜松で過ごすことにした。

ところが
招待もしていないのに1週間ほど前に太平洋上に台風19号が発生。
上陸予定日が我々の家族旅行の集合日とぴったり重なってしまった。
おまけにこの台風19号はこれまでにない巨大さで数日前からテレビは
早めの避難準備をしきりに勧告していた。私は実際台風が上陸する
予定地のすぐ近くにいるのだが、浜松はまだ雨も降っておらず、平静を
保っていた。

私の予定は以下のように旅が膨らんでいる。

10月10日(木)   8時50分宮崎から名古屋セントレア空港へ
             レンタカーで浜松の岡野さん宅へ
10月11日(金)   岡野さんと浜松近辺観光
10月12日(土)   岡野さんと家族旅行の木曽駒高原へ
10月13日(日)   家族旅行
10月14日(月)   解散後、レンタカーを名古屋空港で返し
             常滑駅前のビジネスホテルに宿泊
10月15日(火)   朝8時から10時まで常滑観光
             11時25分の飛行機で宮崎へ

計画の説明はこれくらいにして浜松に行った10日の日のことを
とりあえずお話ししておこう。


DSC_9569_convert_20191017123842.jpg

DSC_9592_convert_20191017123905.jpg

DSC_9602_convert_20191017123932.jpg

DSC_9604_convert_20191017124004.jpg

DSC_9619_convert_20191017124039.jpg

中部国際空港セントレアに10時過ぎに到着後、予約したレンタカーを
借りて高速道路で浜松へ向かう。東名高速道路浜松三方ヶ原ICで下りて
迎えに来られた岡野さんと合流、後をついて、岡野さんのご実家へ行く。
岡野さんのお母さんは現在施設に入られていて、現在はシンガーソング
ライターの息子さんが住んでおられる。この日はここに泊めていただく。
岡野さんの奥さんが作ってくださった昼食をごちそうになる。しばらく
ゆっくりして、岡野さんご夫婦と「スズキ歴史館」へ行く。その後、浜松の
中心地駅前で車を降り、街をぶらつく。


DSC_9634_convert_20191017124104.jpg

DSC_9636_convert_20191017124140.jpg

駅前には超高層の建物が立っている。「アクトシティ」は2017年直木賞
受賞作「蜜蜂と遠雷」の舞台となった「浜松国際ピアノコンクール」が3年に
一度開催される。昨年11月に開催された第10回コンクールのことを
聞いた。岡野さんの奥さんは大ファンで初日の予選から毎回聴きに
行かれたそうだ。夕食時、「そういえば4日から映画が始まりましたよね」
「見ましたよ。でも全然ダメ」と厳しい。ピアノを作っているヤマハ、カワイの
お膝元「浜松ではコンサートピアノはやはりヤマハですか」「違うのよ、
今一番いい音を出しているのはカワイの最高ブランド Shigeru Kawai なの」
アクトシティ浜松の地下のホールが通れるようになっている。昨年の
ピアノコンクールの賑わいの余韻を嗅ぐようにその場を通り過ぎた。


DSC_9638_convert_20191017124212.jpg


近くの地ビールで有名なビアホールで一杯やって、そのあと岡野さん
なじみのインド料理のお店で夕食をごちそうになった。

外は台風の気配もなく雨も降っていない。それでも巨大台風が二日後には
ここらに上陸するという。




写真日記 ブログランキングへ

いつもブログ「扉の向こうへ」を見ていただいてありがとうございます。
「写真日記ブログランキング」に参加しています。
読後、上記 リンクバナーをクリックしていただけると幸いです。
 HOME